韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  「米朝トップ会談」は裏目に出るリスクもある

「米朝トップ会談」は裏目に出るリスクもある

首脳会談は、現職の米国大統領と北朝鮮指導者との初の会合となり、4月の金委員長と文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領の会談の後に行われる予定だ。韓国代表団は6日午後、2日間の北朝鮮訪問から帰国すると、「金委員長は、北朝鮮が安全を確保することができれば非核化する意思を表明した」と会見で述べていた。また報道によると、北朝鮮指導者は非核化と米朝関係の正常化について、米国と率直な対話を行うことを望んでいるとも伝えられていた。

ただ、レックス・ティラーソン国務長官は、8日のエチオピアの首都アディス・アベバでの記者会見で、北朝鮮と米国の交渉について慎重な発言をしている。2月に韓国を訪問した2人の北朝鮮高官のうち1人は文韓国大統領を平壌に招待する親書を携え、もう1人は米国との会談の申し出を表明した。 2016年の選挙遊説でトランプ大統領は、北朝鮮の指導者と「ハンバーガーを食べながら対話することなら喜んで行う」とも述べていた。しかし大統領就任以来、トランプ政権は強硬路線を貫いている。もし対話を行う場合、北朝鮮は非核化の約束を表明しなければならないというバラク・オバマ前大統領の姿勢を継続しながら、「最大限の圧力」の政策を推進している。

ある専門家はNK Newsに、8日のニュースが、「最大限の圧力」の政策は当面は「機能している」ことを示していると語った。
「トランプ大統領の圧力政策は北朝鮮のミサイル計画を止めることに成功し、基本的には交渉の場に引っ張ってくることができた」と、コリア・リスク・グループのディレクターであるアンドレイ・ランコフ氏は語った。「しかし、これはこの政策が機能し続けることを意味しない」と警告する。

スポンサードリンク
「トランプ大統領は(金委員長に対し)より大きな譲歩を求める可能性があり、それを推し進めることにも限界がある」「おそらく、北朝鮮は時間稼ぎをするつもりで臨むのだろうが、米国が非核化をあまり強く押し付ければ、米国が望んでいるものは何も得ることができず、バックファイヤーする(=裏目に出る)可能性がある」。会談が実現すれば、2000年のマデレーン・オルブライト国務長官と故・金正日(キム・ジョンイル)総書記との会談以来、現職米政府関係者と北朝鮮指導者との最も重要な会談となることは間違いない。
http://toyokeizai.net/

協議を進めるには、懐疑的な見方と注意深さが欠かせない。北朝鮮は対話と空虚な約束を繰り返し、時間を稼いできた経緯がある。トランプ氏と党の大統領候補指名を争ったルビオ上院議員は、米国が北朝鮮を正当な核保有国と認めないことなどを所与の条件と明示しなければ「米朝対話は有害だ」と指摘している。北朝鮮は過去に核の開発凍結や放棄の約束を破ってきたわけで、本気で核放棄を進めず、米国を射程に入れる大陸間弾道ミサイル(ICBM)を開発する時間稼ぎをしているにすぎない。米朝首脳会談は、トランプ氏の判断で電撃的に決まったが、すぐ心変わりするトランプ氏である。約束破りの朝鮮人と、気まぐれトランプでは、何とも先は不安が募る。そのしわ寄せは日本にきそうだが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月11日 09:28 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(2)
核、ミサイル共に放棄しない北朝鮮
北朝鮮は核、ICBMの開発を凍結と言う事でアメリカから経済制裁解除及び経済支援を要求して来る。
ただ、凍結と言っても保有を放棄とは言わないで影でこっそりと開発を進める。
頃合を見て米韓軍事訓練を口実にしてICBMをグァム島に向けて発射する。
トランプ大統領が激怒してB-1を北朝鮮向けて発信させる。
[ 2018/03/11 10:55 ] [ 編集 ]
中国ロシアはどうするか
元記事は NK Newsという北朝鮮レポーターの記事。
>>「裏目に出るリスクもある」
というのは、心得てかかれと米政府に対する警告のようです。
「裏目」という曖昧な言い方をしていて、それが何か不明。
米国には「裏面」にどんな準備があるのか。

むしろ注目すべきは、中国とロシアでしょう。
中国との貿易抗争はこれから始まる。シリア問題で米露関係は最悪。
米国が北をさらに締め上げると、中国・ロシアはどうでるか。
米国はそこに目配りしているはず。
米国は北朝鮮問題を中露のコントロールに利用するのではないか。
[ 2018/03/11 20:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp