韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  朝鮮戦争終結後に統一狙う北と韓国、非核化へ日本の役割大きい

朝鮮戦争終結後に統一狙う北と韓国、非核化へ日本の役割大きい

4月の南北首脳会談で韓国と北朝鮮は、両国の戦争状態を終結させることで合意した。朝鮮半島の場合、1950年に戦争が勃発し、現在も休戦状態だ。つまり、終戦ではなく、今も戦争状態なのだ。 朝鮮戦争を振り返ると、米軍を中心とする国連軍と、中朝連合軍の戦いだったことが分かる。 先の南北首脳会談は板門店(パンムンジョム)で開かれたが、そこは、国連軍と朝鮮人民軍が境界線を隔てて対峙(たいじ)している。国連軍司令部は今でも韓国にある。

日本には米軍が駐留しているが、実は国連軍もいる。米軍の横田基地には国連軍後方司令部があり、日本は、オーストラリア、カナダ、フランス、ニュージーランド、フィリピン、タイ、米国、英国の8カ国と国連軍地位協定を締結している。横田基地には、日米の国旗とともに、国連旗が立っているのだ。 朝鮮戦争については、休戦協定を確認すると、戦争当事者がみえてくる。休戦協定には、金日成(キム・イルソン)朝鮮人民軍最高司令官、彭徳懐(ホウ・トクカイ)中国人民志願軍司令員、クラーク国連軍総司令官、南日(ナム・イル)朝鮮人民軍代表兼中国人民志願軍代表、ウィリアム国連軍代表の5人が署名している。

朝鮮戦争が終戦していないので、南北朝鮮は依然として分裂国家のままだ。東西ドイツや南北ベトナムは、すでに統一されたが、南北朝鮮は冷戦構造がそのまま維持されている唯一の地域だといえる。


朝鮮戦争を振り返ると、米軍を中心とする国連軍と、中朝連合軍の戦いだったことが分かる。朝鮮戦争を本当に終戦に導くことが先の南北首脳会談でもうたわれている。そこで、協議の対象として南北のほかに、米国、中国が含まれている。実は、休戦協定に韓国のサインはない。韓国は国連軍の一員として朝鮮戦争に参加している。国連軍に参加したのは、米韓を含めて22カ国だ。 朝鮮戦争開戦当時、日本は占領下であったので参戦国とされていないが、国連軍の要請で特別掃海隊を派遣し、死者も出ている。 

一方、朝鮮半島の非核化については、朝鮮戦争の終戦の後に位置付けられた。これは北朝鮮の時間稼ぎとも思われるが、南北首脳会談でもその方向になっている。朝鮮半島の非核化には、韓朝米中のほか、日露が加わっていく。日本なしだと、米韓は朝中露に丸め込まれるだろう。この意味で日本の役割は大きい。
http://www.zakzak.co.jp/

韓国と米国主導の国連軍は、いまだ北朝鮮と戦争状態にある。正式な平和条約という考えは今に始まったことではなく、また、1回の南北首脳会談で解決できることではないと、専門家は指摘する。当時の韓国指導者たちは、朝鮮半島を分断する休戦に反対し、協定に署名しなかった。休戦協定に正式に署名したのは、北朝鮮軍の司令官、国連軍の米司令官、そして中国人民志願軍の司令官だった。「南北首脳会談で、両国が1953年の休戦協定の終結を発表することは不可能だ」と韓国外国語大学校のPark Jae-jeok教授は指摘。

韓国と北朝鮮は、戦争は終結したという主にシンボリックな宣言を行うが、そうした合意は米国が正式なものとするまで中味のないものになる。また、北朝鮮は平和条約を、米韓同盟を弱体化させる手段として考えている可能性を警告する専門家もいる。平和体制の下で、米軍が朝鮮半島に駐留し続けることを中国は問題視するだろう。たとえ米軍のプレゼンス継続を受け入れたとしても、中国は米国に対し、核兵器やミサイル防衛システムのような戦略兵器を配備しないよう求めてくる可能性がある。韓国も米国も、平和条約は北朝鮮が核兵器の放棄に合意した場合のみ実現可能だとしている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月11日 09:58 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(1)
文在寅さんの仕事
オプションであって、核廃棄は文在寅にとっても絶対の
命題ではない。米国はそこが見えているから、核廃棄を
見届けるまで軍事プレッシャーを続ける。

日本はそれに付き合わされる。米朝会談は予定されているが、
日朝会談はまだ予定がないから、日本の安倍首相がトランプに
代わって対北圧力発言を繰り返すという役回り。
もっとも、拉致問題解決は安倍首相の公約だったから、
政治家としてプレッシャーがあるのはトランプ大統領よりも
安倍首相のほうだろう。

それを置いておいて、南北が抱えるより重要な問題はイデオロギー、
社会体制の統一であろう。
北朝鮮は形は社会主義国であっても、現実は金王朝の封建国家だから
韓国の政治体制となじまない。文在寅が半端に見えるのはこの問題に
まだ答えがないからだ。
で、日本からみて文在寅の仕事は、北の補償は韓国補償に含まれて
解決済みということを北に説明すること。
[ 2018/05/11 23:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp