韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「企業が雇用を生む」という文大統領発言がニュースになる時代

「企業が雇用を生む」という文大統領発言がニュースになる時代

今年1-9月にコンビニエンスストアやファストフード店などが出したアルバイト求人件数が前年同期を13%下回った。1年前よりも122万人分の働き口が消えた計算だ。皆が承知している通り、急激な最低賃金引き上げのせいだ。アルバイトだけではない。8月の青年失業率は10%台に上昇し、過去19年で最悪を記録した。就職を断念した人は月平均で50万人を超えた。実質的な青年失業率は20%を超える。これまで中高年の受験が多かった公認仲介士試験では、20-30代の受験者が昨年より13%増えた。全てが異常だ。

韓国政府はこれまで税金で雇用を創出すると言ってきた。公共機関で80万人、公務員として17万人を雇用する計画を打ち出した。飲食店の店主に国民の税金で支援を行うという事態も起きている。54兆ウォン(約5兆4200億円)の資金をつぎ込んだのに、8月の雇用は3000人の増加にとどまった。それでも文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「政府が最大の雇用主だ」「民間・市場が雇用をつくるというのは固定観念だ」と言い続けてきた。

そんな文大統領が4日、SK半導体の工場竣工式に出席し、「良質な雇用をつくるのは結局のところ企業だ」と発言した。企業の韓国国内での工場竣工式に出席したこと自体が初めてだ。このため、政府が税金主導の雇用政策から民間・企業主導へと転換しようとしているシグナルではないかとの期待混じりの観測も出ている。

スポンサードリンク
政策の逆行をやめ、雇用創出の基本原則に立ち返るのであれば心から歓迎すべきことだ。文大統領は「良好な」雇用をつくるのは企業だと言ったが、持続可能で付加価値を創出する真の雇用を創出できるのは企業だけだ。「企業が雇用を生む」という常識的な発言がニュースになるという状況は今後あってはならない。
http://www.chosunonline.com/

記事では、韓国政府はこれまで税金で雇用を創出すると言ってきたとし、公共機関で80万人、公務員として17万人を雇用する計画を打ち出したとしている。朴槿恵前大統領時に、不動産経済緩和処置で2兆円投入している。その莫大な金額はどこに消えたのだろうか…。結果家計負債の増大で終わった。挙句に都市部ではマンションが過剰となり空き室だらけとなった。そして今回文大統領が打ち出した税金雇用。税金は自国民の金と考えれば、それで雇用を増やせたとしても、すぐ限界となる。

まして税金は底なしではない。システムのための税金なら話は別だが、内需悪大政策の資金補填でもなければ、単に税金をばらまくだけでは、長続きはしない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月05日 12:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
長続きしないだけならいいが、政府が印刷工場になる可能性も
[ 2018/10/07 07:49 ] [ 編集 ]
海外投資
中央日報 2018年10月04日
韓経:高費用低効率で韓国を離れる製造業…海外投資74億ドルで「過去最大」
https://japanese.joins.com/article/742/245742.html?servcode=300§code=300&cloc=jp|main|inside_right

文在寅政権にもこのトレンドは見えているでしょう、企業は収益が最優先で、
作る場所が国内か、海外か、は二の次。雇用が減るのはまずい、というのは、
企業の問題ではなくて、国の問題。
[ 2018/10/07 14:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp