韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  2014年02月

最新記事

韓国経済 新興・中国スマホ400社「安売り」に狙い撃ちされる強大「サムスン」の窮地…「安売り」で日本家電を駆逐、今度は「中国」に討たれる皮肉

2014-02-28-k037.jpg
スマートフォン効果も失速、一転しCESの売りも白物家電となった韓国サムスン電子。それでも、ドラム型洗濯機で「世界最大」にこだわった=1月7日、米ラスベガス(ロイター)

家電業界に地殻変動が起こりつつある。サムスンの伸びに陰りが見え、日本の家電各社は円安などで息を吹き返した。サムスンの今後と、日本企業の復活の道を探る。

失笑あびるサムスンの「世界最大」の洗濯機

「スマートフォン(高機能携帯電話)の次は洗濯機なのか…」

1月上旬、米ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」。韓国サムスン電子のブースを訪れた関係者から失笑が漏れた。

[ 2014年02月28日 21:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

サムスン「Gear Fit」スマートバンドの第一印象--曲面ディスプレイ搭載ウェアラブル端末

2014-02-28-k036.jpg

スペイン、バルセロナ発--「Gear 2」と「Gear 2 Neo」については、サムスンが「Unpacked 5」イベントを開催する前から耳に入ってきていた。しかし「Gear Fit」は、サムスンがひそかに用意していたさらなる新製品だ。

Gear Fitはフィットネスに重きを置いたウェアラブル製品で、非常に軽量であるとともに、独特の魅力的な外観を持つ。外に出て風のように速く走るユーザーを最大のターゲットとしつつも、サムスンの「GALAXY」スマートフォンと連動させれば、ユーザーが期待するであろう通知機能に関する利点をすべて与えてくれる。

デザイン

[ 2014年02月28日 21:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

韓国経済 サムスンの新スマートウオッチ、OSはTizen

2014-02-28-k035.jpg

Samsung Electronicsは、同社の最新ウェアラブル機器のOSにAndroidを採用しないことを選択した。今後、スマートウオッチやフィットネス用リストバンドなどの分野にその影響が及ぶとみられる。

Samsungは、「Mobile World Congress(MWC 2014)」(スペイン バルセロナ、2014年2月24~27日)において、同社の新型ウェアラブル機器として、スマートウオッチ「Gear」と「Gear Neo」、フィットネス用リストバンド「Gear Fit」の3機種を発表した。同社が以前に発表していた旧モデルのスマートウオッチ「GALAXY Gear」は、Android OSを搭載していたが、今回の新製品のOSはAndroidではない。Gear FitはリアルタイムOS(RTOS)を、GearとGear NeoはTizenを、それぞれ採用しているという。Tizenは、SamsungとIntelが中心となって開発を進めてきたLinuxベースのOSで、Androidの置き換えを狙って2011年に投入されたものだ。

[ 2014年02月28日 21:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

日本カジノに米サンズが100億ドルの賭け、巨大市場にらみ先陣争い

2014-02-28-k034.jpg

[東京/マカオ 28日 ロイター] -世界各地でカジノホテルを展開する米ラスベガス・サンズ(LVS.N: 株価, 企業情報, レポート)のオーナー、シェルドン・アデルソン氏が、カジノ解禁に動く日本でのビジネスチャンスを虎視眈々と狙っている。

総額100億ドルに及ぶ「ライバルが太刀打ちできない」(同氏)規模の投資方針を打ち出し、手つかずの巨大カジノ市場の日本でいち早く主導権を握ろうという思惑だ。すでに自民党議員らに積極的に売り込みを図っている同氏だが、その勝算の行方はまだ見えていない。

日本のカジノ構想は過去10年以上の間、浮き沈みを繰り返してきたが、その機運はいま、これまでにないほど現実味を帯びている。自民党などは昨年末、カジノ解禁を含めた特定複合観光施設(IR)の整備を推進するための法案を国会に提出、今年5月の大型連休明けに審議入りする見通し。同法案が予定通り国会を通過すれば、「IR実施法」の法制化に向けた作業が始まる。順調に手続きが進めば、カジノ第1号は2020年の東京オリンピックに間に合うタイミングで実現する可能性がある。

[ 2014年02月28日 21:24 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

サッポロHD、北米ビール市場で投資時期にらむ

2014-02-28-k033.jpg

サッポロホールディングスで国際酒類事業を行うサッポロインターナショナル(東京都渋谷区)の次期社長に内定した岩田義浩取締役・経営戦略部長は28日、ロイターとのインタビューで、今後2―3年で北米での生産能力増強やブランド強化などの検討を進める方針を明らかにした。

米国やカナダのビール市場ではスタンダードビールが漸減傾向にある一方で、クラフトビールが人気化するなど潮流に変化が生じている。こうした市場の変化もにらみながら、投資を決めていくという。

<米国もうひとつのブランド保有も>

[ 2014年02月28日 21:21 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp