韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  アップルが音楽サーヴィスで新展開

アップルが音楽サーヴィスで新展開

アップルがヘッドフォンビジネスと合わせて定額制音楽ストリーミングサーヴィス「Beats Music」を3,000億円で買収して6ヶ月以上が経過した。やっと公開されたアップルの新しい定額制音楽ストリーミングサービスは、現状のBeats Musicを発展させたものではなく、全く新しいデザインとサービス内容に、Beatsの技術とコンテンツを連携させたコラボレーションになるとのこと。サービス名はまだ決定していませんが、このサービスはiOS、iTunes、Apple TVとの連動にフォーカスされているという。

現在アップルではiPad、iPhone、iPod Touch向けのアプリ開発と、Beatsの機能を連携させたiTunesのアップデートを開発中だ。新しいサービスはクラウド型音楽ストリーミングにiOSまたはコンピューターのローカルライブラリーに保存した曲を連携させた内容になる。ユーザーは新しい検索機能でiTunesライブラリーの曲だけでなくBeats Musicのカタログも検索でき、どちらからも音楽を再生ができるようになるという。ユーザーは好きな曲をiOSやコンピューターに保存することも、クラウドに全ての楽曲を保存し再生することが選べるようになるとのこと。

一部で大きく賞賛されていたBeats Musicの黒と赤のインターフェースは、アップルのiTunesとMusicアプリに揃えるようにデザインが刷新される予定だ。アプリ上では既存のBeats Musicユーザーが新サーヴィスに移行できるようにApple IDとの連携を行い、さらにライブラリーの移行には「iTunes in the Cloud」上のコンテンツとの統合を行うという。興味深いことにアップルはiTunes Match、iTunes Radio、iTunes ストア全てを現状のまま残すとしている。

アップルはBeats Musicと同様にフリーのストリーミングは提供しないが、有料プランは競合が提供している月額9.99ドルの価格帯より比較的安い月額7.99ドルで提供されると情報ソースは伝えている。音楽ストリーミングでは、SpotifyもRdioもBeats MusicもGoogle Play Music All Accessもすべて月額9.99ドルの有料プランを提供しているが、Beats Music以外のサービスは無料で聴けるフリープランも提供している。新しい定額制音楽サーヴィスはアップルとして初めてAndroidへも展開するようだ。Androidアプリの開発はアップル社内のエンジニアが行っており、買収したBeats MusicはすでにAndroidアプリもリリースしているという。


アップルはBeats Music買収の狙いが音楽ストリーミングサービスを開発できる人材を獲得する事にあると言われていた。新しいストリーミングサービスのプロジェクトを指揮しているのは、iTunes担当副社長、ロバート・コンドリック(Robert Kondrk)。アップルに25年近く勤務するベテランで、CEOのティム・クックやマーケティング担当上級副社長のフィル・シラーと同年代の一人だ。

その他にはBeats Musicの前CEOイアン・ロジャース、共同創業者でメジャーレーベル「インタースコープ・ゲフィン・A&M」の前CEOジミー・アイオヴィン、「ナイン・インチ・ネイルズ」のトレント・レズナーも、アップルの新ストリーミングサーヴィスのプロジェクトに参加している。

「Beats by Dre」ブランドで広く知られたヘッドフォンやオーディオ機器は、iPhoneやiPadとのモバイルデヴァイスと相性が良く、また持ち運びたくなるファッション性の高い製品に通じるデザイン哲学でもアップルと共通するところが多くある。「音楽サービスだけがすべてではない」。ヘッドフォンが加わることで、ハードウェアとソフトウェアを両側から開発していくことができる、アップルが成功してきた戦略に、新しい音楽サービスへ向かっているのだろうか…。
9to5mac
http://9to5mac.com/2015/02/04/apple-beats-cheaper-android-ios/

2015-02-07-ap.jpg

【管理人コメント】

情報では、Beatsの機能連携は思ったように進んで無いと伝えている。「新サーヴィスの開発は酷い状況」と言っている。さらにBeats Musicの社員をプロジェクトの中核に置く人員配置にアップル社員も不満を感じており、ベテランのアップル社員で、Beats Music担当上級副社長に任命されたアップルのエンジニアリング部門トップのボビー・ガザ(Bobby Gaza)氏は2014年12月にアップルを退職したというが…。。。

アップルの改革の厳しさを語っているようだ…。

Appleが現在開発しているのは、Beats MusicアプリをベースとしてiPhone・iPad・iPod touchなどで使用できる音楽アプリの他、iTunesからもBeats Musicベースの音楽ストリーミングサービスが楽しめるようになる事のようだ。

さらに、Apple TV向けにもアプリケーションがリリースされる見込みとしている。
プロジェクトは動いて進んでいるようだが…。。。

Appleが年次開催している6月のWWDCでは、過去にiTunes MatchやiTunes Radioといった音楽サービスが発表されてきたので、今年のWWDCでAppleの新しい音楽ストリーミングサービスが発表される、ということも十分にありるとしている。

やはり、iPhoneだけではと言う不安と、自社のサービスの連携がなければ完成しないという思惑も見える。
OSと音楽配信に、アプリ配信と、3Dソフトも開発し、ゲームにも力を入れるだろう。

音楽配信と、それを聴く楽しみと、今後はゲームなどの遊ぶ楽しさや、3Dの美しさを融合した画期的なゲーム開発も実施すれば、向かうところ敵無しだが、それを自社のTVと融合し、スマホ・IPAD・MAC・TVと連携を何処まで高めるのかが今年のテーマなのだろう。

様々な革新的な思いは無限大と言う事か…。。。



関連記事

ブログパーツ
[ 2015年02月07日 20:46 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp