韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  オバマ大統領、朴槿恵大統領に下半期の訪米を招請

オバマ大統領、朴槿恵大統領に下半期の訪米を招請

朴槿恵(パク・クネ)大統領がバラク・オバマ米大統領の招きで下半期にもホワイトハウスを訪問し、首脳会談をするものとみられる。

AP通信などが6日に報じたもので、ホワイトハウスのスーザン・ライス国家安保補佐官は、「朴槿恵大統領に年内に米国を訪問するよう要請した。中国の習近平国家主席と日本の安倍晋三首相、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領ら他のアジア各国首脳の年内訪米も推進している」と話した。

ライス補佐官は、「アジア各国の首脳をホワイトハウスに招くのはオバマ政権のアジア重視戦略によりこれらの国との関係を増進するためのもの」と説明した。駐米韓国大使館も「現在米国政府と朴大統領の訪米問題を協議している」と明らかにした。

韓国政府関係者によると、朴大統領の訪米時期は下半期になる見通しで、形式は公式訪問または公式実務訪問になる見込みだ。朴大統領は2013年5月に初めて公式実務訪問として訪米し、オバマ大統領との首脳会談や米議会で上下院合同演説を行った。
(中央SUNDAY第413号)
http://japanese.joins.com/article/389/196389.html?servcode=A00§code=A20


2014-01-23-abe-1.jpg

【管理人コメント】

安倍談話の発表後という日程だ。
その前の方が良いのではないか…。。。

安倍談話は内容がどうであれ、揉めることになる。

安倍総理の談話と言う事だけで騒ぎ立てるだろう。
韓国は五月蠅く騒ぐのではないか?

オバマの実権が無くなってからの訪米というのもさえない話しだが…。。。
その頃には朴槿恵大統領の支持率は雀の涙にもみたないのではないか…。。。

習近平は、安倍総理がODAを終了しなければ、ともに訪米となるだろう。
その前に日中首脳会談が実現すればの話しだが、水面下では動いているだろう…。

中国の今の経済状況では、安倍総理と首脳会談を実施する可能性は高まったと言えるが…。
高まってはいるが実施するかどうかは、不透明だ…。。。

中国にとってODAの話は聞きたくはないだろうから…、どうなる事やら~。



関連記事

ブログパーツ
[ 2015年02月08日 19:52 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp