韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本が核爆弾を持つのに、どれだけの時間が必要か

日本が核爆弾を持つのに、どれだけの時間が必要か

スポンサードリンク

中国メディア・鳳凰網は18日、「日本が核爆弾を保有するのにどれほどの時間が必要か」と題した解説記事を掲載した。

記事はまず、原子の連鎖的な核分裂を利用する原子爆弾を代表する2つの方式を紹介した。広島に投下された原爆の方式であるガンバレル型はウラン235を用いること、技術的には簡単だが核原料の利用効率が悪いうえ汚染の心配があることを説明。一方、長崎に用いられたタイプのインプロージョン方式は、プルトニウム239もしくはウラン235が使える一方で爆発を引き起こすには高い技術が必要であるとした。

そのうえで、ウラン235の生産には大規模な工場建設を必要とするのに対し、プルトニウム239は生産が難しいものの、日本の原子力発電において「こっそりと製造」することができると解説。日本の爆薬工業技術を加味したうえで「短ければ数カ月で核実験にこぎつけることが可能」と論じた。


スポンサードリンク

関連記事


スポンサードリンク

一方で、日本の核爆弾製造における最大の問題点は製造技術ではなく、爆弾の大きさにあると説明。「航空能力が弱い日本にとって(核爆弾の小型化は必須でありその開発は)年単位で勘定しなければならない難題」とした。そして、「短期間に核兵器を持つことは可能だが、正式な核実験を何回か経なければ、実戦能力を有することはできない」と解説した。

2013-10-01-abe-2.jpg

プルトニウムには複数の同位体が存在し、核爆弾を作るためにはプルトニウム239の割合が93%以上である「兵器級プルトニウム」を用いる必要があるとされる。軽水炉で発生するプルトニウムには兵器利用に向かないプルトニウム240が多く含まれており「原子炉級プルトニウム」と称される。兵器級プルトニウムの製造には黒鉛炉や高速増殖炉が必要で、日本の高速増殖炉である常陽・もんじゅでも製造が可能との指摘もあるが、いずれも運転を停止している。
サーチナ (編集担当:今関忠馬)
http://news.searchina.net/id/1600192?page=1

【管理人コメント】
日本の自民党が政権を握っているわけで、彼らには裏が多い。すでに核を保有しているという説もあれば様々だ。 個人的には、核保有の手前で、保管されているのではないかと思っているが…。 北朝鮮ではないが、核には核だろう。日本は先制攻撃の手段も手に入れたわけであるから、防衛から攻撃が可能となった今、何れは弾道ミサイルも保有する事になるのでは…。。。



ブログパーツ
[ 2016年01月20日 11:01 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(3)
テレビによく出てる保守系コメンテーターの説では日本は核ミサイル保有してるが
非核3原則があるため常時バラして保有。
有事になれば数時間で組み立て完了する仕組みになってるということだがこれって都市伝説的なものかね。
しかし、日本の技術力ではありえない話でもないかも・・・」
[ 2016/01/20 11:34 ] [ 編集 ]
何も知りませんが
必ずしも核開発しなくても良いわけで、例えば米国の核ミサイルの幾つかを、サイロごと一式買う手も有るのでは?

朝鮮日報の論説主幹、楊相勲(ヤン・サンフン)などは原潜(=核兵器)保有をコラムで堂々と主張してますよね、核物質はサウジに輸出した小型原発(SMART)で何とかなる、ベリリウムと言う物質が必要みたいですが、これは米国・中国・ウクライナで産出します。

尤もベリリウムは、民製品にも沢山使われているようですが、その辺は私は門外漢だし馬鹿だから分かりません。韓国はIAEAの査察が入る度に何かしら有りますよね、2017年まで要監視国だったと記憶してます。NPTに批准はしてますが、内心では不満タラタラなんでは?

韓国が核武装したら、標的は北かどうか分かったもんじゃありませんね。まさかとは思いますが。

だからって、日本の核武装容認はチト考え辛いですが。
[ 2016/01/20 13:33 ] [ 編集 ]
日本が真の独立国家になるにはアメリカ草案の憲法改正、アメリカの核の傘下からはなれ独自で核開発、軍備増強・・・しかないか。
[ 2016/01/20 19:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
最新コメント
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@mon-news.sakura.ne.jp