韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  2014年03月

最新記事

「iPad向けOffice」登場の大きな意味 巨人が取り組む2つの変化

2014-03-28-k025.jpg

本連載は、GAFAに関するトピックを1つないし複数採り上げながら、米国・シリコンバレーを中心とするIT事情を定点観測的にお伝えしていく。今回はマイクロソフト。同社は3月27日に開催したプレスイベントで、iPad・iPhone向けのビジネスアプリ「Office」を披露した。業界で進行する2つの大きな流れを、ソフト業界の巨人がどのように乗りこなすのか。

■Officeはどう変化するか

マイクロソフトが発表したiPad向けOffice。同時に、iPhone・アンドロイド向けのOfficeも公開している。後者は日本でもダウンロードできるが、発表の段階でiPad向けOfficeは日本のApp Storeからダウンロードすることはできない。しかし手元のiPadでは、日本語化はされており、遠くないタイミングで日本でも利用できるようになるだろう。

[ 2014年03月31日 22:18 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)

「朝ズバッ!」後継「あさチャン!」に不満の声続々 「報道色」が消え、エンタメとスポーツ重視?

2014-03-31-k020.jpg

人気フリーアナウンサーの夏目三久さん(29)と明治大学教授の齋藤孝さん(53)が司会を務めるTBS系の新情報番組「あさチャン!」(5時30分~8時)が2014年3月31日にスタートした。

前番組の「朝ズバッ!」から9年ぶりの改編とあり、発表時から期待が高まっていたが、いざ始まってみると視聴者の反応は厳しいものが少なくない。特に「朝ズバッ!」に慣れ親しんだ人たちからの不満がインターネット上に数多く書き込まれている。

7時台に「EXILE」「テゴマス」ネタ紹介

[ 2014年03月31日 21:30 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)

真央に世界中からオファー殺到

2014-03-27-mao-1.jpg

フィギュアスケートの世界選手権、女子シングルで4年ぶり3度目の優勝を果たした浅田真央(23=中京大)が“超モテ女”ぶりを発揮している。長く、過酷なシーズンを終えた真央は30日、引退か現役続行かについて、これまで通り「ハーフ・ハーフ(五分五分)」と明かした。まずは休養して最終判断する意向だが、どんな決断に至っても周囲からは「大歓迎」が約束されているようで…。

世界選手権優勝から一夜明け、真央が揺れる胸中を明かした。現役続行か引退か、今後については「やっぱりハーフ・ハーフ」と現時点では未定だという。「最終的に(決めるの)は自分。自分がやるか、やらないか。しっかりやるなら覚悟が必要。決意できればやるし、湧き上がってこなければできないと思っている。今は少し休養が必要かな、と思う」と話した。

[ 2014年03月31日 21:13 ] カテゴリ:スポーツ | TB(0) | CM(0)

韓国は日本に侵略されたの?

2013-10-13-wa.jpg

また韓国が「歴史問題」で日本に文句をいっています。安重根というテロリストの記念館をつくるとか映画をつくるとかいう話について、日本の菅官房長官が「犯罪者だ」といったのに対して怒っているようですが、これは菅さんが正しい。

1909年に伊藤博文が安重根に暗殺されたとき、大韓帝国は日本の保護国(実質的な支配下にある国)でした。日本は統監府を置いて伊藤が統監になり、第3次日韓協約で韓国の軍隊を解散させました。つまり暗殺事件が起こったときは、韓国は日本の領土だったので、この事件は「抗日戦争」ではなく単なる殺人事件であり、安は犯罪者として処刑されました。

よく「日本が韓国を侵略した」と思っている人がいますが、日本が韓国を戦争で侵略したことはありません。朝鮮半島は日清戦争で日本の支配下に入り、日露戦争でその支配権が国際的に承認されました。そして1910年の日韓併合で、韓国は正式に日本の領土になったのです。これは戦争で強制したのではなく、両国の合意のもとに条約で正式に行なわれました。

[ 2014年03月31日 21:01 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)

消費増税を急げば、財政健全化はできるのか…再びデフレリスクを抱えてしまった、日本経済

2014-03-22-abe.jpg

2014年1月から日本株市場の停滞が続いていることもあって、アベノミクスに対する批判をメディアで見かけることが多くなっている。マーケットが荒れると、「アベノミクスの化けの皮がはがれた」などというお決まりのフレーズが増えるのは、2013年半ばから繰り返される「風物詩」ともいえる。

「アベノミクス批判」のウラにあるもの

2014年前半は、消費増税による景気減速が予想されることもあり、投資家の暗鬼はなかなか晴れないかもしれない。2013年に経済・金融市場の姿を変えたアベノミクスの成果をすっかり忘れ、「アベノミクスを気に入らない」人達の声はしばらくヒートアップするのだろう。そうした人達の一部は、2013年の大相場にまったくついてこれなかった方々、あるいはまったく興味がなかった方々なのだろう。

[ 2014年03月31日 20:31 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp