韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  安倍首相はなぜ米国を「国賓訪問」できないのか

安倍首相はなぜ米国を「国賓訪問」できないのか

米国ホワイトハウス国家安全保障委員会(NSC)のパトリック・ベントレル報道官は8日(現地時間)「今年4月末か5月初めに予定されている安倍晋三首相の訪米は、国賓訪問(state visit)に準じる公式訪問(official visit)になるだろう」と発表した。

なぜ日本の「最高指導者」である安倍首相が、訪米の際に国賓ではなくワンランク格の低い待遇を受けるのだろうか。

これは安倍首相が米国の外交儀典の規定上、国賓としての資格条件を満たしていないためだ。米国は他国のトップクラスの指導者の訪問を国賓訪問、公式訪問、公式実務訪問、実務訪問の4種類に分けている。

このうち国賓訪問は海外の国家元首が訪問する場合に限定される。立憲君主制を導入している日本の場合、憲法で規定されている国家元首は天皇だ(原文ママ)。韓国は海外のトップクラスの指導者の訪問を国賓訪問、公式訪問、実務訪問、私的訪問(private visit)に分類している。

かつては韓国も米国と同様、国賓待遇は外国の国家元首に限っていたが、現在は状況によっては日本の首相を含む行政府のトップを国賓として迎えている。
呉允熙(オ・ユンヒ)記者
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/10/2015021000667.html


2013-11-15-abe-2.jpg

【管理人コメント】

それ以前の問題だろう。

どうも韓国は、日本がアメリカ管理下に置かれていることを理解していない。
離脱宣言すらしていないし、中国には未だ戦争責任が続いている。
様々な国から有償ODAが返却されていない国も有る。

沖縄はアメリカから返還されたが、実質アメリカ管理下であるから、本来海外移籍はない。
それを沖縄県民へ知らせれば、アメリカから日本への返還が大きな疑問となるだろう。

だが実際は知っているわけで、政府が離脱宣言をすれば、米軍は移籍せざるおえない訳である。
日米安全保障条約に組み込まれている極秘もあるだろう。

2014-01-23-abe-1.jpg

そんな中で、アメリカが安倍総理を国賓待遇で訪問できないのかという題名で朝鮮日報は問いかけるが、アメリカ管理下の日本の首相が、国賓待遇になる事はないだろう。

と言うのが前提にあるが、多分すでに離脱しているだろう。戦争責任はかなり前に終了している。
しかし、誰もその事に対して触れようとしない。アメリカも同じだ。安倍総理はあえて口にするなら素晴らしいと褒めたいところだが…。。。

皇室と政治は基本は別であるが、本来の考え方であれば、朝鮮日報の記事は正しい。
しかし、現実は迎え方の問題であるから、アメリカにとって非常に有益であるなら別だが…、
日米同盟でアメリカ大統領と言う地位は安倍総理という地位よりは上である。

地位だけで考えれば、日本の天皇は世界2番目あたりに位置する。

だが、外交はそう言う問題ではない。
単純に迎え方である。



関連記事

ブログパーツ
[ 2015年02月10日 10:24 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(4)
では、世界一番目は どなた?
ローマ法王? エリザベス女王?
[ 2015/02/10 21:24 ] [ 編集 ]
何かを評論しようとする時、評論者は自らの見識のレベルを曝け出す事になる
コウモリを見て「翼を持ってるからこれは鳥であり、卵を産む」などと言えば恥をかく結果になる
あなたはブログタイトルの説明文に「私は馬鹿です」と予め表記しておくべきだ
[ 2015/05/02 05:47 ] [ 編集 ]

「『朝鮮日報の』筆者が馬鹿」ですね。
読めばわかるとはいえ、主語はきちんとつけないと、誤解を生みますよ。
[ 2015/05/02 06:50 ] [ 編集 ]
首相を国賓で迎える国がどこにあるのか逆に聞きたい。
この記者は無知過ぎ。
だから朝鮮のメディアはバカばかりなのだろう。
[ 2018/06/09 16:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp