韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「核防護法」不発…朴大統領、“手ぶら”で核サミットへ

「核防護法」不発…朴大統領、“手ぶら”で核サミットへ

2014-02-27-pak-kunhe.jpg

韓国民主党が21日、原子力防護防災法案(核防護法)の処理を拒否した。朴槿恵(パク・クネ)大統領は“手ぶら”で24日にオランダ・ハーグで開催される核安全保障サミットに出席する。

韓国は2012年会議の開催国として核テロ抑止協約と核物質防護協約の批准を公約した。朴大統領は24日の開幕式で、直前会議議長国の首脳として2つの協約の進行状況などを演説する。しかし国際批准を約束しながらも、国会の“怠業”で国内法さえも通過させられない状況だ。

与野党はこの日、本会議を控え、それぞれ議員総会を開いた。セヌリ党の崔炅煥(チェ・ギョンファン)院内代表は「厚かましい第1野党にあきれる」とし「民主党の変化を引き出すと断言した安哲秀(アン・チョルス)議員もこれに沈黙すれば、新しい政治を話す資格はない」と述べた。黄祐呂(ファン・ウヨ)代表は安議員に対し、「本会議場で討論しよう」と提案したが、安議員は応じなかった。

民主党も核防護法には同意している。しかし放送法改正案を同時に処理しなければ、すべての議論を拒否するという立場に固執した。キム・ハンギル代表は「国会は大統領の指示に服従する通法府ではない」とし「(放送法と)一括処理するべきだ」と主張した。田炳憲(チョン・ビョンホン)院内代表は「核防護法案と放送法改正案のワンショット処理は当然だ」とし「同時に処理できないというのは、すべてのものを得ようという欲張り」と話した。

野党指導部は法案処理の最後の機会だったこの日、本会議が開かれた時間に、新政治民主連合の仁川市党創党大会に参加した。民主党が主張する放送法改正案には、違憲の余地がある条項が含まれている。民間放送局の編成権を侵害する内容だ。

可能性は薄いが、週末の水面下交渉で24日午前までに妥結すれば、国際的な恥は避けることができる。ハーグと韓国は8時間の時差があるからだ。しかしセヌリ党の曺海珍(チョ・ヘジン)議員は「大統領が会議場に入場する直前までに法案を通過させる考えがあるのか尋ねたが、『期待するな』という返答を聞いた」と伝えた。

韓米防衛費分担特別協定(SMA)批准同意案も悩みだ。野党の反対のため批准されず、3カ月近く無協定状態だ。防衛費分担金の90%は在韓米軍に勤務する韓国人勤労者の賃金と軍需サービス、建設代金など形で韓国経済に還元されるというのが、外交部の説明だ。現在、米軍側が臨時資金で勤労者の賃金を支払うと主張するなど非正常的な状況だ。こうした負担を抱えて朴大統領はハーグでオバマ米大統領と会う。

中央日報
http://japanese.joins.com/article/260/183260.html?servcode=200§code=200


最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2014年03月22日 13:31 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL