韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  朴政権、米中双方から黙殺 北の核実験情報を知らされず…電話まで無視

最新記事

朴政権、米中双方から黙殺 北の核実験情報を知らされず…電話まで無視

スポンサードリンク


韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、厳しい立場に立たされている。13日には国民向け談話を発表したが、北朝鮮の4回目の核実験(=北朝鮮は水爆実験と主張)を自国で察知できなかっただけでなく、同盟国の米国と旧宗主国の中国の双方から、重視されていないことが明確になったのだ。近づく、経済危機の足音と、国内メディアによる激しい政権批判。ジャーナリストの室谷克実氏が、朴氏の「コウモリ外交」の終焉に迫った。

「新年早々、面白くないことばかりだ」
韓国の朴大統領の心の内は、こんなものではなかろうか。何よりも、北朝鮮が4回目の核実験をする兆候を、米国が教えてくれなかったことだ。慌てて、中国の習近平国家主席に電話したが、出てくれない。米国、中国双方からコケにされてしまったのだ。気位高い朴氏にとっては一番こたえることだ。

加えて、上海株の続落や人民元の切り下げの悪影響が、対中依存度の高い韓国にヒシヒシと押し寄せてきている。日本との慰安婦問題に関する「不可逆的合意」に対する国民の反発は依然として収まりそうにない。内需は湿ったまま、輸出も不振が続行しそうだ。良いこと何もない「朴槿恵・韓国」の年明けだ。

スポンサードリンク

朴氏は元旦、国立墓地を参拝した際、「朝鮮半島の平和統一を成し遂げ、世界平和に寄与する2016年になることを願う」と記帳した。それから1週間とたたないうちに、北朝鮮が「水爆実験に成功した」と発表した。「知っていたら、そんな記帳をしなかったのに」と地団駄(じだんだ)を踏んだはずだ。米国は昨年末には兆候をつかんで、観測機を飛ばしていた。米国の圧力を受けて、慰安婦問題に終止符を打つ日本の提案をのんだ直後には、「これで日米韓の連携がスムーズになる」と米国高官は語っていたのに、何も教えてくれなかった。

きっと、「オバマ、憎い!」だろう。 韓国はここ何年も中国に対して、「国防省の間にホットラインを開設しよう」と要求してきた。ようやく、15年の大みそかに、それが開通した。 が、核実験の報を聞き、韓民求(ハン・ミング)国防相がホットラインで呼びかけたが、中国の国防相は電話口に出てこなかった。尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は8日になって、ようやく中国の王毅外相に電話が通じたが、北朝鮮制裁に関する言質は何も取れなかった。 こんな状態だから、朴氏と習主席の電話もつながらないまま、すでに時機を逸してしまったといえよう。

2016-01-14-k006.jpg

「朴政権はこれまで中国との信頼関係構築に大きな努力を傾けてきたが、今のこの状況については『本当に重要な時には両国間に大きな壁があることが露呈した』との指摘が相次いでいる」とは、保守系の朝鮮日報(1月9日)の記事だ。 中国の“居留守外交”に対し、「西側でただ1人、天安門の軍事パレードに立ってやったのに…」といった思いが伝わってくる記事といえる。《東亜日報(日本語版)も12日の社説で、朴政権が自画自賛した外交成果について、『このような評価は虚構であることが明らかになった』と指摘した。中央日報(同)も同日の社説で、北朝鮮の核実験を察知できなかったことなどを、『これが外交と安保で成果が大きいと自評する保守政府がする話なのか』と厳しく批判した》

韓国の情報機関と軍部が、何一つ、情報をつかんでいなかったことも、朴氏にとっては腸(はらわた)が煮えくり返る思いだろう。 昨年12月23日、尹氏は「世界で米国と強い関係を維持しながら中国とも最上の関係を維持する国はいくつもない。戦略的な資産としてこれを活用しなければいけない」と“コウモリ外交”を自画自賛した。 しかし、2つの大国を手玉に取っていると思っていたら、2つの大国からコケにされていた。2つの大国の気を引く道は、責任ある当局者が「韓国も核兵器を持つ準備に入る」と公言してみせることぐらいしかないかもしれない。
ZAKZAK 室谷克実
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160114/frn1601141140002-n1.htm

【管理人コメント】
韓国をかまっていれば手遅れになる。
アメリカは北朝鮮から狙われている立場であるから、オバマとしても韓国などにかまっている状態ではないだろう。
日本とて同じことである。日米同盟強化をしているわけで、在韓米軍より危険だろう。
他人事なのは韓国だけである。



スポンサードリンク
関連記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

ブログパーツ
[ 2016年01月14日 12:23 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(3)
こうもり外交はやはりうまくいかない
日本を馬鹿にして韓国内での支持率を上げ、アメリカの忠誠度を多少犠牲にして、中国には、おべんちゃらで
持ち上げて、最善の策をとっていると思っていた朴大統領には厳しい現実を味わったことでしょう。日米中とも韓国を信用していなくて、いざという場合は無視されるということを政府及び軍部も分かったと思う。
今後の予想をすると、月面探査衛星開発を止め、自前のスパイ衛星を上げることに血眼になる、そして北朝鮮内に送り込む諜報員の数を増す、合わせて北韓の軍事関係者を買収して情報収集、金銭面で支障がでればアメリカから購入するF35戦闘機の注文数削減(北韓に対しては過剰性能機)、そして全世界が望まない、核兵器の製造開始まで進むかもしれない。中国発の不景気と軍事費用大によるダブルパンチで経済破たんしなければ良いが・・・・・
[ 2016/01/14 14:07 ] [ 編集 ]
韓国は中国にとって奴隷だと言う事が解かっていない
朴槿恵さんは韓国と中国は対等に渡り合える国だと思っているだろうが、中国にしてみれば韓国なんて自国を宣伝する為には持ち上げてチヤホヤするが、それ以外のときはゴミ以下の奴隷だと思っている。
そんな事さえ解からないバカな大統領ですね。
[ 2016/01/14 21:27 ] [ 編集 ]
一応近代化してるけど、腐敗が蔓延していて、整備もメチャクチャな韓国軍。

博物館級の兵器だけど整備され、習熟度、錬度は高く、数を揃え、士気は疑問だけど、空きっ腹という動機を持ってて、核兵器も持ってる“カモ”知れない北朝鮮軍。

果たして、どっちが強いのでしょうね?

本当は、双方とも後ろ盾が無いとロクに戦えないヘタレなように思いますけどね。

中国は、何やかや言っても本気で北朝鮮を制裁しないと思います、捨て駒です、使う時が来るまで生かさず殺さずにして置きたいんだと思います、弾避け、防波堤。

経済面では、韓国をそのように用いたいのでは、ワンピースの「友達兼非常食」みたいな、イザとなったら韓国を餌にする。
中国と言うより中共かも知れませんが。

従って中共は、基本的には現状維持が望ましいと考えてる。

ぐるりと見回して、目の上の たんこぶ になりそうなのが日本かな、米国を巻き込み、アジア諸国を纏めるコアに成りうるのは、アジア圏では日本、インドも巨人だが、盟主たりうるかは疑問です。

また、ロシアは一時的には共闘できても、その後は必ず敵対すると思いますから。
中共の連中ならそう考えてると思うんですよね。


馬鹿の妄想、下衆の感繰りでゲスけど。
[ 2016/01/14 22:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
人気記事
月別アーカイブ
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@mon-news.sakura.ne.jp