韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領が「内政干渉するな」と言った理由

文大統領が「内政干渉するな」と言った理由

日本政府のブリーフィングでは「本当に重要なヤマ場はオリンピック以降だ。最大限の圧力を加えるという方針が揺らいではいけない」という安倍首相の発言が紹介されている。しかし文大統領が「内政干渉」と述べた「韓米訓練中断」に関する安倍首相の発言は抜いた。ある日本の記者が「合同訓練の実施に言及したのか」と尋ねたが、日本政府当局者は「圧力を強化して最大限に(対北朝鮮)圧力を高めるべきだということで(意見が)一致した」としながらも「これ以上の対話は公開するのが難しい」と述べた。記者から関連の質問が続いたが、日本当局者は「これ以上の説明は難しい」という返答を繰り返した。

両国首脳は朴槿恵(パク・クネ)政権当時に締結された慰安婦合意案をめぐっても隔たりを表した。青瓦台の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官のブリーフィングにあった両首脳の対話内容だ。「慰安婦合意は国家対国家の合意であり、政権が代わっても守らなければならないというのが国際原則だ。日本は合意を最終的かつ不可逆的なものと受け止めて約束を守ってきただけに、韓国政府も約束をすべて実行してほしい」 (安倍首相)

「慰安婦合意が解決していないという決定は、前政権の合意以降、慰安婦被害者と国民が合意内容を受け入れなかったからだ。慰安婦問題は被害者の名誉と尊厳を回復し、その方が受けた心の傷が癒える時に解決する。政府間のやり取りする形の交渉で解決されるものではない。慰安婦問題を本当に解決するためには被害者の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒やせるよう両国政府が継続して共に努力していかなければいけない」 (文大統領)


2018-02-12-k006.jpg

金報道官は、「(両首脳は)お互い言うことだけを言ったのか」という質問に対し、「そうだ。慰安婦問題について全般的に自由に意見を交わした」と答えた。日本当局者のブリーフィングには「日韓合意は国家と国家の約束だ。日本政府はすでに約束をすべて履行していて、韓国側も日韓合意で最終的かつ不可逆的な解決を確認した以上、合意の約束をすべて実行することを望む」という安倍首相の発言が含まれている。しかし「被害者の名誉と尊厳」などに言及した文大統領の発言は抜けた。
http://news.livedoor.com/

メディアの内容で大きく印象が変わる。むしろTV動画のほうが正しく表現できる。もっとも今回はTV撮影されていないわけで、安倍総理の言及と文大統領の言及に歯抜けがあれば、物事正確には伝わらない。安倍総理が伝えた内容が、文大統領に明確に伝わったのかさえ、判断は難しい。 文大統領の態度対応からは、自国民の反発を理由にうやむやに答えるであろうというのは容易に想像がつくが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月12日 11:36 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
変質する韓国の扱い方
文在寅大統領は、日本の過去にはこだわるが、
前政権のやったことにはこだわらない、というダブスタ。
「内政干渉するな」の意味は、韓国の対北政策には口を
出さないでくれ、という意味になる。

となると、日韓には共通利害はひとつもなくて、日本は
統一朝鮮には何が起こるか、これを外交・防衛問題として
対処することになる。変質する韓国の扱い方は日本より
米国の方が先行している。
[ 2018/02/12 16:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp