韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  iPhoneのバッテリー事故が2日続けてApple Storeで発生

iPhoneのバッテリー事故が2日続けてApple Storeで発生

スマートフォンのバッテリーが発火・爆発する事故はそう珍しくないほどにあちこちで起きていますが、2018年1月に入り、2日連続でiPhoneのバッテリーにまつわる事故がApple Storeで発生するという事態が起きています。

1件目の事故が起きたのは2018年1月9日(火)。スイス・チューリッヒにあるApple Storeで、作業員がiPhoneを修理するためにバッテリーを外そうとしたところ、過熱状態に陥っていたバッテリーから煙が発生しました。作業員がすぐにバッテリーにケイ砂をかけたことで、火災や爆発は防がれましたが、一時、店内に煙が広がったため、50人ほどの客と従業員が店外へ待避。作業員が手をやけどしたほか、7人が病院で治療を受けました。

2018年1月10日(水)には、スペイン・バルセロナ中心部にあるApple Calle Colónで爆発があったと通報がありました。警察と消防が駆けつけた時点で事態が収束していたため事故の詳細は不明ですが、上層階に煙が充満していたとのことなので、チューリッヒの件と同様にバッテリーの発火事故だったと考えられています。ここでもAppleの店員によりすみやかに対応が行われたため、被害は出ませんでした。

Appleでは、2017年末に明らかになったiPhoneの「計画的陳腐化」にまつわる対応としてバッテリー交換費用の値引きを決めており、Apple Insiderはバッテリー交換プログラムによって持ち込まれたiPhoneによる事故ではないかと推測しています。「計画的陳腐化」ではバッテリーの劣化にあわせて性能を低下させているといわれていますが、劣化したバッテリーの交換時に大なり小なりこうした事故が発生するのであれば、これから全国各地のApple Storeでぼや騒ぎが持ち上がることになるかもしれません。
http://news.livedoor.com/





スイス・チューリヒのアップルストアで9日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」のバッテリーが過熱して煙が発生し、店内にいた約50人が避難する騒ぎがあった。地元警察によると店員1人が軽いけがを負ったという。 警察当局の声明によると、市内の中央駅付近に位置する店舗のスタッフが煙に気付き、バッテリーに消火剤をまいて警察に通報した。 警察はこのスタッフが適切な対応を取ったと評価。また店員の1人が過熱したバッテリーを取り除こうとして軽いやけどを負い、その他7人も現場で手当てを受けたものの病院に搬送する程ではなかったと述べた。

また一方では、iPhoneやiPadが再起動を繰り返す不具合が、12月2日未明から多数報告されている。特定のアプリの通知を切ったり、端末の設定から日付を12月1日以前に変更すると解消するとの報告もある。iOS 11.1.1以降のバグが原因のようだ。 不具合は、iPhoneやiPadが数十秒ほどで再起動を繰り返すというもの。iOS 11.1.1以降の端末で、12月2日午前0時以降に発生しているようだ。iOSのデフォルトの時計アプリで、下のメニュー以外が真っ黒になって表示されない不具合も起きており、「iOS 11の時計機能に関連するバグでは」とみられていた。

一部のアプリの通知を切ると解消するとの報告もあり、「欅のキセキ」「乃木坂46リズムフェスティバル」「Zaim」「au WALLET」「au Wi-Fiセキュリティ」「ウイルスバスターモバイル」「マンガBANG」などのアプリの通知を切って解消したというユーザーも。また、端末の設定の「日付と時刻」から、日付を12月1日以前に戻すと解消するという報告もある。

この減少は、メモリーを消費してゆくバグとなり、メモリーの空き容量がゼロになると再起動する。従って、再起動直後に初期に戻す事で復帰できるが、メモリーの空きが少ない人には難しい。ましてバージョンアップも何もできないので、何とも悪質なバグと言える。私は二台のiPad proで発生し、結局、初期状態に戻した。最近アップルはOSの不具合も多く、何とも困った問題だが、次第に質が悪くなってきているので注意が必要だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月11日 11:38 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(2)
ビジネスモデルの限界
中国製電池が劣化する、ときどき発火する。

アップルは商業的対策で切り抜けようとする。
シャットダウン問題
因果関係の説明なしに、いきなりバッテリー交換プログラムへ誘導。

アップルは自社のビジネスモデルの限界に突き当たっているようです。
まず、買い叩きがきつい。
中国社に製造委託するが、部品の品質ばらつきの管理不能で、
委託先にお任せ。リチウムイオン電池の特性暴れに対処できないでいる。
[ 2018/01/11 16:40 ] [ 編集 ]
EV車の未来を見ているようだ
スマートホンの小さなリチウムバッテリーのこの恐怖、これがEV車の大きなバッテリーとなるととんでもない破壊力を持つ。
自動車事故を起こした場合はバッテリーにどの様な衝撃が加わるのかを考えると恐ろしい。
[ 2018/01/11 22:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp