韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  東京五輪の経費が3兆円に?日本人から「やめよう」の声も

東京五輪の経費が3兆円に?日本人から「やめよう」の声も

2018年10月5日、網易体育は、日本メディアの報道として「2020年東京五輪・パラリンピック開催のために、日本政府と東京都は約3兆円の経費を負担することになる。会計検査院は経費総額は今後さらに増えると指摘している」と伝えた。 記事は、経費項目の中には、五輪との関連性の薄いものが含まれているとの識者の批判を紹介し、「『天然痘ワクチンの備蓄』といった公衆衛生面での投資まで含まれている。『ゲリラ豪雨・竜巻発生時の緊急措置』のような予算計上が甚だ不透明な項目もある」とした。

記事は続いて、日本のネットユーザーがこのような状況に対し反感を示していると指摘。「多額の税金を費やす五輪は、紛れもなく庶民をこき使い、公金を浪費する催しだ」「早急に五輪開催権を返上するか、大財団・大企業に譲渡して経費を負担させるべき」「五輪後は多額の借金のため、日本経済は下降するのでは」といった声を紹介した。

さらに、「過去5年間で、日本政府はすでに8011億円の経費を支出したが、そのうち公表したのは新国立競技場の建設費1200億円のみ。検査院の報告では『暑さ対策・環境問題への配慮』が2322億円に上り、『アスリート、観客等の円滑な輸送および外国人受け入れのための対策』が1629億円であった」と紹介。その上で、「こうしてみると、東京都と大会組織委にとって、五輪とは巨費をのみ込んでいく底なし沼のようなものである。五輪開催が東京と日本の経済に収益・利潤をもたらすか否かは誰も分からない」と指摘した。
https://www.recordchina.co.jp/


2020年東京五輪・パラリンピックをめぐり、会計検査院は4日、平成29年度までの5年間に国が支出した関連経費が約8011億円に上ったとした。これまで国の負担分は会場整備費を中心に1500億円だったが大きく上回った。検査院は30年度以降も多額の支出が見込まれるとしており、大会組織委員会と東京都が見込む事業費計2兆100億円を合わせると、経費の総額は3兆円を超える可能性が出てきた。

大会経費をめぐっては、都が1月、都が負担する関連経費が8100億円に上ると公表。直接経費6千億円と合わせ、五輪総事業費を1兆4100億円と見込み、組織委の予算6千億円を加え、総額は2兆100億円。 だが、今回判明した国の支出額や試算対象外だった費用を加えると、総額は2兆8255億円となり3兆円に迫る。内閣官房の大会推進本部事務局(オリパラ事務局)は「内容を精査した上で、どのような対応が可能か検討していきたい」としている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月07日 09:16 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
お金だけの問題なら日本企業が請け負えば税金がで戻るだろうし観光業に関しては既に国全体で半分くらいはオリンピック効果で利益が出ているのでは?
[ 2018/10/08 11:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp