韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国の飲食店は中国人を狙ってぼったくっている?

韓国の飲食店は中国人を狙ってぼったくっている?

2018年10月6日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・頭条新聞は、韓国の飲食店では韓国語と中国語のメニューとでは価格が違うと指摘したネットユーザーの映像による報告を紹介した。

このネットユーザーは、済州島にある飲食店でまず韓国語のメニューを見てみるが、例えば牛焼肉セットが韓国語メニューでは7万9000ウォン(約7900円)だが、中国語メニューでは10万ウォン(約1万円)となっている。また、普通の焼肉は韓国語メニューでは1万7000ウォン(約1700円)だが、中国語メニューでは2万ウォン(約2000円)となっている。

価格の違いについて店主は「中国語のメニューは古いもので、韓国語のメニューが最新のものだ。中国語メニューはまだ更新していないだけだ。値段が違うのは品質が違うからだ」と理由を述べている。

これを見た中国のネットユーザーから「これが韓国人の民度というものだ」「だったらもう韓国へは行かないな」などと批判するコメントや、「韓国に行ったからにはぼったくられることを恐れてはならない」「別に恐れる必要はない。韓国へ行く人は金持ちだ」「中国人はお金があるからVIP待遇なのだ」などの意見もあった。


一方で、「(北京の)秀水街で外国人をいかにぼったくっているか聞いてみた方がいい」「これは国内も国外も同じだ。旅行客というのはぼったくりの対象」「中国国内でも多くのと所がこんな感じだ。地元用と一般用のメニューは違う」など、中国も同様だとのコメントも少なくなかった。
https://www.recordchina.co.jp/

60代の運転手は昨年6月28日から今年1月8日にかけて、外国人観光客6人を仁川空港から江南などまで乗せ「ぼったくり料金」をだまし取ったとしている。ある米国人観光客は、江南まで通常料金18万6000ウォン(約1万8600円)のところを10倍の186万ウォン(18万6000ウォン)を、またある豪州人観光客も10倍の137万ウォン(約13万7000円)を支払ったとされる。運転手は、海外発行のクレジットカードが決済から内容確認まで時間がかかる点を悪用しており、同様の手口で6カ月間で合計704万ウォン(約70万4000円)を手にしていたとのこと。ぼったくりたくリーの実態である。

タクシーに飲食店や宿泊施設などでぼったくりが発生しているわけで、韓国では観光客を狙った犯罪ばかりが増えている、国民の質が悪くなっている証拠だ。それだけ景気が悪いという事だ。


関連記事

ブログパーツ
[ 2018年10月07日 18:41 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
それだけではないでしょう。中国人からわざとぼったくることで、やってやった、自分達は中国人より上だ、と自賛したいのでしょう。日本人を騙したり侮辱したりして喜んでいるのと同じです。元々が低質なのです。
[ 2018/10/07 19:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp