韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】1997年は「急性疾患」、現在は「慢性疾患」となった韓国経済

【韓国経済】1997年は「急性疾患」、現在は「慢性疾患」となった韓国経済

最近韓国の経済状況が1997年のアジア通貨危機直前に似ていると懸念する声が一部から聞かれる。当時も今も円安で企業の輸出競争力と採算性が低下し、負債問題が深刻化している点で似ている。通貨危機直前には企業の負債が膨らみ、現在は家計債務が膨らんでいる。

さまざまな改革が遅れている点も似ている。96年には国際基準に合わせ、労働市場の柔軟性を高めるために政府が推進した労働法改正をめぐり、ゼネストが起きるなど混乱した。現在は労働改革5法、サービス産業発展基本法、企業活力向上特別法(ワンショット法)など構造改革法案が野党の強硬な反対に遭い、国会審議が難航している。 中国と日本に挟まれた韓国経済の立場も共通だ。97年には先進国と中国に挟まれる状況を例え、「ナッツクラッカー」という単語が流行した。その単語が最近は中国と韓国の技術格差縮小をきっかけに再び使われるようになっている。

とはいえ、韓国経済が97年当時の通貨危機や金融危機に陥る可能性を主張する専門家は少ない。危機の性格が異なるからだ。康奉均(カン・ボンギュン)元財政経済部(省に相当)長官は「現在の危機の本質は日本が1990年代前半に経験したような長期不況と低成長という構造的危機だ。連鎖的な企業破綻で金融市場で不良債権が膨らんだ97年とは状況が異なる」と述べた。

スポンサードリンク
全光宇(チョン・グァンウ)元金融委員長も「97年の通貨危機はウイルスがアジアを襲い、相対的に経済のファンダメンタルズ(基礎体力)が弱かった韓国がやられたものだ。現在は中長期的な観点で急成長してきた韓国経済に早期老化現象が生じている状況であり、危機の性格が異なる」と指摘した。

97年の通貨危機は慢性的な経常収支赤字で外国為替市場に介入する実弾(外貨準備高)が不足したことで起きた。通貨危機が起きる直前の94-96年に韓国は総額390億ドルの経常収支赤字を出した。しかし、現在は反対に不況でも経常収支は大幅な黒字で、経済体力に比べウォンが過大評価されていることを懸念している状況だ。46カ月連続の貿易黒字、過去最高の貿易黒字を更新しているさなかにある。外貨準備高は10月現在で3696億ドルに達し、世界6-7位で推移している。通貨危機直前の96年の外貨準備高が332億ドルにすぎなかったのに比べ、外貨を十分蓄えている状況だ。

無理に借金を重ねて事業を行ってきた企業の経営風土も大きく変わった。96年の企業の負債比率は335.61%で、通貨危機が起きた97年には424.64%まで上昇。当時の30大財閥の負債比率は519%に達した。これに対し、14年現在の企業の負債比率は134%で、借入金依存度も32.2%に低下した。このため、外部から韓国に対する視線も変わった。20年前に海外メディアは韓国の弱点を取り上げ、通貨危機の可能性を指摘したのに対し、現在の韓国は世界的な危機にも比較的強いという見方が少なくない。

2015-05-29-wa-2.jpg

こうした根本的な相違点があるにもかかわらず、20年前と比較し、韓国経済危機論が浮上する背景には、慢性疾患だらけの危機不感症に対する警戒感がある。康奉均元財政経済部長官は「通貨危機が急性疾患だったとすれば、現在の危機は人間で言えば肥満や成人病のような慢性疾患であり、20年前のように一気に崩壊することはないが、むしろ治療は難しいかもしれない」と述べた。

韓国開発研究院(KDI)のチョ・ドンチョル首席エコノミストは「現在の経済状況は通貨危機当時のように実体経済が短期間に衝撃を受け、大きく縮小する危機ではないが、経済の青写真を描きにくいという点でもう一つの危機だ。通貨危機当時には『克服すれば明るい未来が来る』という希望があったが、現在はそういう希望が不足している」と分析した。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 ヤン・モドゥム記者
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/30/2015123001628.html

【管理人コメント】
ここにきて朝鮮日報が経済低迷記事を多数掲載するようになった。
反日の代わりに低迷する韓国経済と題し、連発シリーズとなっている。

だが、だれの目で見ても低迷する韓国経済の予想は、わかるのではないか…。
いつまでも良い時は続かないが、良い時でも平均年収は日本の半分である。

しかし私の調査では、一人当たりの売り上げは日本と変わらない。
つまり利益が日本の半分というわけである。付加価値が半分では、単純に現状の倍売上ないと駄目だろう。
或は付加価値を二倍に高めるとか…。。。もっとも付加価値は特許等であるから難しい。

一人当たり日本と同じようにU売るという部分で、その数量が減少しているわけで、尋常ではない。
という事を報じないと危機感は表れないのではないか…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2015年12月31日 11:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(4)
まだ勘違いしている韓国経済
「20年前のように一気に崩壊することはないが、むしろ治療は難しいかもしれない。」これは逆である。
20年前は中国は、まだ韓国にとって無視できる未熟な存在であったが、今や、中国は韓国を抜き去り、脅威そのものであるし、また日本も円安で潜在技術力にプラス経済力で韓国に対して脅威と成っている。
今回は、20年前とは違って韓国経済は低迷では無く、崩壊となる。
韓国の頼みのサムスン、現代財閥は本社を中国に移転し、韓国の工場を閉鎖するだろうし、他の財閥は倒産するだろう。
結果、韓国には何一つ残らない。
そして、在韓米軍、在韓米国企業、在韓日本企業の撤収が続き、老朽化した廃墟のみが韓国に残るだろう。
これが、嘘で塗り固められた韓国の明日の姿である。
韓国ま2016年から一気に崩れ落ちるだろう。
自業自得である。
[ 2015/12/31 12:35 ] [ 編集 ]
スワップは必要なし
<現在の韓国は世界的な危機にも比較的強いという見方が少なくない。

 それじゃ何も問題ないね、日本にスワップをお願いするな!
[ 2015/12/31 23:29 ] [ 編集 ]
一人当たりのGDPと年収
管理人さんの記事勉強になりました。最近日韓の一人あたりのGDPが差がほとんどなく、もうすぐ逆転するとよく読みますが、年収は違うんですね。付加価値の差なんですね。ウォンが過大評価されてドル換算のGDPが上がれば上がるほど輸出依存の韓国人の生活は悪くなるというパラドックスなんですね。記者たちもその辺気づいているのか、政権に配慮して書かないのか。
[ 2016/01/01 00:26 ] [ 編集 ]
財閥の付加価値は、日本企業より高い
 国内寡占により高い利益率を確保している。
日本より電気代も安いし、韓国政府の補助金、税額優遇などあり。

その結果、付加価値は日本企業より高い

現代自動車ソナタの韓国販売価格は米国の1.3倍
サムソン ギャラクシーの韓国販売価格は米国の1.4倍
[ 2016/01/01 08:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp