韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国でEVの普及拡大 エコカー販売の2割超

韓国でEVの普及拡大 エコカー販売の2割超

今年1~4月に韓国完成車メーカーが販売した電気自動車(EV)は5542台で、エコカー販売台数全体(2万4418台)の22.7%を占めた。自動車産業協会が6日、伝えた。

韓国のエコカー市場でEVの割合が20%を超えたのは今回が初めて。EVが初めて販売された2012年は1.8%だったが、その後増加を続け、16年には初めて10%を超え10.2%を記録した。

一方、ハイブリッド車(HV)の割合は76.2%で、エコカーで最も販売が多かったものの、前年の81.7%より減少した。 EVの販売台数は12年の548台から昨年は1万3303台に増え、今年はこれを更新する見通しだ。

今年はEVの新モデルが相次いで発売される予定で、EVのシェアがさらに拡大するものとみられる。またEVを充電するためのインフラも整い始めており、EVが一般に普及する条件がそろいつつある。

業界関係者は「国内のEV市場が導入段階から成熟段階に入っていると考えられる」とし、特に今年は競争力のある新モデルが次々と発売されるため、重要な転機となるとの見通しを示した。
http://news.livedoor.com/


「スーパーカーの時代」が過ぎ去っていく。今年の独フランクフルトモーターショーで「今夜の主人公」という評価を受けたのは、数億ウォンのラグジュアリーカーでも1000馬力を誇るスーパーカーでもなく電気自動車だった。クリーンディーゼルに没頭してきたドイツのメルセテスベンツ、BMW、アウディ-フォルクスワーゲンはもう最も多くの電気自動車で舞台を飾っている。英国・フランス・ノルウェー・インドなど政府も我先にと政策的に「ガソリン・ディーゼルエンジンの終息」を宣言している。韓国より自動車技術がはるかに遅れていると認識されてきた中国さえも2040年にはこれに加わるという計画を立てている。現在、電気自動車競争で韓国は孤立した状況だ。

世界最大の自動車市場に成長した中国さえも大きな変化の兆候を見せている。中国では昨年、新車が約2803万台売れた。世界全体の販売台数(約8400万台)の3分の1にのぼる。香港サウスチャイナモーニングポストによると、中国工業情報化省の辛国斌次官は9日、天津で開催された「2017中国自動車産業発展国際フォーラム」で、化石燃料自動車の生産・販売を中断するための日程表を準備中と述べた。中国では昨年、電気自動車とプラグインハイブリッド車(PHEV)が計53万6000台売れ、この部門の販売トップになっている。

一方、自動車生産台数6位の韓国の動きは存在感がない。世界的な環境政策に合う化石燃料使用制限時点の発表は言うまでもなく、電気自動車普及計画もみすぼらしい。文在寅政権は任期(2022年)内に35万台まで電気自動車の普及を拡大するという目標を明らかにしている。電気自動車の普及拡大のための充電インフラが大きな問題に指摘される。環境部によると、韓国内に設置された充電スタンドは昨年8月30日基準で1992個にすぎない。一般住宅でも充電可能だが、電気料金累進制と専用ケーブル設置問題が障害だ。特にマンションが多いため車が駐車場に集まっている韓国では家庭式充電をどのような方法で解決するのか、これという方策がないのが現状だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月07日 09:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
補助金が後押し
EVには国から1台あたり1,200万ウォンの補助金がでる。
韓国政府が用意した補助金予算は 1万4000台分。

それよりインパクトが大きいのは、4月の輸入車が 29%増。
ドイツ車が巻き返し。
現代は減収減益、利益を半分近く減らしている。
どこの国でも新車販売は値引きが激戦なようで。
[ 2018/06/07 12:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp