韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  ミッシェル夫人を日本に呼んだ「キャロラインの力」

ミッシェル夫人を日本に呼んだ「キャロラインの力」

オバマ米大統領のミッシェル夫人が来月中旬、日本を個人的に訪問するのは、キャロライン・ケネディ駐日米国大使が招待したことによるという。ミッシェル夫人は、ケネディ元大統領を称えて、ケネディ家が設立したケネディ財団と早稲田大学が共同主催するシンポジウムに招待され、ケネディ大使も個人的に出席を要請したと、ワシントンの外交消息筋が16日、伝えた。

2009年のオバマ大統領就任後、ミッシェル夫人が日本を訪問するのは初めて。2人の娘、マリア(17)とサーシャ(14)も同行する。ミッシェル夫人は昨年4月、オバマ大統領が日本を国賓訪問した時、娘たちの学業を理由に同行しなかった。昨年11月のオバマ大統領の中国国賓訪問の時も同行しなかった。

ミッシェル夫人が今回、2人の娘と日本を訪問するのは、米民主党内でかなりの影響力を持つケネディ大使の力だと、ワシントンの外交関係者は見ている。ミッシェル夫人は京都を訪れ、安倍晋三首相の昭恵夫人と面談する予定だ。日本側は、安倍首相の訪米前なので、日米同盟を示す象徴的イベントとする可能性が高い。

一方、ミッシェル夫人は韓国に来る機会はなかった。オバマ大統領は4度訪韓したが、ミッシェル夫人は一度も同行しなかった。朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が2013年5月に米国を訪問してオバマ大統領に会った時、ミッシェル夫人はワシントン市内の書店で開かれた著者サイン会に出席した。

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015021877488


2015-02-18-k001.jpg

【管理人コメント】

首相夫人も大統領夫人も、国のTOPの婦人というのは外交にしても、一見自由奔放に見えるが、その影響力は大きいだろう。朴槿恵大統領は結婚していないことで、ミッシェル夫人も気を遣ったのではないかと考えれば、綺麗な言葉になるだろう。会いたくはないとは言えないだろう…。。。

キャロライン・ケネディ駐日米国大使の人気が高かったが、最近はすっかり忘れかけていたが、彼女の有効利用と言うと言葉が悪いのだが、日米同盟を強固にする鍵であるから、もっと親密になり、韓国のくだらん米国の慰安婦問題などについても言及してほしいものである。

女性から見た歴史認識は、日本とアメリカをより親密に出来るだろうと信じたい。
日本とアメリカが敵として戦い、今はアメリカ管理下から離脱し、独自の集団的自衛権により国を守ろうとしている。

前記事で集団的自衛権が戦争に向いているというコメントが出ましたので、少し言及します。
集団的自衛権により国を守るというのは、戦争に向くわけである。戦い争うという言葉通りである。しかし重要なのは、領土を守る事。そして自国民を守る事にある。安倍総理は同盟国や友好国という意味が含まれている。これが問題である。つまり状況下によるわけで言葉で表しにくい。 同盟国を自国民と同じという意味合いで考えないとならないのには賛否両論があるだろう。自国を守るは領土を守り、自国民を守る事であるから、中国が侵略してくれば戦うしかないと言う事になる。 またアメリカが日本を守ってくれるという部分は、アメリカ管理下からの離脱を明言してはいないが戦争責任終了とともに、アメリカから守られる時代は終了した。今後は日米同盟として、当然自国の問題は日本が中心となるだろう。現状の米軍は日米安全保障条約が1回改訂されており、曖昧な部分が多い。従って、現段階では尖閣諸島を守る為に在日米軍が必要となるが、今後は集団的自衛権による日本主導の日米同盟軍として行動するだろう。重要なのはアメリカ管理下から、自国の在日米軍は日本主導に切り替わると言う事である。(現段階では一部分のみ)この件についてはまた別の機会にお話しします。

と言う事で女性の力も重要となる訳であるから、ミッシェル夫人と昭恵夫人にも関心を寄せたいところだ。



関連記事

ブログパーツ
[ 2015年02月18日 10:22 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp