韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】中国リスク増大、今こそインドへシフトせよ

最新記事

【韓国経済】中国リスク増大、今こそインドへシフトせよ

英国の与野党議員約20人が先日、ロールス・ロイスの最高経営責任者(CEO)あてに手紙を書いた。ロールス・ロイスは産業分野における英国の誇りとでも言うべき会社だ。自動車部門はドイツに追い越されたが、飛行機エンジン製造で世界第2位の座を守っている。そして、原子力潜水艦の推進技術を持つ「防衛産業の宝」でもある。従業員約2万1000人のうちエンジニアが約9000人にも達しており、「技術士官学校」役も果たしている。この会社に議員たちが書簡を送ったのは、180年以上も英国の植民地だったインドと関連がある。

経営難に直面しているロールス・ロイスは構造改革を計画している。人員削減はもちろん、生産設備の海外移転も考えている。そうした中で政界に衝撃を与えたのは、戦闘機用ハイテクエンジンをインドで製造するという計画だ。雇用先が減るのはともかく、防衛事業の要をかつて植民地だった国で作るという話に、英国の主流社会が自尊心を傷付けられたとの反応を示したのだ。そこで党の垣根を越えて、議会が立ち上がって再考を求める書簡を送ったのだ。

しかし、ロールス・ロイスはすでにインド人エンジニアたちを英国に呼び寄せて教育し、彼らを中心にインド事業を展開する方針だ。実権はインドが握っている。インド政府は「国営の防衛産業企業が開発している次世代戦闘機にロールス・ロイスのエンジンを搭載するから、早くインドで生産を開始してほしい」と催促している。何世紀も続いてきた両国の上下関係が逆転した格好だ。


スポンサードリンク

ロールス・ロイスがインドに投資することに決めたのは合理的な選択だ。世界には人件費が安い国がたくさんある。だが、それに加え高度な技術を持ち、英語がきちんと通じる国は多くない。政権が西欧式内閣制で安定しているのもインドの強みだ。外国企業への規制で朝令暮改が多い中国よりも「政治リスク」が小さいということだ。まだインフラは不十分だが、全長が京釜高速道路の14倍という高速道路が今年完成予定だというくらい、弱点克服のスピードが速い。

年頭からインドの話を書いたのは、上海株式市場が乱高下している影響を受けて韓国総合株価指数(KOSPI)が大きく崩れたのを見て、無力感に襲われているからだ。韓国にとって中国が重要だということは小さな子どもでも分かる。しかし、いつまで「中国がくしゃみをしたら韓国が風邪を引く」状況が続くのだろうか。

2014-12-16-fta.jpg

中国の成長率に歯止めがかかり始めた。それに合わせて韓国も中国に対する経済的依存度を少し引き下げる時期に来た。関心を寄せるべき対象としてインドほどの国はない。インドの経済規模は2013年の世界10位から、14年は9位、15年は7位と、毎年階段を駆け上がっている。ハーバード大学国際開発センターは、2015年以降の10年間に世界で最も高い成長率を記録するのはインドだと予想した。人口も2022年にインドが中国を上回ると国連は予想している。将来のリスクを分散させるためにも、今年はインドに関心を注ぎ、投資も増やす年になればと思う。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 国際部=孫振碩(ソン・ジンソク)記者
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/16/2016011600581.html

【管理人コメント】
インドへシフトしたからと言って経済低迷のみならず、技術力のレベルの無い企業であるから、何処に行っても世界企業と競争する事になる。ある意味中国は本来安全な位置だが…。中国外交次第という事になる。

インドは日本企業も多い中で、何処の国に変更しても日本を含めた世界企業と戦う事になる。それだけの技術力と体力が無ければ何処に行っても勝ち目はない。中国もインドネシア・インドをはじめとして、韓国の市場へ参入し、韓国潰しとなっている。如何に中国を利用できるかにかかっているわけで、韓国はそういう意味では利用する一番良い位置にいるのが、逆に技術が吸い取られて骨抜きにされているようでは困りごとだろう。外交力のない韓国では中国に寄り添っても優位に立てるだけの技量も能力もないという事だ…。


関連記事

ブログパーツ
[ 2016年01月16日 10:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
韓国流事大主義丸出し
インドを市場としてみるか、生産地としてみるか、
絞り込めていない記事です。
米国利上げで印ルピー下落なら自動車用資材など、現地調達が増える。

聯合ニュース 2014.-1.23
朴大統領 インド・スイス訪問終え帰国=経済外交で成果
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/01/23/0200000000AJP20140123003700882.HTML

WSJ 2015.07.17
ポスコ、インド製鉄所建設計画を棚上げ
http://jp.wsj.com/articles/SB12409709884065744778104581113782491386632

トップ外交をやってもインドを押し切れなかったようで、
そもそも、鉄鋼業界は供給過剰。
[ 2016/01/16 12:40 ] [ 編集 ]
日印関係は良好
インドも凄まじい一面もあるようですが、取り敢えず一党独裁ではないようですから、インフラ整備が進めば生産拠点としても魅力がありそうですね。

マルチ・スズキを始め、既に日本企業の進出も進んでいそうです、インフラはまだ未整備な事は否めないと思いますが、逆にインフラ市場として魅力が有るとも言えます、この度、安倍総理のトップセールスも在ってか、高速鉄道や発電所での日印協力がありそうです。インドにしてみても、どうせ学なら、どうせ強調関係を結ぶなら、アメリカとの関係も良好で、技術面でも有利な日本との協力が有利になると思いますが、中韓の用いる実弾(賄賂)攻撃などに目が眩まなければよいのですが。日本に取ってのみならず、インドに取っても最良の選択に、私には思えます。

差し当たって、高速鉄道と発電所に置いて、資金調達を含めて、成功裡に収めて頂きたいものです、個人的には、中国より深刻と言われる環境破壊抑制の面で、石炭火力発電所の効率の良さや、二酸化炭素、一酸化炭素の排出などは相当有効な切り札になりそうな予感がしますし、日本にしても、カーボン排出取引などで直接的な利益も期待してしまいます。

NEDO等の、IGCC(石炭ガス化複合発電)とかIGFC(石炭ガス化燃料電池複合発電)に参加して貰っても面白いかも知れません、石炭や褐炭も豊富に有りそうですから水素も行けるかもしれませんね。

中国や韓国では、インドに取ってもメリットがないと思いますし、害毒ですらありそうです。韓国のケンチャナヨやパリパリがインドに波及して欲しくもありませんし、中韓絡みのプロジェクトは「やらずぶったくり」で、インドの為にも世界の為にもならないだろうと考えます。
[ 2016/01/16 16:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
人気記事
月別アーカイブ
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@mon-news.sakura.ne.jp