韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  2010年12月

最新記事

民主泥仕合…執行部、「小沢切り」流れ変わらず!!

2010-11-25-ozawa.jpg

民主党の小沢一郎元代表の衆院政治倫理審査会への出席表明について、民主党執行部は「小沢氏の“くせ球”で事実上のゼロ回答だ。今まで言っていることと変わりがない」と反発している。


小沢氏が出席に条件をつけたこともあり、「そもそも政倫審に出席する考えなどない」との不信感が強いからだ。

菅首相(党代表)や岡田幹事長らは28日、首相官邸で行った協議で、「通常国会前に小沢氏の政倫審出席を議決する」とした27日の党役員会決定に基づき、手続きを進める方針を確認した。協議では小沢氏への批判が相次ぎ、出席者の一人は「『小沢切り』の流れに変わりはない」と明言した。

小沢氏は28日夜、側近議員に「条件を付けた覚えはない」と漏らし、首相らの対応に不満を示した。

しかし、首相たちには小沢氏に厳しい姿勢をとり続けることで「政治とカネ」の問題解決に積極的だとアピールする狙いがある。執行部は政倫審への対応とは別に、小沢氏が強制起訴された時点で離党勧告を突きつけることも検討しており、「処分の方が重要な目標だ」との声もある。

ただ、執行部も、参院で問責決議が可決された仙谷官房長官らの進退問題の判断を迫られている。首相は28日夜、首相官邸で記者団に内閣改造について「次の通常国会までに強力な体制をつくりたいと、今考えているところだ」と述べ、通常国会召集前の内閣改造の可能性に改めて言及した。

首相周辺では、「内閣改造で仙谷氏が閣外に退くと同時に、小沢氏を離党に追い込む手もある」と、仙谷氏と小沢氏の刺し違えによって事態打開を図る案も浮上しているが、首相と岡田氏らの協議は1月5日に再開するとしており、民主党内からは「党を取り巻く状況は日々悪化しているのに、危機感がなさ過ぎる」と嘆く声も出ている。

(読売新聞)




2010年は、これほどまでに日本を悪くした民主党! と題したい…。。。

税金の捻出が出来ずに、金をばらまき、マニフェストの実行はおろか、外交は無知、無リーダーシップ。。。
良くこれほどレベルが低下したものだと感心する。。。
国民が選んだ政党ではあるが、期待を裏切った政党としては過去に前例がないほどに素晴らしい。。。

政治と金の問題。。。 実際は氷山の一角だろう! この問題は小沢氏だけの問題ではない…。。。
特捜部などは、日本の行方関係無しに逮捕へと突き進む。。。

よく考えてみよう…。。。 仕組みとチェックの問題で、こういう問題が常に付きまとうのは、仕組みの構築が甘いからだ!

かといって無駄な秘書連中ばかりを増やしてもしょうがない!

まずしっかりとした仕組みを再構築して、すべての議員に徹底教育するべき事だ。
これは政治家内部の問題で、日本を良くする為に方策(マニフェストなる公約)とは違う。

政治と金の問題をしっかりと管理監視が出来る様に指示を出し実行させるのはどの部署なのか? 或いは誰なのか?

問題ある人材を政党が追い出そうとすることばかりを管が実行する連中は、頭が悪い。 問題解決になってないからだ。

問題ありそうな人材を全部集めたらどうだ! えらい事になるのでは…。。。
また特捜部も何処までさかのぼって調べて、起訴まで持って行こうとしているのだろうか?
特捜部と言っても閣僚の下に組織されるものだ。

そういう意味では、経験豊富な政治家はもっとしっかりしてほしい!
と同時に自分に有利な仕組みではなく、標準化し確実に違法とならないようなルールへと変更または追加するなどして、政治資金規正法を法律化し、しっかり守っているかのチェックを実施してほしい。
そういう事業を作るのであれば大賛成だ!

警察が動くよりも、その事業がしっかりとチェックし、不明点は明確にするまで追求する権限を与えればよい!

もう少し頭を使って、人を切るのではなく、管総理のように優秀な人材を使えない…。。。 大事な外交が出来ないのではなく、2010年までにしっかりと反省して、2011年には、合わない人材を如何にうまく使うか、或いは利用するか?
そういう部分の能力を大いに発揮してほしいものである。

まず前提に、日本という企業は、決められた税金の範囲で成長すべきである。

それを達成するためには、事業仕分けの意味、廃止する事業とリストラする人材の使い道をしっかりと決めることである!

一方高速道路の価格を下げたのはよいが、高速道路の管理にいくらかかるのか?
補修工事含めて、適正価格はいくらなのか?
こういう事業は各知事の権限に移す方が良いのでは??

子供手当については、暫定処置であるため、恒久的には何をどの様にするのか? 2011年の初めには明確にしてほしい!

2010年の理由無き政治から、2011年は何をどの様にするという説明を付けた政治へと変革し、外交政策においてもどの国と、何をどの様にして対応するのかという説明付きで行動する年にしてほしいものである!


(News速報.com)



外交の力外交の力
(2009/01)
田中 均

商品詳細を見る


お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方
(2009/02/17)
午堂 登紀雄

商品詳細を見る


[ 2010年12月29日 14:45 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

菅首相、小沢元代表が民主党役員会の決定に従わない場合は離党を促す考え示す!!

2010-06-04-kan-2.jpg

菅首相は27日、通常国会までに衆議院政治倫理審査会で、小沢元代表の出席を求める議決を行うとする民主党役員会の決定に小沢氏が従わない場合、離党を促す考えを示した。
27日の民主党役員会には、菅首相も出席し、通常国会までに小沢氏が国会招致に応じなければ、政倫審での議決に踏み切る方針を決めた。

小沢氏は、今のところ議決されても出席を拒否する方針。

27日、菅首相は「党の決定に従えないというのであれば、(小沢氏)ご本人が、出処進退をきちんとされるべきではないでしょうか」と述べ、小沢氏が決定に従わない場合、自発的な離党を促す考えを示した。

また、仙谷官房長官は27日、フジテレビの「スーパーニュース」に出演し、「(小沢氏は)いろいろ政治状況を判断して、『えいやっ』と決断するのがお得意でいらっしゃるから」と述べ、小沢氏が政倫審に自発的に出席するよう重ねて求めたほか、強制起訴されれば、自ら離党することが望ましいという認識を示した。
一方、菅首相は、通常国会前の内閣改造を検討する考えを示した。

菅首相は「通常国会が始まるまでに、いかに強力な態勢をつくるかということは、これからもしっかり考えていかなければと思っています。ただ、具体的な人事については、まったく、今は白紙です」と述べた。

(フジテレビ系(FNN))



管総理含めて、能力はある? が、行動が出来ない連中の世話をしても仕方がないでしょう。。。
小沢氏は、民主党を出て新党を設立し、新たな行動を起こすのがベターだと思いますが…。。。

マニフェストを実行できなかっただけでなく、財源も確保できないまま、子供手当、高速道無償化、等々立派な事を実行しようとしている。財源の確保が出来ないのにですよ!

素晴らしいことです!(苦笑。。。

これほど計画も能力も実行力もない政党は珍しいです。 当然企業なら倒産ですから、日本と言う企業を経営して行く事は管総理には無理という答えを出した2010年だったと思います。

これ以上税金をばらまかれたら、国民の生活はますます苦境へ落とされます。

政治と金の問題は、仕組みの問題ですから、国会内部で問題点を改善し、あるべき姿となるルールにすればよい事です。

今の政府は、そういう問題点のあるルールを改正する重要性に力を入れずに、結局ある人材つぶしをやっているだけで、日本を良くしているわけではありません。

財源無くして何を実行できるのでしょう!
あげくに消費税をアップと言っても、結局事業仕分けをしっかり実施できないことが問題です。
何度も言いますが、無駄な省庁はリストラするべき!!
それが出来ないから無駄な税金を捻出できないわけで、閣僚含めた無駄な省庁内の事業をリストラする事が事業仕分けであって、今の事業仕分けには意味はない事になります。

結果パフォーマンスで終わった訳で、事業仕分けとはもっと厳しく、ある意味つらい業務でもあり、だからこそ無駄を捻出できるわけです。

問題は無駄と言われた各事業の人員と事業の廃止…。。。 これをどの様にするかですが…。。。
人をリストラする事と、そのリストラした人材の使い道を考慮しなかったのでは…??
クリーンな政治を目指した結果がこれでは、どうしようもありません。

ただ頑張ります! とか ○○します! というのは、何をどの様にして頑張るのかがいつも明確でないからダメなのです。

2011年は2010年に大失敗を国民は見てますので、今より良い政治が出来る政党に期待をかけるしかありません。
小沢氏は離党し、自分を支持する人材を引き連れて、新党を作るだけでもかなりの人数になるのでは?

だめな管総理を切り捨て、だめな民主党を切り捨てる時でもあり、他の政党はそういう意味では、行動できるだけの能力と人材がいるであろう政党に期待がかかる2011年になるのではと予想しますが…。。。



民主党 無策政権の400日民主党 無策政権の400日
(2010/10/27)
株式会社ムックハウス

商品詳細を見る


民主党政権では日本が持たない民主党政権では日本が持たない
(2010/05/29)
櫻井 よしこ

商品詳細を見る


民主党政権の真実民主党政権の真実
(2010/11/26)
塩田 潮

商品詳細を見る


[ 2010年12月28日 13:37 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)

韓国軍:陸海空軍の指揮一元化、北の挑発に迅速対応!!

20年ぶりの軍指揮体系再編

軍の上部指揮体系を20年ぶりに大幅に再編されるのは、哨戒艦「天安」爆沈事件延坪島砲撃など、北朝鮮による相次ぐ挑発行為に対する韓国軍の対応が不十分だったとの反省があるためだ。


■何が変わるのか

今年3月、天安爆沈事件の際、合同参謀本部の状況室の海軍将校は、大統領府(青瓦台)に勤務する海軍の先輩将校に対し、合同参謀本部議長よりも先に状況報告を行い、大統領府は軍首脳部よりも先に事件発生を知った。また、海軍参謀総長は当時、現場で事実上、捜索救助、船体の引き揚げを指揮したが、現行法令上では作戦指揮権はなく、あいまいな状況だった。延坪島砲撃の際にも、6門しかないK9自走砲、50年前の海岸砲など、海兵隊に対する劣悪な装備支援が問題視された。

これらはいずれも陸海空3軍が合同性を欠くこと、軍政・軍令権の行使権限が分かれていることに起因する問題だった。現在、政府・軍が検討している軍上部指揮体系再編案は、こうした問題を解決するために合同軍事司令部を新設し、既存の陸海空軍本部を陸海空軍司令部に再編することを骨子としている。大将クラスの合同軍司令官は、作戦、情報などこれまで合同参謀本部議長が持っていた権限に加え、人事、軍需など軍政権も付与され、強大な権限を持つことになる。合同参謀本部議長も別途置くが、諮問役など象徴的な存在となる可能性が高い。

現在の陸海空軍本部に代わる陸海空軍司令部は、既存の陸軍の一部軍司令部、海・空軍の作戦司令部も吸収統合するため、指揮系統の単純化、指揮伝達時間の短縮につながる。また、組織の統廃合で将官の数も削減される見通しだ。


■再編を急ぐ理由

今年3月の天安爆沈事件後に発足した大統領直属の国家安保総括点検会議は、今年9月に合同軍司令部の創設など軍上部指揮体系の再編案を李明博(イ・ミョンバク)大統領に提案した。同様に大統領直属の国防先進化推進委員会も今年6月、同じ趣旨の提案を大統領に行った。しかし、一連の提案に対しては、延坪島砲撃事件が起きるまで、軍側は反発していた。消息筋によると、軍側は上部指揮体系を見直すことは、軍の骨組みを変えるに等しいため、中長期課題として慎重に推進すべきだと主張していた。これは、李明博政権下では検討作業だけを行い、実際の再編は2012年の大統領選で発足する次期政権に持ち越すと言っているに等しかった。

しかし、大統領府では天安爆沈事件後も軍の国防改革が遅々として進んでいないという批判や指摘が相次ぎ、先月末の延坪島砲撃事件で、軍首脳部の消極的な対応が問題視されたことで、指揮系統再編に消極的だった軍首脳部の立場も変わったという。


■解決すべき課題

韓国政府は来年上半期中に法改正や軍内での意見集約、詳細な推進計画の立案を終え、早ければ来年末まで、遅くとも2012年末までに指揮系統の再編を終えることを目標にする構えだ。上部指揮系統の再編は、国軍組織法など法改正が必要で、国会の協力が不可欠であり、野党が反対した場合には難航も予想される。

軍内部の共通認識づくりも課題だ。合同軍司令部創設に対し、海・空軍の一部からは陸軍を中心に海・空軍を吸収し、事実上の統合軍司令部をつくるのではないかという疑念の視線が注がれている。1980年代末の盧泰愚政権以降、合同軍司令部(国防参謀総長)創設、軍政・軍令権の統合などが何度も試みられたが、海・空軍の強硬な反発で実現しなかった。

一部では海兵隊の兵力増強、西海(黄海)北部合同司令部創設など、陸軍出身の首脳部が消極的とされる国防改革の課題を継続的に監視・監督する「国防改革推進点検団」を発足させる必要性も叫ばれている。陸軍中心主義と海・空軍の反発を克服する上で必要との考え方が背景にある。

(朝鮮日報)



韓国戦争〈第6巻〉休戦韓国戦争〈第6巻〉休戦
(2010/12)
不明

商品詳細を見る


戦争の記憶 記憶の戦争―韓国人のベトナム戦争戦争の記憶 記憶の戦争―韓国人のベトナム戦争
(2009/11)
金 賢娥

商品詳細を見る


[ 2010年12月27日 13:35 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)

2011年北朝鮮:険しい道のりが待ち受ける金正恩後継体制!!

2010-12-27-kita.jpg

北朝鮮は2010年秋、本格的な権力継承に着手することを内外に公表した。9月28日に44年ぶりに開催された朝鮮労働党代表者会で、金正日(キム・ジョンイル)総書記の三男・正恩(ジョンウン)氏を党中央軍事委員会副委員長に選出し、後継者としての地位を公のものとした。
 北朝鮮にとって、2011年はさまざまな面で大変な1年になりそうだ。自ら定めた「強盛大国元年」(2012年)が目前に迫った上、後継体制の構築にも拍車をかけねばならないためだ。

正恩氏への権力世襲の公表は、朝鮮労働党代表者会前日に「朝鮮人民軍大将」の称号を与えることから始まった。ただ、「大将」という称号は実際に軍隊を指揮するというより、党中央軍事委員会副委員長に就任するための象徴的な階級という意味合いが強かった。こうしたことから、2011年には正恩氏が後継者としての座を一層固めるため、さらに多くの党と軍の要職に就く可能性が高い。

ただ、主要ポストに就任するからといって、正恩氏への後継体制構築が順調に進むとは言い難い。アピールできるものは「金日成(キム・イルソン)主席の直系の孫」という血筋しかなく、年齢も27歳と若いため、北朝鮮のエリート層や住民の心をつかむこともたやすくなさそうだ。

ほぼ半世紀ぶりに開かれた朝鮮労働党代表者会は、正恩氏への後継を公式化し、後継体制をサポートする構図をつくるための政治的イベントだったとの評価が多い。

正恩氏とともに、党中央軍事委員会副委員長に選出され「軍ナンバー1」の座を固めた李英鎬(リ・ヨンホ)軍総参謀長をはじめ、党書記に起用された崔竜海(チェ・リョンヘ)元黄海北道党責任書記、朝鮮人民軍大将の称号とともに、党政治局員に昇格した金総書記の妹・金敬姫(キム・ギョンヒ)党軽工業部部長とその夫の張成沢(チャン・ソンテク)政治局員候補(国防委員会副委員長兼任)らが代表的な「正恩氏の側近」だ。

その後、正恩氏は10月の朝鮮労働党創建65周年記念軍事パレードのような主要イベントでひな壇に登場し、内外に存在を示した。しかし、正恩氏への後継体制は最初からいくつかの深刻な問題を抱えているため、根を下ろすまでは大変な状況が予想されるというのが、大半の専門家の診断だ。

2010-05-27-kita-1.jpg

何より年長者を尊重する雰囲気の強い北朝鮮社会で、経験の浅い27歳の後継者を住民らが心情的に受け入れられるかが未知数だと指摘される。金総書記の場合、1980年10月の党大会で後継者として正式に登場したが、当時の年齢は正恩氏より10歳以上高い39歳だった。それ以前にも、金総書記は1973年9月に党書記に選出されてから、翌年の2月に党政治局員に任命され、後継者に確定されるなど、権力継承のプロセスを着実に踏み、十分な「後継授業」を受けた。 

正恩氏が祖父の金主席と外見を似せていることも、後継者としての不安心理が反映されていると指摘される。あまりにもアピールできるものがないため、北朝鮮住民の間でいまだカリスマ的な存在である祖父の威光に頼っているとの見解だ。

また、国家統治には大きな問題がないように見えるが、2008年に脳疾患で倒れ、深刻な状態まで健康が悪化した金総書記が、いつまで後継体制をサポートできるかも不透明だ。

2011年には正恩氏への後継体制構築に拍車がかかるとの見通しが出ているのも、こうした流れからだ。現在は、党中央軍事委員会副委員長の肩書きしか持っていないが、来年には党の最高要職の政治局常務委員や趙明禄(チョ・ミョンロク)前朝鮮労働党政治局常務委員の死亡で空席となっている国防委員会第1副委員長の座に就くとの見方が出ている。

北朝鮮が軍を中心に動く体制を取るだけに、金総書記が軍最高司令官の座を正恩氏に譲り渡すとの観測も一部から出ている。北朝鮮での金総書記の権威は、わずかにでも傷つけたり、歯向かうことは考えられないほど絶対的なものだ。「先軍体制」の証と言える最高司令官職を正恩氏に譲り渡すとの見方が出ているのは、それだけ北朝鮮が権力継承に追われていることを裏付けるものでもある。

外交分野でも正恩氏の活動は活発になるとみられる。何より、早ければ来年上半期(1?6月期)中に、中国を訪れる可能性が有力視される。

10月の朝鮮労働党創建65周年記念日にあわせ、訪朝した周永康・中国共産党政治局常務委員は金総書記と会談し、「北朝鮮の新指導部」の訪中を希望するとの胡錦濤国家主席の意向を伝えた。「新指導部」は当然、朝鮮労働党代表者会で後継者として登場した正恩氏を意味する。

来年は、正恩氏の後継者としてのカリスマが弱いだけに、権力世襲を正当化する「偶像化」が強く推進されるとみられる。

北朝鮮の対韓国宣伝ウェブサイト「わが民族同士」は、すでに11月初め、「金正恩青年大将を仰ぎ、爆風のような『万歳!』の歓声が上がった」といったあからさまな賞賛の文章を掲載した。また、「正恩氏の肖像画が配布された」「平壌朝鮮革命博物館に『金正恩館』が設立された」などの話が対北朝鮮媒体を通じ、伝えられている。

業績のない権力継承者の基盤を短期間で固めねばならないため、さまざまなデマが飛び交い、住民の不満が高まる可能性もある。しかし、金総書記の死亡といった非常事態が発生しない限り、後継体制を脅かすほど不満勢力が膨らむことは考えにくいとの観測が優勢だ。 

世宗研究所関係者は、「正恩氏がもっと多くの党と軍の主要ポストにつくなど、来年には実質的な権力譲渡が速やかに行われるだろう。後継体制に反発する声があっても不満勢力として組織化することは難しく、民心の動向を決定的な変数とみるのは非現実的だ」と分析した。

(朝鮮日報)



シリーズこんなに強い自衛隊 北朝鮮と戦わばシリーズこんなに強い自衛隊 北朝鮮と戦わば
(2010/11/24)
井上 和彦

商品詳細を見る


萌え萌え北朝鮮読本萌え萌え北朝鮮読本
(2010/10/16)
曙機関

商品詳細を見る


[ 2010年12月27日 13:28 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)

小沢氏「1人を悪者にして問題だ」ラジオで愚痴!!

2010-11-25-ozawa.jpg

民主党小沢一郎元代表は26日放送のニッポン放送のラジオ番組で、自らの政治とカネを巡る問題に関連し、「僕にもいろいろ非難が集中している。本当に不正行為があったならば罰せられなければいけないが、ただ、何となく、1人を悪者にして、肝心な仕組みや政策は全然改革されないで終わっている。そこが非常に問題だと思っている」と述べ、現状に愚痴をこぼした。

その一方、小沢氏は、「メディアに騒がれるたびに、(自分への)個人献金が数百人規模で増えている」と強調した。収録は22日に行われた。

(読売新聞)



国民も政治と金の問題のない政党を選んだわけで…
結果そのクリーンなイメージが残っているのは事実。。。

結果そんなにマニフェストを実行できない政党とは思わなかった!
結果、小沢氏 vs 管総理 となり、政治と金の問題はクリーンではないが、日本を良くするだけの技量と能力が小沢氏にあるという心の中に隠れていた期待が、実はあった…!

今は早く政治と金の問題をクリアにして、小沢氏のリーダーシップで、日本を良くしてもらいたいのだが…(個人的意見)


検察vs.小沢一郎―「政治と金」の30年戦争検察vs.小沢一郎―「政治と金」の30年戦争
(2009/06)
産経新聞司法クラブ

商品詳細を見る


[ 2010年12月26日 23:05 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp