韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  2016年02月

最新記事

【韓国経済】「韓国危機論」は本当か?

韓国南東部の都市・蔚山ウルサン広域市。現代自動車、現代重工業などの大規模な工場が集まる産業都市だ。韓国経済躍進の一翼を担った蔚山が今、不況の波をもろにうけている。飲食店や小売店をたたむ動きが相次いでいるのだ。

韓国の日刊紙「中央日報」は2016年1月、蔚山の現状をリポートした。ある飲食店は、以前は木曜と金曜の夕方には15卓のテーブルが常に埋まっていたが、今年に入って急にお客が減少。お客の大部分は現代重工業に勤める人たちで、同社の業績が大きく落ちた昨年末から状況が変わり、予約のお客が来なくなったという。その店の女性店主は「以前は午後11時まで店を開けていたが、今は遅くまで営業する理由がない」と嘆いている。記事は韓国製造業の心臓である蔚山が「病んでいる」と伝えた。 私が聞いた話では、好況の時は各地から流入する労働者を受け入れるため、蔚山にワンルームマンションがどんどん建てられたが、近年はめっきり空室が増えたという。

韓国では2011年以降、実質GDP成長率が2~3%台で推移し、15年は2.6%(速報値)になった。16年は3.0%と予測されている(数字は韓国銀行)。最近で最も好調だった10年は6%を超えていたが、そんな時代は遠い昔のことのようだ。低成長が長期化する様相を見せるとともに、世界市場で躍進したサムスン電子や現代自動車などの大企業の業績が悪化したため、一部で「韓国危機論」が叫ばれている。

[ 2016年02月29日 19:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)

中国なら3カ月でできる立体交差工事、日本ではなぜ3年かかってもできないの?

2003年の着工から12年以上が経過した現在もなお、完成に向けた工事が続いている「立体交差」がある。それは、東名高速道路横浜町田インターチェンジ付近の立体化工事だ。国道どうしの交差点における大規模な立体交差工事ゆえ相当な時間が掛かっているようだが、もしこれが中国だったら果たしてどのくらいで完成してしまうのだろうか。

日本で生活する中国出身の人のなかには、「日本ではどうしてそんなに工事に時間がかかるの?」と考える人もいるようだ。中国メディア・捜狐に27日に掲載された文章でも、作者が同様の疑問を抱いたことを伺い知ることができる。

文章では、すでに都市開発が済んでいる日本で工事現場を見ることは少ないとする一方で、「家の近くにある長さ2キロメートルほどの鉄道区間で立体交差工事を進めているが、中国なら2、3カ月で完成しそうなのに3年経ってもまだやっている」と紹介。作業効率が悪いという理由も確かにあるとしつつ、同時に粉じんや騒音、ゴミに対する規制が厳しいという事情にも言及している。

[ 2016年02月29日 18:52 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(2)

「日本は中国に質の劣る品を売り、不当に儲けている」わけではない

中国メディアの新浪網は29日、「同じブランドを異なる国で買う。効果はどうして違うのか?」と題する記事を掲載した。同記事は主に、日本のスキンケア商品や化粧品を取り上げて解説した。

中国では「日本企業は自国向けには品質が最もよい製品を売る。輸出品は質の劣るもの」、「1級品は日本市場向け、2級品は欧米や香港・台湾向け、3級品は中国や東南アジア向け」と論じ、さらに「品質を変えることで、不当な利益を得ている」と“陰謀論”を展開する人もいる。 記事は日本ブランドの化粧品について、「売られている国により成分などが異なる場合はある」と論じた上で、その理由はメーカー側の商道徳の問題ではなく、最大の理由は「各国政府が設けている基準が異なるから」と説明した。

ただし、ネット通販をしている業者が上記の理由を挙げる場合には「偽商品の可能性がある」と指摘した。 また、一部の中国人が信じている、「化粧品やスキンケア製品について日本のメーカーは、改良されたタイプのものを薬用、医薬部外品として、日本国内で販売する」との『噂』をも否定。日本では法律により「化粧品」と「薬用化粧品」が分類されており、基準もはっきりと定められていると紹介した。

[ 2016年02月29日 18:43 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

【韓国経済】SKハイニックス、3次元NAND型フラッシュメモリー量産…世界で2番目

SKハイニックスが3次元(3D)NAND型フラッシュメモリー半導体の量産に入った。サムスン電子に続き世界で2番目だ。3次元NANDは情報を保存するセルを水平ではなく垂直に積み重ねて容量とスピードを大幅に改善した製品だ。

SKハイニックスは最近、忠清北道清州市(チュンチョンブクド・チョンジュシ)のM12生産ラインで36段の3次元NANDの量産を始めたと28日明らかにした。ウエハーを工程に投入して1カ月半ほど後の4月初めに最初の製品が出てくる。競争会社である日本の東芝や米国のマイクロンはまだ3次元NANDを生産することができずにいる。 会社関係者は「今年の年末には48段の3次元NANDの開発を終わらせて生産できる」としながら「72段製品も開発している」と話した。SKハイニックスはDRAM市場では世界2位だが、NAND市場では5位にとどまっている。

SKハイニックスは最近、平面NAND型フラッシュメモリー製品も14ナノメートル(1ナノメートル=10億分の1メートル)微細工程を通じて生産を始めた。14ナノメートル微細工程の導入はサムスン電子には9カ月ほどの遅れをとったがマイクロンよりも先行している。
中央日報
http://japanese.joins.com/article/627/212627.html?servcode=300§code=320

[ 2016年02月29日 13:24 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)

【韓国経済】中国の韓国の企業買収150%増 韓国大企業の新事業合併は42%減

2015年の1年間、中国企業の韓国企業の買収が前年より150%急増した。一方、国内の財閥企業が新事業進出の目的で他の企業を買収合併した件数は42%減少した。

公正取引委員会は28日、こうした内容を骨子とする「2015年度企業結合(合併・株式取得・営業譲受等)の動向と特徴」を発表した。今回の資料は2015年の1年間に公取委が審査した企業結合事案を対象とする。

昨年、外国企業が国内企業を買収したことによる企業結合申告は合わせて32件(5兆1千億ウォン=約4678億円)で、このうち中国企業の韓国企業の買収は10件(1兆6千億ウォン=1467億円)で最も多かった。中国企業の韓国企業買収は2014年の4件(6千億ウォン=550億円)に比べ、件数では150%、金額では167%急増した。代表的なのが私募ファンドPAGACのヨンシルオプ(玩具)の買収、ドシリコンのフェデリックス(半導体部品)買収、蘇寧ユニバーサルメディアのレッドローバー(アニメーション製作)とFNCエンターテインメント(芸能企画)買収、香港DMGグループのチョロクベム・メディア(放送番組製作)の買収などが行われた。公取委は「韓国製造企業の保有技術を確保し、韓流ブームの影響で韓国放送コンテンツ市場に進出するの主な目的のようだ」と分析した。

[ 2016年02月29日 13:08 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp