韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国屈辱、自国で相次ぐ「首脳会談失敗」報道の数々

韓国屈辱、自国で相次ぐ「首脳会談失敗」報道の数々

大失敗-。日米首脳会談が2泊3日だったのに対し、米韓首脳会談が1泊2日と短かったことなどを受けて、韓国国内では「失敗首脳会談」とする屈辱外交との論調が広がっている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領はトランプ米大統領が訪韓中、親密さを構築するため躍起だったようだが、空回りの連続。蜜月と言われる安倍-トランプ両首脳との格差をかえって世界に印象づける格好になった。

米韓首脳会談から一夜明けた8日、文氏の思惑とは裏腹に自国内では惨憺たる評価が相次いだ。 「失敗首脳会談と囁かれている」と報じたのは、中堅経済紙の毎日経済。「ベストフレンドと呼ぶ日米首脳に比べ、韓米首脳の親密さが見劣りするとの指摘が出ている」とし、「日米首脳が睡眠時間以外はぴったりくっついて4回の食事を共にしたことを踏まえると、1泊2日の訪韓は一層物足りない」とした。

返す刀で「トランプ大統領が(駐韓米軍の)平沢基地を視察する時間が延び、歓迎式および米韓単独拡大首脳会談を1時間ちょっとで切り上げる結果に。晩餐会も遅れ、時間に追われた失敗首脳会談ではと囁かれている」と報道。「韓米首脳が2人きりで会話した時間は、大統領官邸内を散策した10分がすべて。日米首脳が5時間もゴルフをしたのと対照的だ」と切って落とした。


中央日報は「写真で見るトランプ大統領に対する日韓の違い」と題して日韓を比較。(1)日本に到着したメラニア夫人は手を振ったが、韓国では振らなかった(2)メラニア夫人は日本の横田基地に同行したが、平沢基地に来なかった-などと嘆いている。文氏の影響力のなさを間接的に指摘したのはニューデイリー(ネット新聞)だ。 「国会前でトランプ氏の国会演説を非難する声が響いたが、文大統領が『お客さまを歓迎しよう』と呼びかけた3日後のことだ」と反米デモを抑えられなかった力量を問題視した。評価されるどころか失敗ばかりが浮き彫りに。今後、文氏の支持率にも影響してきそうだ。
http://www.zakzak.co.jp/



トランプ米大統領が11月5~14日の日程で初めてアジアを訪問する。歴訪を待ち受けるアジア諸国の見方は複雑だ。アメリカは今も強さを残しているが、対アジア戦略は漂流気味で、中国の覇権が拡大しつつある。米大統領選中にやり玉に挙げた自由貿易協定の再交渉に、トランプが本腰を入れるのではないかと、アジアの同盟国は警戒を強めている。多くの小国が中国の圧力に屈する姿には落胆するが、アジアの大国は、中国の影響力拡大に対抗している。日本、インド、オーストラリアは、「海洋民主主義」と称した独自戦略を掲げ、相互の連携を強めている。ベトナムは2000年以上にわたり、中国の侵略に立ち向かい、今も領土を守っている。インドネシアは国土があまりに広大なうえ、国民の間に中国に対する警戒感もあるため、中国が影響力を行き渡らせるのは無理だ。

一方でベトナム滞在中に両首脳の会談が行われるかどうかは現時点では不明で、この数日間、会談予定に関する米ロ政府の情報は錯綜し、さまざまな臆測が飛んでいる。と考えればトランプの目的の一つは、日韓中から多くの投資を得ることであるから、1つはかなり達成度高い。決して日本とて、喜んではいられない。米中会談は不発に終わった。互いに経済繋がりがあるわけで、今では米国の思惑通りに進むことは無い。問題はプーチンとなる。北朝鮮はむしろロシア寄りであるから、プーチンとトランプが密談があれば、トランプの目的は達成できる可能性を残している。米国脅威はそのまま日本の脅威にもなり、まして北朝鮮に近い日本にとっては思いは複雑だ。今の日本政府は、トランプとの関係で喜んでいられない…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月11日 17:52 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
米国抜きで
韓国は、首脳会談が成功か失敗かなど、
考えていないでしょう。文在寅が頑張るのは
国防・経済が米国抜きで成り立つ韓国、という課題。

日本も同じ問題にぶつかります。
[ 2017/11/11 19:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp