韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会

最新記事

アシアナ機内で副機長同士が乱闘、乗客1時間待たされる

仁川国際空港から米国ニューヨークに向けて離陸する前のアシアナ航空機内で2日午前、副機長同士による乱闘が起き、出発が44分遅れるという事態が発生していたことが分かった。副機長2人は同期入社の40代前半で、仁川発ニューヨーク行きOZ222便で運航準備をしていた。この路線は飛行時間が約13時間と長いため、機長と副機長が1人ずつ組み、2組が交代で操縦かんを握っている。

副機長2人は普段から冗談を言い合う仲だったという。共に軍のヘリコプターの操縦士を経験しており、民間航空機の操縦士の資格を取って入社した。2人は5年間の勤務で何十回も一緒に乗務していた。

しかしこの日はささいなことで言い争いになり、殴り合いのけんかになった。発端は、A副機長が乗務員の休憩スペースでB副機長に運航準備状況を尋ね、何気なく頭をポンとたたいたことだった。B副機長がかっとなると、二人は大声でののしり合い、殴り合いに発展した。近くにいた機長2人が副機長たちを引き離したが、激高した二人の興奮は収まらなかった。乱闘は20分ほど続き、空港の警察隊が出動してようやくけんかを中断させた。

事態を受け、アシアナ航空運航安全チームの担当者は副機長2人と面談して精神状態を確認。乱闘の原因を作ったA副機長は「大きな問題はない」と話したが、B副機長は「(今日の運航担当から)外れたい」との意向を示した。アシアナ航空はB副機長の代わりに予備の操縦士を乗務させた。

[ 2016年12月05日 11:56 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)

昼食抜きは日常茶飯事…「一日13時間労働」に苦しむ宅配運転手

CJ大韓通運で4年間宅配の運転手として働くキム・テワン氏(46)は、朝6時20分に家を出て、7時までにソウル龍山(ヨンサン)のバスターミナルに出勤する。朝礼を終えて出れば、大田(テジョン)・沃川(オクチョン)ハブターミナルから出発した幹線トラックが下ろした宅配ボックスをせっせと自身のトラックに積み込む。配送された荷物を分類することは、実際の配送以上につらい作業だという。

昼食時間を遥かに過ぎて、ようやく顧客配送が始まる。キム氏は「最近は幹線トラックの到着時刻が遅れて午後1~2時になる場合もあり、そんな時は顧客配送も遅くなり退勤時間も遅れる」として「昼食は空腹で我慢できなくなればコンビニのラーメンで済ませ、夕飯は遅く退勤してから暴食するのが普通になり、からだが壊れてゆくような感じがする」と話した。

「CJ大韓通運宅配運転手の権利を求める全国の集い」は4日午後、国会で開かれた「特殊雇用形態宅配労働者の現実と労働基本権要求」討論会で「CJ大韓通運宅配運転手雇用実態調査」結果を発表した。この資料によれば、宅配運転手307人のうち、昼食を「いつも食堂で食べる」と答えた人は6.4%しかいなかった。「昼食を食べられない時が多い」という応答が47.5%で最も多かった。

昼食抜きで仕事をするのは、配達物量を達成しなければならないためだ。地域ターミナルで受け取った物量を、当日配達できなければ代理店から低い評価を受けて、契約更新などに不利益を受ける。宅配運転手が顧客の苦情を減らすため夜遅くまで荷物を配達するのもこのためだ。宅配運転手の69.7%が一日13時間以上勤務していることが明らかになり、週平均労働時間は74.4%が70時間を超えていた。法定労働時間の2倍である80時間以上と答えた人も39.5%に達する。

[ 2016年12月05日 10:07 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)

韓国、11月でも海外旅行増…「日本の人気」相変わらず

一般に旅行オフシーズンとされている11月にも、海外旅行に出かけた人が増加していたことが分かった。

1日、ハナツアーによると、先月の海外旅行の需要は約24万2000人余りで、前年同月比12.7%増となった。地域別には日本(34.7%)、東南アジア(31.7%)、中国(20.2%)、南太平洋(6.3%)、欧州(4.4%)、米国(2.6%)の順であることが分かった。

特に、日本に向かった旅行客は昨年同期に比べて15.8%増え、日本の人気が今も続いていることが分かった。

昨年に比べて増加率が最も高かった旅行先は南太平洋(32.2%)だった。肌寒くなったことを受けて過ごしやすいリゾート地を目指す人が増えたためだと同社は説明した。
http://japanese.joins.com/article/140/223140.html?servcode=400§code=400

[ 2016年12月03日 18:52 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(4)

韓国の会社員9割が「バーンアウト症候群」経験

韓国の会社員の9割が、無気力状態に陥って仕事が正常にできない「バーンアウト症候群」を経験していることが分かった。
就職ポータルサイト「サラムイン」が1日、会社員1032人を対象に「バーンアウト症候群を経験したことがあるか」を尋ねた結果、88.6%が「経験したことがある」と答えた。

代理(94.6%)、課長(90.2%)、社員(86.3%)、部長(85.2%)などほとんどの職級で回答率が高く、役員級でも7割(69.2%)はバーンアウト症候群を経験したと答えた。

その理由は「体系的でない業務進行のため」という回答が65.3%(複数回答)で最も多かった。「過度な業務量のため」も58.9%にのぼった。そのほか「業務関連のコミュニケーションが難しい」(32.9%)「下の立場で応対することが多い」(31.8%)、「業務の成果が認められない」(31.5%)、「不可能な業務を命じられる」(23.6%)、「成果への圧力を受ける」(22.1%)などの理由が多かった。

このようなバーンアウト症候群のため、会社員は「集中力が落ちる」(74.4%、複数回答)、「人生に懐疑を抱いて目標を喪失する」(55.5%)などの症状を訴えた。「疲労感」(77%、複数回答)、「意欲喪失」(69.7%)、「頻繁ないら立ち」(56.9%)、「頭痛」(40.4%)、「睡眠障害」(38.4%)という回答も多かった。
http://japanese.joins.com/article/123/223123.html?servcode=400§code=400

[ 2016年12月01日 18:56 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)

全面スト、同盟休校、一斉休業…朴槿恵退陣要求する市民不服従が始まる

自ら退陣することを最後まで拒否した朴槿恵(パク・クネ)大統領の3回目の国民向け談話翌日の30日、労働者たちはストライキを、学生たちは同盟休校を選んだ。自営業者と露天商は店を閉めた。「全面ストライキ」、「市民不服従」などと名づけられた抵抗に出た市民たちは、一様に「朴大統領即刻退陣」を叫んだ。

■労働者、機械を止め広場へ
京畿道華城(ファソン)のある自動車部品メーカーで働くイ・ドンフンさん(41)は、30日「無給半休」を出した。ソウル中区(チュング)のソウル広場で開かれる民主労総の全面スト大会に参加するためだ。民主労総は「朴槿恵退陣というたった一つの要求で全面ストと市民不服従に突入する」とし、この日1日全面ストに突入した。イさんは午後の勤務を残し、同僚約60人と共に市役所広場を訪れた。「目の前に置かれた時局の解決が先じゃないですか。機械をしばらく止めても必ず出なければと思いました」

イさんと同僚100人あまりが朴大統領の退陣に向けた全面ストの是非を置いて投票した結果、70%以上が賛成した。イさんは「午後勤務に残業まで含めて5~6万ウォン(約4800~5800円)ぐらいは諦めたということ」とし、「すぐ目の前の1日を稼ぐのが忙しくても、いま朴大統領即時退陣を主張するのに一人でも多く声を上げなければならないという意見が集まった結果」と話した。イさんは25日、朴大統領の3回目の国民向け談話について「1、2回目はそれでも何も考えずに準備してきた原稿を読むという感じを受けたが、今回は任期を繋ぎとめるための小細工を緻密に準備して出たという感じを受けた」とし、「大統領と政界が反省もなく政治的計算だけを繰り返すなら、ストは続くだろう」と話した。

[ 2016年12月01日 10:11 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp