韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  2011年09月

最新記事

日本郵政を小泉時代に戻せ! 復興財源も捻出できる!!

2011-09-30-005.jpg

日本郵政の株式の売却が東日本大震災の復興財源とともに一時浮上した。日本郵政の株式は郵政改革法案で3分の2の売却が予定され、復興財源に関して税外収入の柱として活用可能だというのだ。

現在、「郵政株式売却凍結法」により、政府保有の日本郵政の株式の売却は凍結されている。政府は、今国会において継続審議中の「郵政改革関連法案」が成立すれば、「郵政株式凍結法案」が廃止され、政府に義務付けられる議決権の3分の1超保有にかかる部分を除いた日本郵政の株式の売却が可能という立場だ。

もっとも、民主党は、郵政株の売却について、当面は見送る方針のようだ。

この話は、そもそも郵政民営化に反対していた国民新党が郵政株の売却を主張しているので不思議に思う人も多いだろう。なんのことはない。国民新党が推している郵政改革法案を成立させてくれというだけだ。

もともと小泉政権で行った郵政民営化のままであれば、今頃は、日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険は株式上場されていただろう。

政権交代になって事実上解任された西川善文前社長は、2011年度の上場を目標に民営化を行っていた。ところが、国民新党との連立政権によって、西川前社長らの民間人を追い出し、その代わりに元大蔵官僚の斎藤次郎氏らを経営陣にした。とともに、郵政株式売却凍結法を成立させ、株式売却が凍結された。

その後出てきた連立政権の郵政改革法案は、三事業一体のままで「民営化」するという、「なんちゃって民営化」だ。

私は、小泉政権の郵政民営化の制度設計をしたが、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の金融会社を完全民営化させたのは、三事業一体のままでは国際的にみて不公正取引に該当するからだ。これからTPP等の国際交渉を行っていくとやり玉にあげられるだろう。

さらに、民間人経営者を追い出し、官僚OBが経営支配する官僚体質に戻った日本郵政では投資魅力に欠けるので、株式売却しても売却益は小泉政権の民営化に比較してもはるかに少ないだろう。

本当に震災復興のための財源作りであれば、政権交代後に成立させた郵政株式売却凍結法を廃止させるだけでいい。ただ、そうなると今の官僚OB経営陣ではまともな民間経営はできないので、経営を知っている民間人を経営陣にするべきだ。

政権交代後に親方日の丸経営に戻った今の体制では誰も将来に期待を持てない。民主党は普天間のように政策の出戻りが多いが、郵政民営化も元に戻したほうが国民のためになる。そうすれば10兆円の復興財源捻出は容易だ。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

(ZAKZAK)




さらば財務省! 政権交代を嗤う官僚たちとの訣別

「山本七平賞」受賞作、待望の文庫化。「小泉・竹中改革」の司令塔として、郵政民営化などを実現した異能の元キャリアが暴く、財務省・霞が関の「日本占領計画」の全貌!総理官邸に潜む霞が関の「スパイ」たちとはだれか。

★さらば財務省! 政権交代を嗤う官僚たちとの訣別 (講談社プラスアルファ文庫) の詳細はこちら!



[ 2011年09月30日 20:44 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)

アップル・グーグル・MS“3強”を揺るがす三星ハードウェアパワー!!

2011-09-30-korea-6.jpg

◇市場再編が変数に三星サムスン)とマイクロソフト間の包括的協力は、アップルだけでなくグーグルにも衝撃を与えた。「アンドロイド」基本ソフト(OS)市場の拡大に没頭してきたグーグルにとって、両社の電撃的な協力発表は新たなライバル出現を予告するものだ。

「アンドロイド軍団」のリーダー格である三星がマイクロソフトのスマートフォン0S「ウィンドウズモバイル」搭載フォンを積極的に開発する場合、少なからず脅威となるからだ。実際、グーグルはマイクロソフトと三星の協力が伝えられると、直ちに「マイクロソフトの術策」として強く反発した。

現在、アンドロイドは世界OS市場でシェア1位(43%)。アンドロイドの昨年4-6月期のシェアは17%だった。これを1年で26ポイントも高めたのだ。

もちろんグーグルと三星は相変わらず「同盟」関係を維持している。両社が来月11日に新しいスマートフォン「Nexus Prime」を発売する。「Nexus Prime」は「アンドロイド」OSの最新バージョン「アイスクリームサンドイッチ」を初めて搭載したリファレンスフォン。アップルが来月4日に公開するアイフォーン5の‘対抗馬’だ。

一方、三星をはじめとするアンドロイドフォン製造会社と全面的な特許訴訟戦を繰り広げているアップルにとってはうれしくないニュースだ。三星とマイクロソフトが特許を共有することになれば、以前に比べて不利な立場となる。

マイクロソフトは今回の三星との交渉で、モバイルOS市場で起死回生のチャンスをつかんだ。年初にノキアが独自のOS「シンビアン」を捨てて「ウィンドウズモバイル」を選択したのに続く好材料だ。

三星がマイクロソフトとの今回の協約でウィンドウズフォンを積極的に開発した場合、スマートフォン製造市場の地図は変化する可能性が高い。マイクロソフトの「ウィンドウズモバイル」OSを搭載したウィンドウズフォンの市場シェアが高まるからだ。これは三星にも有利な構図だ。

産業研究院は28日、報告書「世界スマートフォン市場の競争構図変化展望」で、「現在のような‘2強(グーグル・アップル)1弱(マイクロソフト)’構図よりアップル・グーグル・マイクロソフトが市場を分け合う‘3強’構図が国内企業にとってはるかに有利」という分析を出した。

「2強1弱」構図になった場合、地位が強化されたグーグルが三星電子やLG電子よりも、先月買収したモトローラをさらに活用する可能性が高く、韓国企業が不利になることも考えられる。しかし3強構図になった場合、グーグルが市場を守ろうとするため、モトローラ中心の生産戦略を駆使するのが難しくなる。


◇注目される三星のハードウェア競争力=三星がこのように市場構図自体を変える変数になる理由は、優れたハードウェア技術力を保有しているからだ。

今年4月にアップル-三星電子間の特許訴訟戦が始まると、海外メディアは「アップルが三星を取り上げて特許全面戦争を繰り広げるのは、アップルの唯一の敵であるため」とし「三星を無力化した場合、アンドロイドOS軍団に大きな打撃を与えられると判断した」という分析を相次いで出した。

半導体分野のライバルでもあるインテルが三星に「Tizen」共同開発を提案したのもこのためだ。「Tizen」は、コンピューター・スマートフォンのほか、スマートTV・自動車用「インフォテイメント」機器など多様な機器に幅広く適用できる開放型プラットホーム。

三星の関係者は「Tizenは次世代OSのウェブ基盤OS。クラウドコンピューターが一般化する未来にはウェブOSが大勢になる」と述べた。このOSの開発が完了すれば、三星は自社のOS「Bada」はもちろん、「アンドロイド」「ウィンドウズモバイル」「Tizen」など4つのOSを活用できることになる。

権五鉉(クォン・オヒョン)三星電子デバイスソリューション(DS)事業総括社長は29日、「IT事業構造がハードウェア中心からソフトウェア中心に変化しているが、ソフトウェアが繊細になるほど、これを具現する革新的ハードウェアに対する市場の欲求は高まる」と強調した。

(中央日報)




いま世界経済で起きている大変なこと―奈落の底に沈む国、V字回復する国

ベストセラー『いま日本経済で起きている大変なこと』の待望の続編! 今回は、日本のみならず、アメリカ、ユーロ、中国、新興国等、世界に目を転じ、世界経済で起こっている“大変なこと”を明らかにしていく。2011年春以降の世界経済の見方から、投資スタンスまで、個人投資家のみならず、経営者、ビジネスマン必読。 日本人よ、無知なメディアに騙されるな!! アメリカ、ユーロ、中国、BRICs デフォルトを証明するこれだけの事実!

★いま世界経済で起きている大変なこと―奈落の底に沈む国、V字回復する国 の詳細はこちら!



[ 2011年09月30日 20:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

野田政権発足から1カ月…事情通から聞く中国の「野田評」とは?!

2011-09-25-noda.jpg

野田佳彦首相率いる政権が発足してから約1カ月が経過した。短期間でコロコロと変わる日本の首相を、海外は「回転木馬」(米ワシントンポスト紙)と揶揄するなど、お世辞にもリスペクトされているとは言い難いのが現状だ。

そんな中、何かと日本にちょっかいを出してくる隣国中国は、この新総理をどう見ているのだろうか。中国の軍幹部や政府要人ともつながりを持ち、北京に拠点を置く日本人実業家の山岡昇一氏(仮名・53歳)は、匿名を条件に次のように証言してくれた。

「共産党の幹部から聞く感触では、当初は保守的な人物として一定の警戒心を持っていたものの、早くも集団自衛権や靖国参拝に否定的な発言をしている。実はさほどのイデオロギーも持たず、結局は歴代の総理のように何もできないと感じているようです」

事実、中国の「野田評」については、「新華社」が8月30日付け記事で、「レッテルを貼るのは時期尚早」との論評を配信し、過度に警戒するのではなく当面は静観すべきとの見解を示している。

「一時は前原誠司氏より強硬との声も一部にはありましたが、今では沈着冷静なタイプとの見方が支配的。先の臨時国会での所信表明で、日米同盟を深化・発展させる覚悟を示したことからも分かる通り、対米重視という現実路線を選んでいるだけで、中国に対して特に敵対心を持っているとは見られていません」

一方、野田氏が「松下政経塾」出身であることに警戒する声も一部にはある。「解放日報」は上海国際問題研究所副所長のコメントとして、「松下政経塾の出身者は常に強硬な言動をとっており、その一人である野田氏の就任は同盟国に懸念をもたらしている」とし、「一部の日本人の歴史を反省しない傲慢な態度は、中国人の反感を引き起こしている」とまで決めつけている。

また、「環球時報」は中国社会科学院委員の言葉として、「野田氏は"民主党の中の自民党"であり、あきらかな右派である。今後は日本が一層右傾化する可能性がある」との懸念を示した。

もっとも、山岡氏によれば、こうした声はあくまで一部で、「多くは野田氏にそれほどの際立ったイデオロギーはなく、当面は日中関係に大きな問題は起こらないだろうと考えている」ようだ。

中国では、習近平体制への移行となる来年の共産党18回全国代表大会(18回党大会)を控え、日本を含む対外関係で大きな波風は避けたい時期。その一方で、尖閣諸島付近では相変わらずの挑発行為を続けている。一連のこうした"軍事行動"は、18回党大会へ向けて習体制が軍の信頼を強固にするための、重要な戦略の一つとも見られている。

山岡氏は言う。

「海軍の人間と話していても感じますが、ようするに『日本くみやすし』となめているわけです。その意味でも、昨年の尖閣事件で、管直人内閣が事実上の拒否権発動で船長を無罪放免したのは大失敗でした。あれで『日本はびびって何もできない』というメッセージを発してしまった。私もバカにされますよ(笑)。『領土』や『主権』といったテーマでは鳩山由紀夫・管は史上最悪でした。野田さんの外交手腕に注目したいところですが、どうも様子を見る限り、大きな期待はできなさそうですね。そこらは中国共産党もしっかり見ていますよ」

日本国際フォーラム副理事長で、過去に駐仏大使などを歴任した平林博氏は、9月18日付け産経新聞への寄稿で次のように記している。

「日本国民は外国から軽視されるのではなく、畏敬される首相を渇望している」

この至極当たり前な願いが野田首相の耳に届くことはあるのだろうか。

(日刊サイゾー)




[ 2011年09月30日 14:24 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)

ソフトウエア産業活性化、KT会長の決断!!

2011-09-30-korea-5.jpg

1.ソフトウエアに適正価格を

2.開発企業に著作権付与

3.維持費用を国際水準に


韓国通信大手KTの李錫采(イ・ソクチェ)会長が、韓国のソフトウエア産業再生に乗り出した。これまで韓国ではどの企業も試みたことのない「実験」に挑む。

KTは来年から外部企業が納品したソフトウエアの品質を評価し、優秀な製品には開発費を増額して計上することを決めた。また、ソフトウエアの著作権もKTに帰属するのではなく、開発業者に付与することにした。これに伴い、国産ソフトウエアより外国産ソフトウエアを優遇してきた慣行もなくす。

これらは当然のことのように見えるが、企業や官公庁の多くがまだ実践したことのない試みだ。李会長は29日、ソウル市内で記者懇談会を開き「社内で費用負担がかさむという反対意見も多かったが、われわれが率先してソフトウエアの調達慣行を変えていくことを決めた。業界に大きな(変化の)雪崩が起きるはずだ」と述べた。

KTは年内に具体的な評価基準を作成し、来年には300億‐500億ウォン(約19億7000万‐32億8000万円)相当のソフトウエアを新しい方式で調達する。15年には新方式による調達規模を3000億ウォン(約196億8000万円)に拡大する方針だ。KTは現在、年間6000億ウォン(約393億6000万円)規模でソフトウエアを発注している。


■ソフトウエアに適正価格を

これまで韓国では、ソフトウエアの開発代金の支給方式が建設現場の日雇い労働者と同様だった。ソフトウエア業界で「人頭税方式」と呼ばれるもので、開発に投入される人数に労賃をかけたものを納品価格としてきた。韓国ソフトウエア産業協会が政府の支援を受け、毎年調査・発表する労賃単価が基準となっている。

例えば、大卒者の労賃は「初級技術者」として16万2682ウォン(約1万700円)、修士卒の労賃は2年以上の経験がある場合、「中級技術者」として同20万8943ウォン(約1万3700円)に設定される。投入される人材の能力は反映されない。まるで廃品回収業者が古雑誌をはかりに掛け、買い取っていくようなやり方だ。中小ソフトウエア企業に勤務して6年目になる男性(33)は「開発者が徹夜で働いても付加価値が認められないため、建設労働者と同様だ。決められた労賃単価も守られず、ダンピングで下請け受注することが多い」と実情を語った。

李会長は「こうした環境では、(アップルの)ジョブズ最高経営責任者(CEO)のような天才も月1200万ウォン(約78万円)程度の技術者にしかなれない。これでは到底良いソフトウエアなど生まれるはずがない」と指摘した。KTは今後、人件費の代わりに商品価値を評価し、ソフトウエア開発費を算定する。10人によって開発されたソフトウエアが100人がかりで開発したソフトウエアよりも性能が良ければ、開発人数が少なくても品質に見合う値段を付けるという意味だ。

KTはまた、ソフトウエアが完成する前でも、開発費を最大50%先払いし、資金負担を軽減する対策も講じる方針だ。このほか、1000億ウォン(約65億6000万円)を投じ、優秀な開発会社5社程度を買収し、開発者がその資金を元手にして、新たなチャレンジができるようにする構想も明らかにした。

(朝鮮日報)




はじめての管理職100問100答 (アスカビジネス)

組織を円滑に動かし、業績を上げることはリーダーに必要な条件。人を動かす力がなければ、それを達成することはできない。本書では実際に届いた疑問に100問100答形式でお答えします。はじめての管理職でも大丈夫。デキる上司になるための必携の1冊です。

★はじめての管理職100問100答 (アスカビジネス) の詳細はこちら!



[ 2011年09月30日 14:03 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

韓国の高齢者、6割が就業希望!!

2011-09-30-korea-3.jpg

韓国の55歳以上の高齢者層のうち、6割が就業を希望していることが分かった。老後への備えが不十分で、生計維持に不安を感じているためだ。これは実際の求職活動にもつながり、韓国の高齢者の経済活動参加率は、経済協力開発機構(OECD)加盟国で2番目に高かった。

統計庁が29日に公表した「2011年高齢者統計」と題する資料によると、55‐79歳の高齢人口のうち、就業を希望している人は58.5%に上った。就業を希望する理由としては「生活費をかせぐため」との回答が59.4%に達した。「労働の喜びを味わうため」と答えた人は35.5%にとどまった。

高齢者のこうした考えは実際の就業にもつながり、韓国の高齢者の経済活動参加率(11年現在)は29.4%に達している。高齢者10人のうち3人は経済活動に参加していることになり、OECD加盟国の中ではアイスランド(36.2%)に次いで2番目に高い。また、韓国の高齢者層は1日の平均労働時間が1時間39分に達し、ほかのOECD加盟国が7‐42分なのに比べ、大幅に長いことが分かった。

高齢者層の就業率が高いのは、老後の備えが不十分なためだ。65歳以上の高齢者のうち、老後の資金をある程度蓄えていると答えた人は全体の39%にすぎず、10人に6人は老後の生計に不安を抱えていることが浮き彫りになった。

(朝鮮日報)




心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

『心は鍛えるものではなく、整えるものだ。いかなる時も安定した心を備えることが、常に力と結果を出せる秘訣だ。自分自身に打ち勝てない人間が、ピッチで勝てるわけがない。』日本代表キャプテンとして、チームを勝利へ導いた男の実践的メンタルコントロール術。

長谷部誠はサッカー選手としては、特に特徴がある選手ではない。試合を決定するフリーキックが蹴れるわけではないし、突出したテクニックを持っているわけではない。だが、彼はあらゆる指揮官に重宝される日本代表の中心人物だ。それに加え、浦和レッズではタイトルを総なめにし、移籍したドイツでは、クラブチームを初優勝に導いた。そして、記憶に新しいアジアカップでのチーム優勝……。彼は一体何を持っているというのか。それは、類まれなるメンタルコントロール力にある。

心はよく「鍛える」「磨く」などと表現されるが、長谷部誠は違う。心を「整える」のだ。生活のリズム、睡眠、食事、そして、練習。日々の生活から、心に有害なことをしないように、少しでも乱れたら自分で整える。そうすることによって、いかなる試合でも、いかなる場面でも揺らぐことがなく、ピッチで力が発揮できるという。実践することはいたってシンプルながら、だからこそ、慌しい現代では意識をしないと難しいもの。力を抜いて無理なく自然体で行える姿は、まさに彼の心情が姿勢として表れている証明だろう。今最注目のアスリートのビジネスでも、スポーツでも、あらゆるシーンで応用できる新メンタルコントロール術!

★心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 の詳細はこちら!



[ 2011年09月30日 13:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp