韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  「次の100年」に向かうパナソニック、自力更生の道はとても険しい

「次の100年」に向かうパナソニック、自力更生の道はとても険しい

中国メディア・中国経営報は7日、来年創業100年を迎えるパナソニックの「次の100年」が、厳しいスタートになると考察する記事を掲載した。

記事は「2018年3月、パナソニックは創業100周年を迎える。先日、世界規模の創業100周年記念活動を開始する発表会を開催するとともに、次の100年の目標を打ち出した。これまでの100年、パナソニックはソニー、東芝、シャープなどの企業とともに日本の製造業の代名詞となってきた。しかし、世界の新たな産業の流れの中で厳しい経営状況に陥った。プラズマや半導体などの不採算事業を切り離す、あるいは再編し、車載品、住宅関連、部品などのB2B領域へと鞍替えしている」とした。

また、中国進出から30年あまりの同社は現在、中国市場の売り上げが全体の11%を占めていると紹介。同社中国資本の責任者が、今後B2B事業を中国での原動力としつつ家電業務も引き続き強化し、すべての分野において成長を実現すると語ったことを伝えている。





日本の家電メーカーが続々白物家電事業を売却するなか、パナソニックは家電を主体とするB2C市場を維持する戦略をとっている。しかし記事は「中国の家電市場の構図はすでに変化している。市場調査機関のデータでは、パナソニックのエアコン製品販売数は中国でトップ10圏外、冷蔵庫は7位、洗濯機は4位なのだ」と指摘した。

この状況については同社も中国市場に適応すべく業務調整を行っており、中国の家電業務を新たに担う松下家電(中国)に、初めて中国人社長を据えたことを紹介。これまで日本企業の中国法人では日本人がトップを務めるケースが多く、同社の措置は中国での現地化に向けた大きな一歩であると評している。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
2016年年初までは、津賀社長自らも、「事業部基軸の経営のなかで、事業部を代表し、象徴し、他の事業部を引っ張る存在がアビオニクス事業。収益性の高さに加えて、全世界200社以上の航空会社をサポートし、顧客に深く突き刺さっていることが特徴」と手放しで評価していた。 だが、2016年度に入って予想以上に業績が落ち込み、減収減益の見通しになったばかりか、2018年度までは成長が見込めないこと、さらに、米国司法省(DOJ)および米国証券取引委員会(SEC)から、連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)および米国証券関連法に基づく調査を受けていることが明らかになったことも見逃せない。アビオニクス事業は一転して課題事業の一角にさえなろうとしている。

パナソニックは、創業100周年を迎える2018年度に、売上高8兆8000億円を目指しているが、そのの内訳は、家電が2兆3000億円、住宅が1兆6000億円、車載が2兆円、そして、bツーbが2兆9000億円。このうちのbツーb領域を担当するのが、コネクテッドソリューションズ社ということになる。パナソニックには、現在、36の事業部とカンパニーがあるが、それらの事業を、成長市場に身を置き、リソースを思い切って集中させる「高成長事業」、成長市場に身を置いているものの、競争力の強化によって、業界平均を上回る成長を実現する「安定成長事業」、売上成長が望みにくい市場であるため、売上げを追わず、徹底的に利益率の向上を追求する「収益改善事業」の3つに分類している。

一方、パナソニックはテスラと提携して進めてきたネバダ州レノのバッテリー工場、ギガファクトリーがついに稼働を初め、「世界のエネルギー・ストレージ」企業としての地場を固めつつある。現在、創業99年目でもあり、様々な分野での飛躍を目指すという。パナソニックが事業の柱として挙げるのはエネルギー、モビリティ、コネクティビティ、イメージングの4つ。エネルギーはギガファクトリーを進める一方で、曲げられる薄手のリチウムイオンバッテリーを開発、今後ウェアラブルスーツなど、体の線に沿ってフレキシブルさが求められるバッテリーとして期待される。自動運転に関してはクアルコム、グーグルなどとも協力体制にあり、SKIP Generation IVIというシステムで車のコネクティビティに取り組んでいる。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月10日 17:38 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
家電のテンプレ
自力更生の道はとても険しい=中国メディア
というのはかなり周回遅れの古い評論じゃないですか。
中国は家電のテンプレがいなくなるのは困るだろうが、
しょせんは他所の家の台所の話です。

コモディティ化した家電市場でパナは優位性がないから縮小でしょう。
中国はもう懲りたからテスラにお付き合いの電池を残して全部撤退。

家電-アプライアンス社
住宅-エコソリューションズ社
IoT-コネクティッドソリューションズ社
車載-オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社

4セグメントを並べると、関連性を生かせるのは家電と住宅
くらいで、それぞれの別の道を行く企業連合に見えます。
[ 2017/10/10 20:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp