韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済
最新記事

中国で「最も安い自家用車」の代名詞となった日本のメーカーが中国から撤退

2018年6月17日、中国メディアの毎日経済新聞網は、「かつて中国で最も安い自家用車を生み出した日本のメーカーが、中国から大挙撤退することになった」とする記事を掲載した。以下はその概要。 日本の自動車メーカー、スズキが中国南部での自動車生産から撤退することを決めた。 スズキは23年前、中国江西省の昌河汽車と「昌河鈴木」を設立し、「北斗星」(ワゴンRワイド)などコンパクトカーの生産・販売を行ってきた。 スズキブ...続きを読む
[ 2018年06月19日 08:56 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

日本が総力を上げて全固体電池開発へ!

2018年6月16日、新華網は、日本の企業と学術機関が協力して全固体電池の開発に力を入れ、エコカーへの応用の実現を目指すと報じた。 日本の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は先日、日本の一部企業と学術機関が今後5年以内に次世代電気自動車向け全固体リチウムイオン電池を共同開発することを発表した。 このプロジェクトは予算100億円の予定で、トヨタ、ホンダ、日産、パナソニックなど自動車、電池、材料企業23社と...続きを読む
[ 2018年06月19日 08:41 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

スズキが中国企業との合弁を解消

2018年6月16日、財新網は、スズキが中国の江西昌河汽車との合弁を解消したと伝えた。 記事は、「15日、日本のスズキは合弁会社・江西昌河鈴木汽車から正式に資本を引き上げると発表した。近年の自動車販売不振が原因で、販売台数目標を達成できていなかった。スズキは江西昌河鈴木汽車有限公司の46%の株を保有していた」と紹介。スズキは持ち株すべてを昌河汽車に譲渡する。 このニュースに対し、中国のネットユーザーから「『こ...続きを読む
[ 2018年06月18日 08:49 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

東芝メモリが米に研究開発拠点、アマゾンやグーグルの大規模DC狙う

東芝メモリは、データセンター(DC)向けNAND型フラッシュメモリー事業を強化する。米国にメモリー製品や関連ソフトウエアの開発やテストなどを手がける研究開発拠点を開設した。顧客への対応を迅速化するのが狙い。主要なDC、サーバーメーカーが集積する現地で同拠点を橋頭堡(ほ)とし、成長市場を取り込む。米国で本格的な活動を始めた「ストレージ・リサーチ・アンド・デベロップメント・センター」は、カリフォルニア...続きを読む
[ 2018年06月17日 09:36 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

「一帯一路」の急行列車に乗る日本企業、中国は開放的

本メディアの報道によると、日本企業は最近、相次いで動きを加速させ、「一帯一路」(the Belt and Road)の急行列車に乗り込もうとしている。これについて中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官はこのほど、「ますます多くの日本企業が『一帯一路』イニシアティブに参加したいという積極的な態度を実際の行動に移しつつある。中国は日本が『一帯一路』建設に参加することについて常に開放的な態度を取っている。中国は両国企...続きを読む
[ 2018年06月16日 09:16 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp