韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会
最新記事

韓国の社会発展指数は26位だが「人生を選択できる自由」は114位

米国の非営利団体である社会発展調査機構(Social Progress Imperative)が、世界128カ国を比較調査して発表した2017社会発展指数で韓国は26位になった。1位にはデンマークが選ばれた。韓国は100点満点の82.08点で、昨年と同じ26位で「社会発展水準が高い国家」に分類された。栄養と基本医療(99.22)、水と衛生(92.44)、個人の安全(87.13)などでは最上位圏水準と評価された。だが、寛容(63.28)、個人の自由と選択(70.04)、個人的権利(...続きを読む
[ 2017年06月24日 10:08 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)

韓国への移住労働者3万人の未支給国民年金、1300億ウォンを超える

中国人のスン・ウェイジュンさん(42)は、2011年10月にE-7ビザを取得して韓国国内に入り、先月8日まで慶尚南道金海(キメ)市のある中華料理店でシェフとして働いた。彼は中国に帰る準備をし、5年6カ月間給料から毎月一定額を納めていた国民年金保険料600万ウォン(約60万円)余りを返してほしいと国民年金公団に申請したが、国民年金公団は「E-7ビザの場合、既に納めた国民年金を返す規定がない」とし、国民年金の払戻し要請を拒否した...続きを読む
[ 2017年06月21日 09:15 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)

韓日の「2025年問題」…超高齢社会への準備を急ぐべき

韓日両国にとって2025年は重要な年だ。韓国は2025年に65歳以上の高齢者が1000万人を超え、全体人口の約20%になる見込みだ。韓国より高齢化が20年ほど先を進む日本は同じ年、団塊世代(1947-1949年に生まれたベビーブーム世代)が75歳を超える。 日本では「2025年問題」がすでに大きな社会的イシューに浮上している。メディアが随時報道しているほか、数年前から社会保障改革や介護対策などで欠...続きを読む
[ 2017年06月19日 10:29 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)

賃金下げず、労働時間短縮した企業に政府支援を

最低賃金の引き上げと労働時間短縮・非正規職の待遇改善などは、新政府の核心的な公約に挙げられる。低賃金労働者の所得水準を引き上げ、消費を創出し、経済を成長させるという「所得主導の成長論」では「所得水準の向上」が決定的だからだ。しかし、中小企業・小商工人・零細自営業者らの懸念も見過ごせない状況だ。このようなジレンマに対し、国家雇用委員会のイ・ヨンソプ副委員長は「低賃金労働者の処遇改善によって、また別の...続きを読む
[ 2017年06月19日 09:26 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)

日本の悪口を言いながら日本車に乗る韓国人

2017年6月15日、韓国ではこれまでドイツ車に押され気味だった日本車ブランドが最近人気を博しているという。韓国・テレビ朝鮮はこうした現状を「日本車の逆襲」と表現、イーデイリーは「日本車ブランドの復活」として報じた。自動車業界によると、ホンダの韓国法人「ホンダ・コリア」は先月、8年4カ月ぶりに韓国での月間販売台数が1000台を突破、輸入車販売ランキングで3位に入った。今年発売したアコードハイブリッド、ニューCRV...続きを読む
[ 2017年06月18日 10:44 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)

質の低い雇用が支える韓国の過去最高の雇用率

中央日報は、雇用率は過去最高、失業率は小幅減少。 統計庁が14日に発表した5月の雇用動向を要約を公表した。輸出と内需、投資など主要経済指標が改善される状況で景気回復の最後の関門という雇用部門でも数字上では肯定的な信号が出てきたのだ。 先月の就業者数は2682万4000人で1年前より37万5000人増加した。3~4月の2カ月連続で40万人以上増えたのと比較すると増加幅は減ったたが、4カ月連続で30万...続きを読む
[ 2017年06月15日 10:47 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)

お勧め記事