韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  中韓、通貨危機でスワップ懇願 もはや日本に頼るしかないほど外貨準備が大幅減

中韓、通貨危機でスワップ懇願 もはや日本に頼るしかないほど外貨準備が大幅減

スポンサードリンク

中国と韓国がこのところ、緊急時に通貨を融通し合う「通貨交換(スワップ)協定」を結ぼうとしきりに日本に秋波を送っているが、これは決して偶然ではない。中国は資本逃避(キャピタルフライト)が止まらず、識者は「2年以内に通貨危機に襲われる」と指摘。韓国も経済危機が発生した際には外貨準備が不足するとシンクタンクが分析している。“反日”を振りかざしてきた両国も、もはや日本に頼るしかなくなってきたのか。 

日銀と中国人民銀行(中央銀行)は緊急時に日本円と人民元を融通しあう通貨スワップ協定の再開に向けて交渉中だ。人民元の急落で中国市場で事業を営む邦銀や円資金を必要とする中国企業が不安を感じていることが背景にある。 人民元安は中国の景気失速と表裏一体だ。中国リスクと人民元建て資産の目減りで外国人投資家の資本逃避が加速するため、人民銀は人民元を買い、保有するドルを売る市場介入を大規模に行ってきた。

これによって外貨準備が減っている。昨年末時点の中国の外貨準備高は前月末と比べ1079億ドル(約12兆6900億円)減り、過去最大の減少幅となった。年間の減少額は5130億ドル(約60兆300億円)と1年間で13・4%が消えてしまったのだ。 それでも3兆3300億ドル(約391兆7200億円)の外貨準備は残っている計算だが、これも見掛けほど盤石ではないという。


スポンサードリンク

関連記事


スポンサードリンク

ブルームバーグによると、中国の外貨準備は国家プロジェクトの資金や、他国への政府保証の付いた巨額の融資などに割り当てられている可能性があり、「3兆3300億ドルのうち、2兆8000億ドル前後がすでに何らかの支払いのために充当されている可能性がある」と専門家が分析。これが隠れた損失を負っている恐れもあるという。外貨準備高もすでに3兆ドル規模まで減少している可能性があり、2兆ドルになると「非常ベルが鳴る」とのエコノミストの見方を伝えている。 中韓経済に詳しい経済評論家の上念司氏は、「中国当局が人民元のレートを維持しようとすると、投機筋は外貨準備を徹底的に売り浴びせ、2年以内に通貨危機に見舞われる。通貨危機が確実な情勢となれば投機筋はさらに勢いを増すだろう」と予測する。

韓国でも、昨年2月に終了した日本とのスワップ協定再開を求める機運が高まっている。スワップは経済力のある国が周辺国を支援する側面が強いため、事実上は韓国で経済危機が発生し米ドルや日本円が不足したときに、日本が通貨を融通して救済することになる。 昨年10月には日本経済団体連合会に対し、韓国の全国経済人連合会が再開を呼び掛けたほか、政財界やメディアから日本とのスワップ再開を求める声が相次いでいる。 日本政府は、韓国の非公式による再開打診に応じる気はなく、韓国政府から正式要請があれば再締結に応じる方針だ。

韓国側から頭を下げるのはプライドが傷つけられるのか、柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相兼企画財政相は「(韓国が日本に)要請する段階ではない」と述べる一方、「日本政府がやろうというなら反対する理由はない」と本音も透けている。 韓国は従来、自国産業の輸出に有利なウォン安方向に為替レートを誘導する方向で大規模な介入を繰り返し、米財務省や国際通貨基金(IMF)から批判を受けてきた。 ドル買いを重ねた結果、外貨準備も積み上がってきたはずが、中国の景気失速と人民元急落に連動する形で一転してウォンが売り浴びせられている。

2016-01-17-k003.jpg

韓国当局は逆にウォンを買い支える介入を余儀なくされ、外貨準備高は昨年11、12月と2カ月連続で減少している。1997年のアジア通貨危機当時と比べると十分な額があるとの見方もあるが、韓国の民間シンクタンク、韓国経済研究院は、2014年現在の外貨準備高3636億ドル(約42兆7700億円)では、通貨危機発生時に必要な外貨準備水準に797億ドル(9兆3750億円)足りないと分析した。

前出の上念氏はこう警告する。
「韓国当局がウォンの買い支えを続け、外貨準備が底を突きそうだと分かった時点で投機筋が群がってくれば、ウォンは大暴落し、アジア通貨危機と同じような状態に陥りかねない。国内事情やプライドばかり優先していると、結局大きなしっぺ返しを食らうだろう」
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160121/frn1601211140002-n1.htm

【管理人コメント】
中国は外貨準備高は今年は激減するはずである。地方債務350兆円を無視するわけにはゆかないだろう。現在外貨獲得に必死な中国である。中国政府は地方債務を増やすとしたわけで、返済後すぐ負債を抱える事になる。地方債務だけで外貨準備高は無くなるのではないか…。

従ってアジア・インフラ銀行だのみであるから、不正の発生にも神経を使うだろう。失敗すれば終わりである。さすがの中国も慎重にならざる負えない。為替介入も限定的ですぐ反動が来る事は理解したはずである。あと残るのは人民元切り下げを継続するのではと言う懸念である。韓国利用も大した下支えにはならないだろう。下手をすれば足を引っ張りかねない。

韓国は日本とスワップの復帰に向けた外交を実施するだろう。しかし、その前に習近平は安倍総理へ歩み寄るのではないか…。韓国よりは先に動かなければ中国としては次が無い。とはいえ日本の景気も決して良くはない。デフレから抜け出れないでいる。韓国経済においてもとどめのデフレになってはいない。むしろドル・ウォンでウォン安が維持されている。逆に日本は円安から多少円高に動き止まったままである…。



ブログパーツ
[ 2016年01月21日 12:55 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
スワップは必要なし
  スワップは為替操作と同様にやめるべきです。アメリカの投資会社が損します。
 市場価格にゆだねるべきです。
[ 2016/01/22 18:41 ] [ 編集 ]
通貨スワップ提携について
 アメリカの大統領選挙というかの国の政治の空白期は利用すべき時です。{日本が必要とするなら考えてもよい}とする韓国の発言を一蹴するのではなく、竹島、仏像、漁場問題等々相手に深刻に認識させるよい機会です。そのため、中韓には検討するにはやぶさかではない、程度の発言でお茶を濁しておき片方で竹島等を韓国の目の前に据えることです。TPPも今の状況ではその成否は渾沌としています。
 外務省に任せるのではなく総理府直轄でぜひやってほしいものです。検討なら千年続けても害はありません。
[ 2016/02/24 16:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
最新コメント
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@mon-news.sakura.ne.jp