韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ガソリン1リットルで30キロ走るマツダの準中型車

ガソリン1リットルで30キロ走るマツダの準中型車

日本のマツダがハイブリッド級の燃費のガソリン自動車を発売する。
日本経済新聞は9日、マツダが既存のエンジンより燃料効率を30%ほど改善した「予混合圧縮着火(HCCI)エンジン」を開発し、2018年末から商用化すると報じた。HCCIエンジンの商用化は世界でマツダが初めて。

HCCIは空気と燃料をシリンダー内で混合した後に圧力と温度を高めて発火させる技術だ。点火プラグを使わないためエネルギー損失が少なく、大気汚染物質の排出量が少ない。2007年にメルセデスベンツとゼネラルモータース(GM)などがHCCIコンセプトカーを発表しているが、商用化に入ったのはマツダが初めてだ。しかしマツダも自動車の加速時などは点火プラグを補助的に使うとみられると同紙は予想した。

準中型モデル「アクセラ」に新型エンジンを搭載すると、ガソリン1リットル当たりの走行距離が30キロメートルに迫るものとマツダはみている。現在のアクセラ・ハッチバックの燃費は20.4キロメートル(日本基準)だ。同クラスのハイブリッドカーであるトヨタの「カローラ・アクシオ」よりも燃費が高まることになる。マツダは2018年末にアクセラから搭載を始め、今後発売されるフルチェンジモデルに新型エンジンを搭載する計画だ。

マツダは電気自動車やハイブリッドカー開発が続いているが、少なくとも2030年までは内燃機関が自動車市場の主軸になるとして新型エンジン導入の背景を説明した。また、既存のエンジンを引き続き改良することで主力分野の競争力も強化する計画だ。マツダはエンジンの熱効率を上げ、内部抵抗とエンジン重量を減らすことで内燃機関の熱効率を60%まで上げるのが目標だ。現在の一般的なガソリンエンジンの熱効率は25%、ディーゼルエンジンは35%水準だ。ただ米国や欧州など西欧市場の環境規制強化に対応するためHCCI車両とともに電気自動車(EV)、プラグインハイブリッドカー(PHV)の開発も並行する。開発目標はそれぞれ2019年と2021年だ。
http://japanese.joins.com/article/505/224505.html?servcode=300§code=320

【管理人 補足記事&コメント】
HCCIとは「Homogeneous Charge Compression Ignition(予混合圧縮着火)」の略。ガソリンと空気を十分に混合することで、スパークプラグなどを用いずに圧縮自己着火させる燃焼方式のことで、マツダのほかにも日産やダイムラーなど、世界各国のメーカーが開発に取り組んでいる。燃焼温度が低いために有害な窒素酸化物やススがほとんど発生せず、また高い圧縮比と超希薄燃焼、素早い燃焼、ポンプ損失の低減などにより、優れた熱効率を実現することができる。

燃焼の制御が難しいのだ。現段階ではHCCI燃焼が難しい領域ではスパーク点火による燃焼を利用しつつ、いかにHCCI燃焼による運転領域を拡大できるかが実用化のカギといえる。マツダが想定するHCCI燃焼を利用したエンジンの圧縮比は18:1で、理想空燃比(14.7:1)より48%も空気の量が多い超希少燃焼が可能。中間負荷領域までのHCCI燃焼を実現することで、第1世代のスカイアクティブ・ガソリンエンジンから約30%の燃費改善ができるとしている。

既存のガソリン車でも、まだまだ開発する技術はあるという事だ。燃焼効率を限りなく100%に高め、クリーンなエンジンとするのは昔からの問題であったはずが、電動モーターやら、低燃費エンジンの競争激化で、逆に様々な技術が生まれたのは喜ばしいともいえる。既存技術はまだまだ発展すると思うが…。そして良い部分を集めて、自動運転技術で安全性を高めた、加速が良く、燃費もよい、夢のようなスーパーカーが生まれるのも時間の問題では…。。。



関連記事
最新コメント

お勧め記事

ブログパーツ
[ 2017年01月11日 09:47 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
ロータリーに組み合わせる..
ロータリーとHCCIを組み合わせる、そんな噂もありますね、 FR(後輪駆動)車を開発しているとの噂もありますし、 そのスタイルは ロングノーズ だとの噂も聞こえて来ます。

プリクラッシュ・セーフティ の都合で消えて行った、 全長の長い 直列6気筒エンジン もやってるみたいで、 ロングノーズなら直6も収まる。

「ぶつからない車」 が普及したら、 クラッシャブル・ゾーン を取り立てて意識する必要も減るからか、 メルセデスもV6から直6に回帰しようとしている。 元々、 直6は回転バランスが良く、 気持ちよく回りますからね。

ロータリーに直6、 仲々魅力的です。

マツダは、 より個性的な車、 感性に訴える車作りに舵を切ったのでしょうか?

ロータリーにFRなら、 RX-7 の復活カナ?
[ 2017/01/11 19:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL