韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北が45年前から要求する米朝平和協定、真の意図は米軍撤収

北が45年前から要求する米朝平和協定、真の意図は米軍撤収

2回目の米朝首脳会談を前に、米国は北朝鮮の非核化に対する見返りとして「終戦宣言」「平和協定」「平壌連絡事務所の設置」などを検討している。制裁の緩和については「完全な非核化が実現する前には難しい」というのが米国の一貫した立場のため、「関係正常化」というカードがその代案として取り上げられているのだ。しかし北朝鮮がこれらを「相応の措置」として受け入れるかどうかは未知数だ。また「在韓米軍撤収」や「国連軍司令部の解体」を要求する口実として、北朝鮮が終戦宣言などを活用する可能性も今なお残っている。北朝鮮は1970年代から米国に対し「平和協定の締結」「関係正常化」を一貫して求めてきたからだ。

北朝鮮が米国に対し「平和協定締結」を本格的に要求し始めたのは1974年3月の最高人民会議の時からだ。北朝鮮は当時「アメリカ合衆国国会に送る書簡」を採択し「南朝鮮当局者は南朝鮮に米軍を残した状態で不可侵条約の締結を求めているが、これは平和について何の保障もない空虚な言葉だ」などと主張した。その後、北朝鮮は協定の当事者を韓国ではなく米国とし、執拗に平和協定の締結を求めてきた。 1991年に韓国と北朝鮮が同時に国連に加盟した際、北朝鮮は「(北朝鮮と国連の関係正常化のため)終戦態勢を平和体制に転換し、国連軍司令部の解体、朝米平和協定の締結、在韓米軍撤収などを実行すべきだ」と主張した。つまり北朝鮮は「在韓米軍の撤収」が平和協定締結の条件であり、目標であることを明確にしていたのだ。

スポンサードリンク
(中略) 専門家は「北朝鮮が数十年にわたり平和協定を訴えてきた意図に注目すべきだ」と指摘する。平和協定は体制保証という効果と同時に、韓米軍事同盟の弱体化を狙ったものだからだ。峨山政策研究院のチョン・ソンフン客員研究員は「もし終戦宣言が本当に締結された場合、北朝鮮は戦争終結を理由に在韓米軍は不要と主張するだろう」とした上で「(終戦宣言などは)北朝鮮の非核化が実現してから議論すべきだ」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/

北朝鮮を国として残すためには、米国から狙われないようにする事となる。それが平和協定ならば、後は在韓米軍の撤退となる。これで米国脅威が消えれば、南朝鮮をじわりじわりと吸収するだけとなる。すでに経済もピークを過ぎ、通貨危機懸念が増加し、家計負債の暴発も今年考えられるわけで、北朝鮮にとっては大きなチャンスでもある。仮に二国制度になったとしても、南朝鮮からの技術は投資として入るだろうし、貧困の北朝鮮にとっては、中国やロシアからの支援を受けつつ経済成長が可能だ。

大国併合がなければ、単純には軍事境界線が国境に変わるだけともいえるが、制裁が緩和或いは解除となれば、互いの行き来が自由となるだけでなく、海外投資が増加し、貿易も栄えるようになる。金正恩が独り占めしない限りは、今よりははるかに住みやすくなる。と言う思惑通りに事が運ぶのかは、バックに控える米国とロシアそして中国がせめぎあいによるだろう…。トランプも今は朝鮮半島から身を引くとしているが、ロシアや中国が朝鮮半島をわがものにするように動けば、米国も動かざるおえない。そう単純ではないと言う事だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2019年02月11日 12:36 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(1)
北ベトナムに学べ
今の南北朝鮮の状態はベトナムから米軍が撤退する時のベトナム状態と同じだ。
アメリカと北ベトナムが平和条約を締結して米軍が南ベトナムから撤退するとすぐに北ベトナムが南ベトナムに攻め込んで来た。
北朝鮮の望みは正に米軍の撤退、それのみ。
撤退すれば後は行動のみ!!


[ 2019/02/11 15:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp