韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  2013年10月

最新記事

「安心・安全を具体化したかった」……「GALAXY J」が追求した“日本仕様”!

2013-10-31-k028.jpg

31日、ドコモから発売されたAndroidスマートフォン「GALAXY J SC-02F」。“J”という名前からも分かるように、ドコモがサムスンと協力して開発した、GALAXYシリーズとしては初めての日本オリジナルモデルである。

同端末は、最新のAndroid OS 4.3、2.3GHz クアッドコアCPU、さらに3GBのRAMを搭載。ディスプレイも約5インチのフルHD 有機ELを採用するなど、単純なスペックだけみてもかなりハイエンドの端末であると言える。では、どういった部分が日本オリジナルなのか。NTTドコモ プロダクト部 プロダクト企画担当主査 山崎裕司氏と、プロダクト部 第二商品企画担当 寺岡淳氏に話を聞いた。

まず、日本向けモデルを共同開発した経緯について聞くと、「これまでGALAXYシリーズはどちらかと言えばリテラシーの高い先端層をターゲットとしていましたが、スマートフォン市場の裾野が広がっている中で、幅広いユーザー層にもアプローチする必要が出てきました。そこで、GALAXYの先端的な機能と、ドコモが持つ日本市場に関する知見を組み合わせて、日本を戦略的に攻略するモデルをやりたいという話になりました」(寺岡氏)とのこと。確かに、いまやスペックでの競争は横並びになってきている印象があり、ユーザーの関心を引き寄せるためには、デザインや独自機能など、スペック以外の部分で多岐に渡る工夫が必要だ。その上で、GALAXY Jに関しては「日本人が使いやすい」というところが一番のキーポイントになっている。

[ 2013年10月31日 21:59 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

技術者の新しい働き方、「技術者派遣」について考える!

2013-10-01-watasi-5.jpg

“派遣”される技術者たち

「派遣」という言葉を聞くと、総務や経理など一般事務系の仕事を思い浮かべるのが普通だろう。しかし今回取り上げる「技術者派遣」は、それとは就業する形態が異なる。

いわゆる“派遣さん”の場合、派遣として働きたい人は派遣会社(派遣元)に登録をし、そこから紹介された企業で就業する。賃金は派遣元から払われるのだが、派遣元との契約は仕事ごとに異なり、派遣先の企業から提示された就業期間が終われば業務も終了。また新たな派遣先企業が見つかるまで待機となるが、その間もちろん給与は支払われない。

ところが技術者派遣業界では、これとは異なるケースがある。技術者は派遣元の企業に“正社員”として雇用され、派遣元の企業から提示された企業に派遣されて働く。プロジェクトが終了したら派遣業務が終わるという流れは同じだが、正社員なので次の仕事が決まるまでも雇用が確保されており、給与が支給される。これは大きな違いだ。

「一般派遣」と「特定派遣」

なぜこのように待遇が違うのかというと、前に上げた例は「一般派遣(登録型派遣)」、技術者の例は「特定派遣(常用型派遣)」で、派遣の形態が異なるからだ。一般派遣はいわゆる“非正規雇用”だが、特定派遣の場合は正社員として雇用されているので、有給休暇もあればボーナスもあるし、定年もあり、退職金も支払われる。

[ 2013年10月31日 21:37 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(1)

習近平総書記:全国民に住宅を確保!

2013-10-12-ca-2.jpg

中共中央政治局は29日午後、住宅保障・供給制度の整備の加速について第10回集団学習を行った。習近平総書記は「住宅保障・供給制度の整備の加速は、大衆の基本的住宅需要を満たし、全国民に住宅を確保する重要任務を達成し、社会公平・正義を促進し、大衆が改革・発展の成果を享受できるようにするうえでの必然的要請だ」と強調した。

清華大学土木水利学部の劉洪玉教授、住宅都市農村建設部(住宅都市農村建設省)政策研究センターの秦虹研究員が問題について解説し、意見や提案を述べた。中共中央政治局の各メンバーは真剣に解説を聞き、話し合った。

習総書記は「住宅保障・供給制度の整備の加速においては、政府による公共サービスの提供と市場化との関係、住宅整備の持つ経済的効用と社会的効用との関係、必要性と可能性との関係、住宅保障と福祉の落とし穴の回避との関係をしっかりと処理する必要がある。わが国の住宅改革・整備の経験を総括し、住宅問題の解決における外国の有益なやり方を参考にし、住宅建設の法則性の問題を踏み込んで研究し、トップレベルデザインを強化し、統一・規範化された、成熟・安定した住宅供給制度の構築を加速する必要がある。あらゆる手を尽くして住宅供給を増やすと同時に、大衆の住宅需要の調節を重要な位置に据え、経済的で、使用に適した、環境保護的、資源節約的で、安全な住宅基準制度を整備し、国情にあった住宅消費モデルを提唱する必要がある」と指摘。

[ 2013年10月31日 21:09 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)

大都市住民の幸福感を下げる「高すぎる生活コスト」!

2013-10-26-k006.jpg

北京市統計局と国家統計局北京調査総隊が年初に共同で発表した統計データによると、2012年末の時点で、北京の居住人口は、前年度末比50万7千人増の2069万3千人、このうち北京で半年以上居住している流入人口は、同31万6千人増の773万8千人にそれぞれ達した。中国青年報が伝えた。

中国社会科学院人口・労働経済研究所の楊舸氏は、「データを見る限り、『北京・上海・広州』はじめ大都市への人口集中が続いており、中・小都市の人口増加率を上回っている。大都市では出生率が低いため、人口の自然増加率は低い。人口増加の主な原因は、流入人口の増加にある」と指摘した。

江西出身の楊舸氏は、大学院博士課程を修了後、都市で働くか故郷に戻るかの選択に迫られた。「故郷に戻るなら、数校ある省内の大学で教職に就くしかない。一方、北京は競争も激しいが、チャンスも多く、より多くの科学研究機関があり、キャリア発展に有利な機会も多い」と彼女は語った。

[ 2013年10月31日 21:06 ] カテゴリ:中国 | TB(1) | CM(0)

中国と拮抗するのが安倍氏にとって世界への貢献?

2013-10-21-ca.jpg

日本の安倍晋三首相は対中関係改善の必要性をぺちゃくちゃとしゃべり続けているが、口先だけで信用ならないこの政治屋は中日関係破壊の道を突き進んでいる。安倍氏は先日、ウォール・ストリート・ジャーナル紙のインタビューで、日本が中国と拮抗することで世界はより良くなり、世界への一層の貢献となるとの奇怪な論理をぶち上げた。(人民日報「鐘声」国際論評)

「釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題について、中国が法にのっとった行動ではなく、武力による変更を試みていることに対して多くの懸念がある。日本はアジア太平洋地域で経済だけでなく、安全保障分野でもリーダーシップが期待されている。日本は一層貢献することで、この世界をより良くしたい。日本が貢献する1つの重要な手段が、アジアで中国と拮抗することだ」というのが安倍氏の言い分だ。

■中国と拮抗するのが安倍氏にとって世界への貢献?

真相をはっきりさせ、是非を弁別するには、安倍氏の論理の出発点から話し始める必要がありそうだ。釣魚島問題はいかにして激化したのか?2012年9月10日は、取り返しのつかない日となった。日本政府は中国側の再三にわたる厳正な申し入れを顧みず、中国固有の領土である釣魚島及びその附属島嶼である南小島と北小島のいわゆる「国有化」を宣言した。日本は中国の領土主権を深刻に侵害しておきながらもなお、中国が強力な反撃措置を取ることはないとの幻想を抱いていたが、そんなうまい話がこの世にあるものか。

[ 2013年10月31日 21:03 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp