韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  日本への怒りが国内に逆流、われわれ韓国人は愚かなのか

最新記事

日本への怒りが国内に逆流、われわれ韓国人は愚かなのか

韓国政府の従軍慰安婦問題妥結について、野党代表は「政府は10億円で韓国人の魂を売ってしまった」と言った。彼は本当に「韓国人の魂が日本に売られた」と思っているのだろうか。いや、そうではないだろう。私は野党代表と同じように、今回の妥結内容に同意していない。しかし、尊重はする。何よりも、元慰安婦のためにしてきた韓国人の長年の奮闘が、韓国社会の分裂と反目で締めくくられるのが悲しいからだ。

慰安婦問題が争点に浮上して25年になる。元慰安婦の金学順(キム・ハクスン)さんの歴史的証言が飛び出したのは1991年のことだ。慰安婦問題の解決策を探る過程は、部分と全体を同時に見なければ虚像に執着することになる。92年、日本の首相が初めて謝罪し、93年には日本政府が慰安婦動員の強制性を認めて正式謝罪した河野談話が発表された。盧泰愚(ノ・テウ)政権と金泳三(キム・ヨンサム)政権の成果だった。日本が元慰安婦に謝罪していないと思っている人に、私は河野談話をよく読むよう勧めている。慰安婦問題解決の2つの軸を謝罪と賠償とするなら、そのうち1つは解けたとして前進すべきだった。

この談話以降、韓日慰安婦協議は十数年を経て、李明博(イ・ミョンバク)政権・朴槿恵(パク・クンヘ)政権で再開された。金大中(キム・デジュン)政権と盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は慰安婦問題を外交の争点にしなかった。1998年、「訪日時に慰安婦問題を首脳会談で取り上げてほしい」と元慰安婦たちが要求したが、金大中大統領はこれを受け入れなかった。これについて、与党は今、「あなた方(現野党)は何をしていたのか」と非難する。不当な非難だ。慰安婦問題よりも重要な時代的課題があったからだ。政治とは、その時代の最大の価値を選別して進めていくものだろう。


スポンサードリンク

しかし、慰安婦問題をめぐる次の政権の苦しみは、当時の空白に起因していることも認めなければならない。野党代表はおととい、慰安婦問題に対する盧武鉉政権の業績をアピールした。政府委員会が2005年、「元慰安婦の賠償権は生きている」と確認したことを指している。李明博政権・朴槿恵政権に慰安婦協議の義務を課した11年の憲法裁判所の「不作為違憲決定」は、これを根拠に下された。「政府が被害者賠償のため努力すべき義務を放棄したのは違憲なので実践せよ」というものだ。恥を知るべきだ。決定は11年に下されたが、元慰安婦の違憲訴訟は06年の盧武鉉政権時に起こされている。口先だけで賠償権うんぬんしていて、「不作為」決定を下されたのは野党自身なのだ。

野党は政権をあからさまに非難する前に、1998年に金大中大統領が妥結した韓日漁業協定も思い起こさなければならない。独島(日本名:竹島)沖の中間水域設定に合意したという理由で、「政府は日本の経済協力資金で独島を売ってしまった」と激しく批判された。この批判が不当だと思うなら、「10億円で魂を売ってしまった」という言葉を現政権に浴びせてはならない。現与党も、野党だった当時を思い出して謙虚にならなければならない。当時、「国を売った」と叫んでどれだけ政権を追い込んだことか。お互いかみ付き合っているのだから、そうした言葉通りなら、この国の政界は今「売国奴」だらけということになる。

2015-05-12-pak.jpg

現政権は歴史を重視しているように見えるが、実は歴史の「思惟(しい=思考)」がないようだ。慰安婦問題解決のもう一つの軸・賠償は、謝罪よりもはるかに難しい問題だ。しかし、難しいからと言ってあきらめることはない。慰安婦賠償要求を元慰安婦たちの片意地程度に考えている人もいるが、そうではない。91年の元慰安婦の証言が大きな反響を呼んだのは偶然ではない。ルワンダやユーゴスラビアの内戦を経て、戦時の女性の性搾取問題が、1990年代の人権運動のテーマとして浮上していたためだ。その後、「慰安婦賠償」は被害者たちと人権活動家たちにより理念として固まった。だが、政府はこうした人々を尊重しなかった。だから、彼らも政府を尊重しない。

ただ、忘れないでいてほしい。慰安婦問題が妥結した日に88歳の元慰安婦女性は言った。 「政府が苦労し、法というものがあるのだから、政府がする通りに従います」。この声は、その後の妥結内容に対する激しい反発の中に埋もれていった。政府の言う通りにしろと言う話ではない。彼らの怒りは十分に理解できる。しかし、元慰安婦たちの言葉通り、「政府が努力した」という事実だけは認めなければならない。

2015-11-16-pak.jpg

私たちはこれまで、あまりにも多くの憎悪を募らせてきた。相手を理解しようとせず、日本の政治家の一言や、三流メディアの記事の一言に「あら」を探し、怒り、興奮した。怒りを支えに25年間を過ごした今、周囲を見回してみると、韓国のことを理解してくれていた応援団たちは離れていき、内輪もめしている韓国人だけが残っていた。励ましといたわりは消え、怒りだけが逆流している。韓国人の長い長い25年間の奮闘を、このように愚かな形で締めくくるわけにはいかない。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 鮮于鉦(ソンウ・ジョン)論説委員
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/06/2016010601082.html

【管理人コメント】
慰安婦問題25年、外部に噴出していた憎悪がとうとう内部に逆流
励ましといたわりは消え「日本に魂を売った」という激しい非難が始まった


朝鮮日報は不思議な記事を書く。
韓国人はおろかという事を認識する事である。
いまだ??では、バカ丸出しと言わざる負えないが…。。。

もっとも最近の日本も韓国に無駄金を支払うようでは困りごとだが…。。。
韓国にまるで関心のない自国民が多い事で、大きな話題とならないが…。。。
しかし韓国に関心の高い人たちには大きな不満だろう…。
私は絶対に受け入れられないが…。。。


関連記事


あなたへのお勧め記事

ブログパーツ
[ 2016年01月06日 10:57 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(4)
韓国も変わりつつある
"怒りを支えに25年間を過ごした今、周囲を見回してみると、韓国のことを理解してくれていた応援団たちは離れていき、内輪もめしている韓国人だけが残っていた。"
と言う記事が朝鮮日報の論説委員から出てくるとは思わなかった。 
韓国も変わりつつあるのかも知れない。 こういう新聞記事や大学の先生たちが自由に意見を言えるようになれば、あまり期待していなかった慰安婦問題も解決するかもしれない。 慰安婦問題が解決すれば、案外日韓も、うまく付き合うことができそうです。あとは韓国政府が、道路に設置されている慰安婦像を道交法違反で別場所に移動させ、それを確認後日本政府が10億円を拠出し韓国で財団をつくる、その財団で韓国、台湾、中国、フィリピン、インドネシア、オランダ等慰安婦と言われる人たちの慰謝料を含めた生活を保障していけば戦後の問題点がここで完結できればアジアの安定に寄与すると思われます。日韓政府の努力に期待します。
[ 2016/01/06 12:18 ] [ 編集 ]
韓国の自作自演の猿芝居にいつまで付き合えば良いのでしょう、3月末には日米韓の外相協議が持たれるようですが、大使館前の慰安婦像など、考えてみれば軽犯罪です。韓国の国内法にも抵触するはずで、それさえ取り締まり出来ないなら無能ですし、また、分かっていてやらないなら法を恣意的に運用している事になります。

仮にも大使館です、国家間関係に在ってはならない重大な侮辱であり、他国の尊厳を蔑ろにする行為と言えます。この度の取り決めが在ろうが無かろうが速やかに撤去するのが本来筋であり、また礼儀であるはず。この度は映像に残る形で約束もしていますから、撤去できないのであれば、日本政府もそれなりの対応をすべきです。

韓国内の世情が乱れようが、韓国政府自身が種を蒔き育てた「捏造歴史観」が、巡り巡って帰って来たと考えれば、身から出た錆として苦しむだけ苦しめばよいと思います。

10億なんて払う必要は無くなりますし、当然、日韓スワップもTPP加入の推薦とか助力とか、それも諦めて貰うしかありません、韓国自身が中国の顔色を伺いつつ決める事になるのでしょう。どうやら中国に追随すると決めているようですから。

私は、韓国など(極めて)疎遠になれば良いと思います。安全保障を含めてです。
同陣営に在っては、いつ背後から撃たれるか、寝首を掻かれるか、心配で仕方ないからです。北朝鮮の脅威は米国ではなく、中国の傘で護って貰いなさいと言いたい。
[ 2016/01/06 19:25 ] [ 編集 ]
仮にアメリカ大使館前に、米軍用韓国人慰安婦の像が建ったなら、アメリカはどのような対応をするかのでしょうか!?
はたまた 韓国大使館前に ベトナム人女性像が建ったなら(これは、慰安婦でもなく全くの一般人女性の強姦、虐待ですからね、慰安婦とも呼べない。)韓国人は どのような大王をするのでしょうか!?

日本人のように 優しく傍観する人はいないのは確実ですね。
[ 2016/01/07 09:18 ] [ 編集 ]
↑スマホの誤字多いこと、変換ミス…お許しあれ!! 虎猫
[ 2016/01/07 09:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
人気記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
月別アーカイブ
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@mon-news.sakura.ne.jp