韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  台湾 >  日本の統治を受けた韓国と台湾、台湾人が反日感情を抱かない理由

最新記事

日本の統治を受けた韓国と台湾、台湾人が反日感情を抱かない理由

韓国と台湾はともに大日本帝国による統治を受けていたという共通点がある。韓国では反日感情が根強く存在するものの、台湾は親日家も多く、日本への対応や感情は正反対と言っても差し支えないほど異なるのはなぜなのだろうか。

中国メディアの今日頭条はこのほど、日本による統治と日本統治前の清朝による統治の「差」に注目し、台湾で根強い反日感情が存在しない理由を考察した。 当時、伝染病が野放し状態だった台湾において、日本の統治によってマラリアやコレラなどの伝染病の発生が抑止され、公共衛生の改善につながった。記事はこの点を強調し、「清朝による統治時代は不可能だったものを、日本はわずか10年ほどで解決した」と指摘している。自分たちを苦しめていた病気から解放してくれたことは、当時の台湾の人びとにとってありがたいことだったのだろう。もし清朝統治時代が続いたのならば、伝染病の苦しみも続いていたはずであり、当時の台湾の人びともそのことを理解していたはずだ。

また日本の警察が治安維持に取り組んだ様子について「法を厳格に守る腐敗なき治安であった」とし、これも清朝統治時代には実現不可能なことだったと指摘。法のあるところには秩序があり、秩序があるところには自由がある。清朝統治時代が続いていたなら、こうした治安の恩恵を受ける機会はなかったかも知れない。


スポンサードリンク

さらに日本は台湾で「農業改革」を行ったと紹介している。具体的には、品種改良、施肥、防虫、灌漑設備の設置、また生産から加工まで一貫した作業システムの確立などだ。この全面的な農業改革の結果、台湾の人びとは大きな利益を得たと指摘。この利益も清朝統治が続いていたら得られなかったかもしれない。

日本の統治を肯定するものでは決してないが、日本の統治が当時の台湾に清朝による統治時代にはなかったものをもたらしたと言えるのかもしれない。それは現代化と社会秩序であり、清朝統治時代の社会不安や腐敗とは正反対のものだ。台湾人が強烈な反日感情を抱かないのは、両統治が台湾にもたらしたものに明らかな「差」があったからとも言えそうだ。
サーチナ (編集担当:村山健二)
http://news.searchina.net/id/1599317?page=1

2016-01-11-k006.jpg

【管理人コメント】
当時、伝染病が野放し状態だった台湾において、日本の統治によってマラリアやコレラなどの伝染病の発生が抑止され、公共衛生の改善につながった。

韓国などはすぐ強制労働などを持ち出すが、農地改革・財産没収とはいえ、改革しているわけで、そこでは様々な技術や法を学ぶことになる。韓国では財閥喜んだ事だろう。当時アメリカ管理下である韓国は土地を安く財閥が購入し、技術は日本とアメリカから伝授され多くの企業が現在の大企業拡大の原動力となった。

台湾にも同じことが言えるわけで、農地改革は農業改革でもあるわけで、自給自足の社会の活性化につながったはずである。良い部分を報じないで、とかく悪い部分だけしか報じないから歴史Nが捻じ曲げられる。


関連記事


あなたへのお勧め記事

ブログパーツ
[ 2016年01月11日 13:23 ] カテゴリ:台湾 | TB(0) | CM(2)
合邦当時は韓国人の方がむしろ...
朝鮮人(当時)の方が日本人に従順で、トリッキーな性格は在ったものの、オベンチャラを言いつつ日本人に近付いたのも朝鮮人であり、この点、台湾人の方がむしろ反抗的であったと本で読みました、台湾人が日本風の姓を名乗っていないのも、彼らが改名を望まなかったからであり、韓国人は「自ら改名を望んだ」とも書いてありました。
通名はその名残だと言います。

気骨が有ったのは台湾人と言えませんでしょうか、更に中国本土から国民党軍の残党が逃げて来て、台湾を牛耳るに至り、日本統治の「良さ(善さ)」を再確認したとも、ただ、大陸で日本軍との交戦を経験してきた国民党軍残党はこの限りではない。

台湾は今でもパッチワーク的なんでは?と考えたりもします。

一方朝鮮人は、日本統治時代は日本の威を借りて満州人をコケにしていたと言います、日本が負けた途端に掌を返すような、自己都合の権化みたいな連中と言えると思います。

しかし、日本ヨイショの記事が矢継ぎ早に出てきて、何だか気色悪く感じるのは私だけでしょうか? 何か魂胆が有りそうに感じてしまいます。
[ 2016/01/11 17:55 ] [ 編集 ]
中国発大不況が近いのか・・・
"中国メディアの今日頭条はこのほど、台湾で根強い反日感情が存在しない理由を考察した。"
このような考察が中国政府の管轄下にある今日新聞から出てくるとは思わなかった。よっぽど中国の経済予想が深刻で、近い将来、日本の協力を必要とするとでも中国内で確認されたのだろうか?
と言うのも、最近は友好国台湾でも、馬総統が中国よりであり、日本に抱いてる台湾国民の感情を悪くする動きが気になっていた(例:教科書見直し、韓国慰安婦合意を受け、解決済みの話を台湾内で蒸し返す等)、つい最近までは、中国としても日本からの反発しか発生しない南京大虐殺の資料が国連記憶遺産に登録済み、中国側からの慰安婦資料登録準備中、日本と戦っていない共産党が勝利したわけでもない勝利記念日を祝う等、日本を陥れることに驀進していたわけだから、今の日本上げの記事が信じられない。
この先リーマンショック以上の大不況が訪れなければ良いが・・・・・

[ 2016/01/11 18:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
人気記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@mon-news.sakura.ne.jp