韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  貿易戦争当事国の中国より韓国経済はさらに打撃

貿易戦争当事国の中国より韓国経済はさらに打撃

中国との貿易依存度が高いアジア諸国が米中貿易戦争の最大の犠牲になりかねないとの分析が出された。本来の戦争当事者である中国より、台湾とマレーシア、韓国の経済が最も大きな苦痛を受けると予測された。

ブルームバーグはこのほど米中貿易戦争で中国より打撃を受ける国として台湾、マレーシア、韓国などを挙げた。ブルームバーグエコノミクスのエコノミスト、フィールディング・チェン氏が「経済協力開発機構(OECD)付加価値基準貿易(TiVA)」統計を分析したところによると、中国の輸出が10%減少するごとにアジア諸国の国内総生産(GDP)成長率は平均1.1ポイント下落することが明らかになった。これに対し中国の成長率は0.3ポイントの減少にとどまると予想される。

これはアジア諸国が「世界の工場」である中国を中心にした製造業供給網と強く結びついているためだ。中国は台湾、韓国、日本などから部品を輸入し、これを組み立てと再加工する工程を経て米国などに輸出する。中国の対米輸出が減れば輸出用製品を作るために韓国などから部品を輸入する需要も減少する。

スポンサードリンク
中国が輸出用部品輸入を10%減らせば台湾、マレーシア、韓国の成長率はそれぞれ1.9ポイント、1.3ポイント、0.9ポイント下落すると予想する。台湾とマレーシアより韓国の経済規模が大きいという点を考慮すれば、米中貿易戦争による経済的衝撃を韓国が最も多く受けると解釈できる。 ブルームバーグは「製造業サプライチェーンに参加する国は、中国の輸出が増加する時には果実を共有したように、輸出減少によるリスクも分かち合うことになる」と分析した。米中貿易戦争により中国が受ける衝撃がサプライチェーン内の国に移るということだ。 中国内需市場の成長も貿易戦争で中国の被害を減らす要素だ。中国人民銀行の易綱総裁は先月、「中国経済の貿易依存度が2006年の64%から昨年は33%に減った。中国経済が外部衝撃に対応する能力が向上しているという意味だ」と話した。
http://japanese.joins.com/

米中間の貿易戦争は1300余りの核心輸出品目を対象とするい。問題は年間1兆ドルにのぼるほど貿易依存度が高い韓国経済被害をまともに受けるという点だ。特に韓国は最大輸出市場の中国に対する中間財輸出比率が79%にのぼる。米国への輸出のために中国に素材・部品生産工場を置いている企業も多い。貿易紛争が激化するほど輸出は冷え込み、韓国が最大の被害者になる。

中国は韓国の中間財を輸入し、組み立てて加工した後、米国に輸出する。中国に対する輸出量が減るのは明らかだ。中国に対する直接的な輸出量だけでなく、中国で輸出用として生産する製品も多く、韓国の半導体や素材・部品業界は中国に生産工場を置いているケースも多々ある。米国が中国産の半導体・素材などに関税を適用する場合、韓国の「う回輸出企業」が直接的な打撃を受ける。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月09日 09:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
生産地移動
管理人さんが、「韓国が、韓国が」と特集されるが、
韓国メディははそんなに騒いでいない。

世界の総需要に変化が無ければ、中国から別の国へ
生産地の移動が起こります。
米国が国内生産か、第3国が中国に代わるのか、
いずれにしても、部材の需要には変化がないのでは?
[ 2018/07/09 21:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp