韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国だけ景気後退、原因は何なのか

韓国だけ景気後退、原因は何なのか

経済協力開発機構(OECD)が作成する景気先行指数調査で、韓国だけが唯一9カ月連続の下落を記録した。昨年5月の100.9から下落を繰り返し、今年2月には99.76まで低下した。景気先行指数とは約半年後の景気の流れを予測する指標で、100以下であれば景気後退が見込まれることを示す。一方、OECD加盟35カ国の全体平均は2016年7月から上昇しており、主要7カ国(G7)の平均も過去20カ月で一度も下落していない。OECD加盟国がいずれも景気拡大を続ける中、韓国だけが後退している。

OECDの指標が発表された同日、韓国経済だけが苦戦していることを示す統計が相次いだ。製造業の常時雇用が3四半期連続で減少し、鉱工業の半数以上で生産減少が5カ月続いた。韓国統計庁の資料によれば、今年1-3月期の50代の失業者は約16万人で、1999年の統計開始以降、1-3月期としては最悪だった。日本では同日、企業の18%が自発的に定年を65歳以上に延長したとの調査結果が示されており、韓国とは対照的だ。日本企業は定年延長の理由として、「人手不足」を挙げた。韓国の中高年は職場を追われ、通貨危機以降で最悪の就業難に直面しているが、日本企業は定年を延長している格好だ。

韓国政府は先週、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足1周年を評価し、「困難な内外の環境にもかかわらず、3%成長できた」と自画自賛した。実情とかけ離れた牽強付会だ。現在の世界経済は困難どころか、金融危機以降の10年で最高の好況だ。米国は失業率が完全雇用レベルにまで低下し、景気過熱まで懸念され、利上げで資金供給を締め付け始めた。日本は1990年代初め以降、好調な雇用が続いており、ユーロ圏も予想を超える成長を示している。経済成長の60%以上を輸出に依存する韓国にとっては有利な外部環境だ。それでも景気が回復しないのは、結局は韓国内部に問題があることを物語っている。


確かに政府のせいだけではない。しかし、世界的な流れに逆らう政策の逆行は、韓国だけが景気後退する大きな原因となっていることは否定し難い。好調な先進国は例外なく構造改革、規制撤廃、企業の活性化で経済を再生した。一方、韓国は労働改革を後退させ、企業賃金、税金負担を増やす反企業政策が成長の足かせとなっている。税金で雇用を創出し、税金で経済成長を生むと言っている。税金のアメを使った間に合わせの処方ばかりだ。これでどこから本物の雇用が生まれるというのか。
http://www.chosunonline.com/

米日など先進国の経済は、世界的な景気回復の流れに沿い、持続的に改善している。これに対し、韓国経済は世界景気の回復に乗り遅れ、後退している。一方で、トランプ米大統領が輸入車に20%の関税をかけることを予告した。輸入鉄鋼に25%の関税をかけたのに続き、再び無差別的な貿易障壁の構築に動いた格好だ。ウォン高と労使対立による競争力低下で対米輸出が3年連続で減少する中、韓国自動車業界にもう一つの暗雲が近づいている。また、韓日・日韓経済人会議は15~16日、東京都内のホテルで開催される。韓国と日本の経済界を代表する企業のトップらが一堂に会し、両国の経済協力について意見交換する。両国企業の関係者約300人が出席し、経済協力の具体的な方向や戦略について意見交換する。

成長戦略のめどが立たない韓国企業では、パクリ文化も技術限界点となり、日本からの技術伝授はかなり前に終了している。製造技術の弱い韓国企業では、品質低下を含めて、次第に中国に奪われることになる。半導体事業のサムスンだけで、どうにかなる問題ではない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月15日 09:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
雇用問題~外国人増加
平昌五輪の前後で在韓外国人は大幅に増加したらしい。

>韓国統計庁が昨年12月に公表した資料によれば、在留外国人は現在205万人いるとされる。

最低賃金引き上げで、外国人動労者が増えるのではないか、
正規雇用が減って、外国人労働者が増える。というトレンド。
[ 2018/05/15 11:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp