韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「慰安婦」の前言を次々撤回する韓国 日本は「正論」を押し通せ

「慰安婦」の前言を次々撤回する韓国 日本は「正論」を押し通せ

スポンサードリンク

慰安婦問題をめぐる日韓合意は、評価と批判が交錯し、安倍晋三政権を支持してきた保守陣営を分断する事態となっている。海外には「慰安婦20万人」などと、間違った情報を垂れ流すメディアもある。日本は今後、どうすべきなのか。「『慰安婦の真実』国民運動」の副幹事長を務める、元大手商社マンで、日韓問題研究家の松木國俊氏が緊急寄稿した。

日韓合意は、日本の敗北だ。「最終的かつ不可逆的な解決」をうたったために、「性奴隷」「慰安婦20万人」などの間違った認識が世界に定着し、日本は抗弁すらできなくなった。 一方、韓国政府は、在ソウル日本大使館前の慰安婦像や、記憶遺産登録を「民間に口出しできない」と開き直り、日本軍慰安婦白書も「合意とは無関係」と主張して作成するなどと、詭弁(きべん)を弄して、前言を次々と撤回している。 これでは韓国に都合の良い部分だけが残り、日本は10億円をただ取りされて、末代まで世界から侮蔑される。 だが、逆転の方法はある。相手が「詭弁」を用いるなら、「合意の精神」を全面に押し立てて、正論によって起死回生を図るのだ。

大使館前の慰安婦像ついては「慰安婦問題解決のために存在したはずだ。最終的に解決した以上、即刻撤去させよ」と迫る。慰安婦白書についても「不可逆的な解決との趣旨に反する。中止せよ」と求めればいい。


スポンサードリンク

関連記事


スポンサードリンク

そのうえで、「両国が国際舞台での相互批判を止めると約束した以上、民間団体の記憶遺産登録や、海外での慰安婦の像や碑の設置も、韓国政府の責任で止めさせよ」と要求すべきだ。韓国には受け入れ難い要求だろうが、正論である限り、拒否すれば韓国の欺瞞性が国際的に浮き彫りとなる。世界の人々の慰安婦問題を見る目も変わるはずだ。

そこで、日本政府はこう訴えればいい。
「日本はこれまで『強制連行』を認めたことはなく、事実、そのようなことはなかった。ただし、世界各国の軍隊同様、兵士相手の売春婦はいた。当時は合法だったが、日本は高潔な視点から『女性の人権問題』ととらえ、率先して謝罪した。人類の進歩を確実なものにするために、日本に続いて世界各国が過去の行為を反省し、自国兵士に春をひさいだ女性たちに心から謝罪することを願って止まない」

2016-01-20-k002.jpg

日本を救う道はこれ以外にないだろう。
日本政府が正論を押し通すには、世論のバックアップが必要だ。国論が割れている場合ではない。子供や孫らが蔑(さげす)まれることなく、日本人の誇りを持って世界に貢献できるよう、国民は一致して政府を後押しし、世界の誤解を解いて日本国の名誉と尊厳を取り戻さねばならない。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160120/plt1601201140003-n1.htm

【管理人コメント】
この程度の事は予測していたことだろうから、日本政府はすべて無視するほうが良いだろう。まだ10億円を支払っていないのだから、韓国政府の対応は無視するほうが良い。理由は単純だ。韓国経済の低迷する中での韓国政府の動きであるから、次はスワップ協定の復帰となる。見え見えの動きなのだから、余計な事は過剰に反応する必要もないだろうと思うが…。

それよりも安倍総理を含め、なぜ10億円を支払うとしたのかの説明がない。裏に隠れた大きな問題を韓国メディアは報じているようだが、日本政府は正式コメントはない…。もっとも正式にコメント出来ないという理由ならば、安倍総理の頭の中には、韓国の利用価値を見い出していると考えられるが…、最近の安倍総理に積極的な動きが感じられないことが頭を悩ませる…。。。



ブログパーツ
[ 2016年01月20日 12:32 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
挺対協はあくまで反発
アサヒ芸能ですから信憑性は疑問ですが、妙に生々しいですね。
(読んでみて下さい)
↓↓↓
http://www.asagei.com/excerpt/50761
[ 2016/01/20 21:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@mon-news.sakura.ne.jp