韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済
最新記事

中国の「報復」にも化粧品輸出好調 上半期は前年比2割増

米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の配備問題を巡る中国の「経済報復」にもかかわらず、今年上半期の韓国の化粧品輸出額は前年同期比20%近く増加し、保健産業(医薬品・医療機器・化粧品)の輸出好調をけん引したことが分かった。韓国保健福祉部が25日発表した資料によると、上半期の保健産業の輸出額は54億1000万ドル(約6000億円)で前年同期比13.4%増加し、...続きを読む
[ 2017年09月25日 17:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

日本製品の不買は効果がないが、韓国製品の不買はなぜ効果が出たのか

中国では特定の国との関係が悪くなると、相手国の製品を買わないよう呼びかける「不買運動」がしばしば起きる。2012年には中国で日本製品の不買運動が起きたことは記憶に新しい。この運動が起きた背景には尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題に対する中国人の不満だ。加えて、過去の歴史的背景ゆえに、中国では日本や日本製品に対して不買運動が起きやすいイメージがある。しかし、現在の中国で不買の対象となっているのは韓国製品...続きを読む
[ 2017年09月25日 12:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

30年間の古い枠から抜け出せない韓国の自動車労組

1967年に現代自動車が設立されて以来50年間、韓国自動車産業は日本から学んで技術を導入しながら、人件費競争力と勤勉を背に世界5位の自動車生産国に成長した。日本も越えることができるという自信と可能性まで見せたりもした。しかし数年前から活力と期待は折れて「韓国自動車産業はここまでか」という危機の状況だ。 韓国自動車は2016年度に国内生産が33万台減、輸出は35万台減となり、今年に入っても回復する兆...続きを読む
[ 2017年09月25日 11:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

韓国太陽光産業、米国発の暗雲に緊張

韓国製太陽電池が米国政府の保護貿易主義のターゲットになり被害への懸念が高まっている。韓国政府と業界は25日に懇談会を開き対応方針を議論する予定だ。 韓国太陽光産業協会と業界関係者は24日、「米国側で輸入制限など最悪の措置を取る場合、韓国企業も相当な被害を受けなければならない。まだ2次公聴会が残っているだけに政府とともに対応策を議論することにした」と話した。 米国際貿易委員会(ITC)は22日、中国・...続きを読む
[ 2017年09月25日 11:03 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

企業が戻ってくる日本…海外に追い出される韓国

8日、九州宮崎県庁の記者会見場。キヤノンの御手洗冨士夫会長が宮崎県にデジタルカメラの製造工場を新しく建てると発表した。建設費で230億円を投じて完工すると1500人を雇用する工場だ。海外進出に注力してきたキヤノンが日本に工場を建設するのは10年ぶりだ。 御手洗会長は「日本国内の雇用を守るために工場新設を決心した」と話した。「日本円が10%程度円高となり、1ドル=100円になるとしても海外より日本で...続きを読む
[ 2017年09月25日 10:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)