韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済
最新記事

韓国政府、日本主導のCPTPP加盟検討に着手

韓国政府が昨年末発効されたアジア太平洋地域のメガ自由貿易協定(FTA)のCPTPP〔環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(いわゆる、TPP11)〕に加盟するかどうかをめぐって本格的な検討に着手した。 23日、企画財政部によると、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相は前日午後、ソウルで高位通商職出身の教授、研究機関研究員など通商専門家5人と共に1時間半にわたってこの問題を議論した。専門...続きを読む
[ 2019年01月23日 18:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)

韓国のゲーム輸出…韓国1位のネクソン売却されたらどうなる

韓国コンテンツ振興院が22日に明らかにしたところによると、韓国のゲーム企業の昨年の輸出額は42億3000万ドルに達したと推定される。1年前より8.1%増えた。2015年に32億1000万ドルを記録し初めて30億ドルを超えてから3年で40億ドルを突破した。 韓国のゲーム産業規模は昨年13兆ウォン(約1兆2568億円)と推定された。2016年に比べ6.6%成長した。昨年のコンテンツ産業輸出額は75億ド...続きを読む
[ 2019年01月23日 12:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

TPP加入検討の韓国、新ルールがさらなる悩みの種に?

環太平洋連携協定(TPP)参加11カ国は19日に閣僚級会合を開き、新たに加入を希望する国・地域の手続きに関する具体的なルールなどを決めた。これについて、韓国メディア・韓国経済は「予想よりも敷居が高くなり、加入を検討中の韓国としては立場がより難しくなった」と伝えている。 記事は「加入希望国に新たに課された義務」に注目し、「加入希望国はTPPのルールを受け入れ、“最高水準”の市場開放を提供しなければならない。具体...続きを読む
[ 2019年01月23日 08:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

中国の自動運転車技術、韓国と0.9年差…産業競争力はすでに逆転

サムスンスマートフォン部門の四半期別営業利益が2兆ウォン(約2000億円)に達しないのは2015年以降、ギャラクシーノート7発火事故があった時期を除いて初めて。未来アセット大宇証券のパク・ウォンジェ研究員は「昨年10-12月期のサムスン電子スマートフォンはギャラクシーS9、ギャラクシーノート9だけでなく中低価格製品も期待ほど売れなかった」と分析した。 韓国主力産業全般に危機感が広がっている。「高付...続きを読む
[ 2019年01月22日 12:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

韓国、半導体以外はすべて生産性後退…投資・雇用不振には理由があった

韓国経済成長エンジンだった主力製造業が2000年代に入り突破口を探せずにいる。21日、西江(ソガン)大学「革新と競争研究センター(CRIC)」のホ・ジョン-パク・ジョンス研究チームが、2002年以降の国内10大主力産業の付加価値・雇用・労働生産性・輸出増加率を分析した結果、4項目すべてで最近5年間(2012~2017年)で急激に悪化したことが分かった。研究チームは自動車・自動車部品・造船・機械・鉄...続きを読む
[ 2019年01月22日 09:19 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp