韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  「屈服か、外交戦争か」二者択一を強要する日本

「屈服か、外交戦争か」二者択一を強要する日本

日本の安倍晋三首相が8日、NHK放送で明らかにした12・28合意関連言及は、次期韓国政府に対して「合意を履行するのか、日本と全面的な外交的対決を行うのか」事実上の“二者択一”を要求したものと言える。

安倍首相は同日「一昨年末の慰安婦合意は、最終的かつ不不可逆的な合意だと互いに確認した。日本は誠実に自分の義務を実行し10億円の拠出を既に行った。次は韓国がしっかり誠意を示していただかなければならない」と話した。これと共に安倍首相は「政権が代わろうとも実行することが国の信用の問題だ」として、合意の当事者である朴槿恵(パク・クネ)政権を越えて韓国の次期政府にまで合意履行を慫慂した。

安倍首相が12・28合意に対する韓国国内の反発を和らげるための追加措置を取る意向はは全くないということを明確にしただけでなく、次期政権にまで外交的負担を負わせようとしたわけだ。安倍首相がこうした立場を固守するならば、次期韓国政権は、12・28合意を破棄した後に日本と全面的な“外交戦争”を行うか、日本の要求に屈服して平和碑(少女像)を撤去するかという両極端以外に折衝的な選択肢を見つけられないことになる。

こうした状況は合意直後から予想されていた。日本政府は昨年、少女像が撤去されない状態で日本が10億円を拠出することが正しいかという内部議論の過程で、資金を送金すれば韓国に対して「“道徳的優位”に立てる」という論理を動員してこれを推進した経緯がある。


スポンサードリンク


結局、朴槿恵政権の致命的な判断ミスにより慰安婦問題という濯ぐことのできない戦争犯罪を起こした日本が、韓国に対して“道徳的優位”を云々し、合意履行を強要する奇妙な状況が作られたのだ。問題は、韓国の次期政権が全面対決を選んでも、韓国の勝算は高くない点だ。中国の浮上を押さえ込むために、日本の軍事的役割を拡大する方向で米日同盟を強化した米国の視線が、日本側に傾いたと見られるためだ。こうした状況で韓国が交渉力を高めるには、歴史問題については韓中が歩調を合わせて日本を圧迫しなければならないが、これは新しく登場するドナルド・トランプ行政府を刺激する逆効果を産む可能性が高い。朴槿恵-尹炳世(ユン・ビョンセ、外相)のいいかげんな慰安婦外交が、自分たちのみならず次期政権まで身動きできなくさせる四面楚歌の危機に陥れたわけだ。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/26174.html

【管理人コメント】
安倍総理は顔では優しそうな顔をしているが、腹の中はしたたかである。
二度も総理になれた人物である。運もよいが所詮自民党の腹黒い連中と一緒である。

と考えれば訪韓時に食事も出さずに、近くの店で飯を食う日本の首相は、顔で笑って腹の中で怒っているだろう。12・28合意には様々な意味があるわけで、歴史認識で、日本を猛烈に批判して歩いた朴槿恵である。告げ口外交を許しはしないだろうし、この合意に結び付ける裏にアメリカがいようとなかろうと、どこかで決着をつける必要があった。野田前総理時代にも、実は約束事があったわけで、10億円という金額は別としても、約束を果たしたともいえる。約束を破るであろう韓国を懲らしめるには、実に良い合意文書となった。

駐韓大使を帰国させるというのは、ある意味で韓国渡航制限につながるわけで、駐韓大使全体の業務さえも、日本に戻せば、韓国渡航手続きは面倒となる。そういう意味では渡航制限に入る準備となるわけで、長引けば、韓国制裁に発展し、日本企業は撤退し、貿易制限に入れば、韓国企業は終わりとなる。正当な手段であるから、それには12・28合意は世界首脳にも理解できるわけで、日本は今まで韓国に実にひどい扱いをされてきたわけだが、今度は自分で自分の首を絞めることになる韓国政府となるが…。

そしてこの事例は、事あるごとに日本は韓国制裁につなげられるわけで…、
いずれ韓国メディアは報じるのではないか…。、



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2017年01月09日 09:19 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(3)
12.28日韓合意は韓国の嘘を世界に証明した!
韓国側の言い分に従えば12.28の日韓合意は朴槿恵大統領と阿部首相間で取り決めた事で、次期政権には関係の無い事となる。
これでは、もはや韓国は国家として機能して居ない事になる、大混乱の戦国時代と同じだ。
戦国時代には統治していた支配者を他の実力者が侵略、虐殺、破壊しつくす。
そして、新しい支配者がこれまでの規則等を全て廃止し、新しい規則を制定する。
韓国がまともな国家と世界に認められる為には国と国の取り決めを遵守しなければならない。
12.28の日韓合意は単なる大統領と首相の取り決めではなく、日本と韓国の国家間の契約なので政権が変わろうと簡単には覆すことが出来ない事と知るべきだ!
この観念が無いので、1965年の日韓基本条約締結時に韓国の国家予算の2.3倍の賠償金、援助金を出す事によって、以後永久に日本に賠償請求しないと誓った。
しかし、政権が変わるごとに謝罪と賠償を請求してきた。
今回の12.28日韓合意は世界中が見ているので嘘つき韓国の姿をさらけ出してしまった。
しっかりと国家間の約束を守る事を身に付けなければ韓国は崩壊する事を知るべし。
[ 2017/01/09 14:54 ] [ 編集 ]
簡単な事
 日本は、韓国に約束した事は守れと言っているだけで何も難しい事は言っていない、約束を守れない韓国人は、”韓国人は約束を守る事の出来ない民族です”と一言言えば済む事です。
 簡単な事です、世界中に韓国人は”約束を守れない、守る気は無い”と言えば良い、そんな元気も有るまい。
 安倍総理は、韓国次期政権に約束が守れないなら、各種交渉には応じないと言っている事を、韓国メディアも報道したらどうですか?ハンギョレ新聞さん。
 日本は、屈辱的な約束も遵守しました。
[ 2017/01/09 19:47 ] [ 編集 ]
少女像の撤去か外交戦争のどちらかって、撤去しかなく、選択肢はないんだが。
まぁ、合意反故でもいいんじゃない?
代償は、10億円なんかでは済まないよ!!
[ 2017/01/10 05:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp