韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会
最新記事

ソウルで“少女像バス”が運行! 韓国経済界は「クレイジーすぎる」

またしても、韓国が愚挙に出た。ソウルで、慰安婦問題を象徴する少女像のプラスチック製レプリカを座席に設置した路線バス5台が運行を開始したのだ。14日には、設置を認可したソウル市の朴元淳市長が乗車。人形の手に触れたポーズで、記者団に写真を撮らせた。9月30日まで運行されるというが、人形がバスに乗っていることだけでも前代未聞の大珍事だ。そもそも慰安婦問題については、2015年に日本の岸田文雄外相と韓国の尹炳世外相...続きを読む
[ 2017年08月19日 11:30 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)

移住労働者の死を呼んだ「雇用許可制」、廃止を議論すべき

先日、自ら命を絶ったネパール出身の移住労働者のエピソードが施行14年目を迎えた雇用許可制の陰を現わした。韓国で1年7ヵ月間もの間働いた27歳のケシャブ・シュレスタ氏は、遺書に「他の工場に行きたくても行けず、ネパールに行って治療を受けたくても受けられなかった」とし、「私の口座に320万ウォン(約32万円)があります。このお金は私の妻と妹にあげて下さい」と書いた。この事件を特定の会社の問題としてみるべきではない...続きを読む
[ 2017年08月15日 09:23 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)

「強い少女像」きょう・あす韓国11カ所に追加建立

「世界安婦の日」(8月14日)と8・15光復節(15日、開放記念日)を迎え、光州(クァンジュ)広域市をはじめとする韓国11カ所に「平和の少女像」が建てられる。その間、国内(40体)と海外(7体)に建てられた「平和の少女像」は47体だったが、今回の新規建立で少女像は計58体に増える。現在、国内外には少女像(47体)の他に平和碑・追悼碑(41体)など、旧日本軍慰安婦被害を表現した公式象徴物が88体ある...続きを読む
[ 2017年08月14日 09:17 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)

挺身隊問題対策協議会代表、日本入国の際に「目的は何か」調査受け

韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)の尹美香(ユン・ミヒャン)共同代表が日本の関西国際空港から入国途中、異例の調査を受けた後解放され、論議が起きている。日本軍「慰安婦」被害者問題解決の先頭に立ってきた尹代表と挺対協の活動を牽制しようとする日本政府の意図があらわになったのではないかという分析が出ている。実際、日本政府は昨年から自国と摩擦のあり得る韓国市民団体の関係者らに対する入国審査を一層厳しく強化したこ...続きを読む
[ 2017年08月14日 09:01 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)

韓国裁判所、半導体労働者の乳がんに初の「労災認定」

裁判所がサムスン電子・ハイニックス半導体の協力会社で働いていた労働者の乳がんを、業務上疾病(労働災害)として認めた。また、裁判所は、勤労福祉公団がずさんな疫学調査を基に当該労働者の労災申請を受け入れなかったとして、「非常に不当な措置」だと指摘した。ソウル行政裁判所行政6単独シム・ホンゴル判事は、不良の半導体チップを再加工するK社で5年余り勤務してから、2011年末に乳がんを発病したキム・ギョンスン氏(55)が...続きを読む
[ 2017年08月14日 08:46 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)