韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  “爆買い”中国人が殺到する3大ブランド菓子…補充追いつかず免税店殺気立つ

“爆買い”中国人が殺到する3大ブランド菓子…補充追いつかず免税店殺気立つ

関西国際空港の国際線・出国後エリアにある免税店のお菓子に、「勝ち組」が出てきた。中国人観光客が帰国の際に、好んで購入するお土産は「3大爆買いブランド」といわれ、売り場が殺気立つほどの争奪戦が起きることも。中華圏の旧正月に当たる春節の連休は2月7日から始まる。最大の商機を逃さないよう各店は臨戦態勢だ。

マカデミアナッツを彷彿
高く積み上げられた菓子の箱が、みるみると減っていく。 出国がピークを迎える午後3時過ぎ。関空第1ターミナルにある新関西国際空港会社直営の免税店「和(なごみ)」の店頭では、関空で「3大爆買いブランド」として名をとどろかせている北海道土産の「白い恋人」「ロイズ」、東京土産「東京ばな奈『見ぃつけたっ』」に人が押し寄せていた。 基本的にはご当地の限定販売だが、新関空会社側が各メーカーをくどき国際線免税店に限って特別に販売をしているのだ。 お土産を配るリストだろうか、手元のメモを見ながら白い恋人の705円の商品を30個近く買っていたアジア系の男性は「自分用ではないよ」と小さく笑って肩をすくめていた。

とにかく買い方に迷いがない。数箱ずつわしづかみにして、買い物かごに入れている。店員がつきっきりで補充を続けているが、出すそばから消えていく。 「補充が追いつかなくなると『もうなくなるかもしれない』と殺気立つこともあるので大変です」(店の担当者)


スポンサードリンク


LCC増便で拍車
空港の免税店といえば、洋酒や海外ブランドの香水などが定番で、日本の食品や雑貨を扱う売り場の面積はほんの一部だったという。 それが、円安やLCC(格安航空会社)の相次ぐ関空への参入で、中国や韓国、台湾など東アジアからの旅行客が急増する中、お菓子の売り上げが上昇。日本と同様に、同僚や友人にお土産を配るために買う人が多いからだという。 同社は、食品や雑貨を扱う直営の土産物店を平成26年9月に新たに出店。売り上げの柱は菓子類で、直営土産物店2店舗の昨年12月の売り上げは前年同月の2倍近くを記録した。

それにしても、なぜこの3ブランドに客が集中するのか。 「基本は口コミです。訪日前に友人に聞いたりインターネットで調べたりして『これを買う』と決めてから来られているみたいです。できれば地元関西のお菓子もブレークさせたいのですがこの3ブランドにはなかなか追いつかない」 運営を委託されているグループ会社の上中勝弘さんはそう話す。ブランドを育てるために目立つ棚に「チャレンジコーナー」を設置し、売れ筋の商品を置いて試食を実施するなどしているという。 注目株は神戸の菓子ブランド「神戸フランツ」の商品という。フリーズドライしたイチゴをチョコレートでコーティングしているお菓子で、フルーツを使っていることや、中国人好みの赤色のパッケージであること、800円ちょっとという手頃な値段-が人気を呼ぶ可能性があるという。

2016-02-11-k012.jpg

レジ増設で臨戦態勢へ
来月7日には春節の連休が始まり、商戦が幕をあける。 新関空会社で小売り事業を担当する水谷勝信さんは、「菓子類に関してはとにかく売り逃しをなくすことが重要」という。 積極的に仕掛けずともとにかく商品は売れていく。フライト時間まで、客が買い物できる時間は長くない。押し寄せる客をいかにはやくこなすかが勝負という。 土産物を扱う各店舗では、昨年に比べてレジを2~3台増設。商戦を迎え撃つ。(中井美樹)
産経ニュース
http://www.sankei.com/west/news/160211/wst1602110007-n1.html

【管理人コメント】
いつまで爆買が続くのか…。
個人的には限界が見えてきたような気もするのだが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年02月11日 18:48 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp