韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】現代自動車、過去最高の売り上げでも利益減る

【韓国経済】現代自動車、過去最高の売り上げでも利益減る

スポンサードリンク

双竜(サンヨン)自動車は昨年ロシア向け輸出を中断した。2014年だけでも海外で最も多い双竜自動車を購入した国だった。だがロシア市場の沈滞とルーブル下落で双竜自動車はロシアをあきらめるほかなかった。2014年4月に1ルーブル=36ウォンだった通貨価値は約2年で16ウォン台と半分になった。

双竜自動車関係者は「4年ぶりに出した新車『ティボリ』が韓国ではよく売れたが輸出が振るわず昨年は赤字を免れられなかった」と話した。 現代自動車は昨年の売り上げが91兆9586億ウォン(約8兆4921億円)で過去最高を更新した。だが営業利益は6兆3500億ウォンで2010年以降で最低だった。営業利益率も3年連続で下落している。双竜自動車と同じくロシアやブラジルなど新興国の通貨下落が影響を及ぼした。 現代自動車関係者は「以前より多い台数を売っても手元に残る収益が減り、韓国で生産した車両の場合、現地で価格まで上がり需要が減った」と説明した。世界の景気に寒波が続き、韓国経済を支えた主力企業の成長エンジンも冷めている。

業種を問わずこれら企業の主力分野は飽和またはマイナス成長の兆しを見せており、供給過剰にグローバル競争も激しくなりながら業績は悪化の一途をたどっている。


スポンサードリンク

関連記事


スポンサードリンク

ソウル大学のキム・スウク教授(経営学科)は「危機状況で突破口の役割をしなければならない製造業が揺らいでいるという点で深刻だ。輸出減少→業績下落→消費心理悪化→内需不振→成長率下落の悪循環が懸念される」と話した。 まず世界的な景気悪化が企業の業績の足を引っ張っている。韓国の貿易の25%を占める中国の成長率は7%以下に下がり、米国は金利引き上げへの懸念で消費心理が冷え込んだ。

ここに原油安傾向が続き中東など資源国まで財布を閉じている。輸出依存度が高い企業は業績に直撃弾を受けるほかはい構造だ。 代表的なのが情報通信技術(ICT)業種だ。サムスン電子は昨年10~12月期に半導体、ディスプレー、スマートフォン事業の営業利益増加傾向が同時に折れ5四半期ぶりに営業利益の増加が止まった。SKハイニックスも10~12月期の営業利益が前年同期より41%減った。 未来創造科学部によると1月のICT輸出額は前年より17.8%減少した。月間基準では4カ月連続の減少だ。

ある電子機器メーカー代表は「今年は半導体市場の下向きサイクルが始まるところにスマートフォンの成長が停滞期に入り、中国との価格競争が深化し業績がさらに悪化する恐れがある」と予想した。 「ウォン下落=輸出企業の業績改善」という公式も崩れて久しい。ウォンの下落速度より主要輸出相手国である新興国の通貨価値がさらに急に下がっているためだ。主力企業が世界市場で直接競争する円とユーロの下落も業績には負担となっている。 尻尾が胴体を揺さぶるいわゆる「ワグ・ザ・ドッグ現象」も明確だ。ポスコの場合、昨年の年間鉄鋼販売量は3534万トンで過去最大を記録し営業利益率8.7%も前年より改善した。

2015-03-16-hy.jpg

しかし創立47年で初めて960億ウォンの当期純損失を記録した。不良系列会社(尻尾)の業績悪化が胴体であるポスコの足を引っ張った格好だ。 斗山(トゥサン)も業績はアーニングサプライズ水準だが、熱心に稼いだ金を孫会社である斗山エンジン、斗山インフラコア、斗山建設が食いつぶした。連結財務諸表基準で斗山の当期純損失は1兆7008億ウォンに達する。 問題は世界的な不確実性が続き今年の業績見通しもいばらの道という点だ。国民経済諮問会議支援団のユ・ビョンギュ団長は、「低成長・不確実性のニューノーマル時代に進入し産業構造が変わっている。企業主導的に構造調整がなされるよう経済環境を作り、主力産業の高付加価値化が必要だ」と説明した。
韓国経済新聞
http://japanese.joins.com/article/712/212712.html?servcode=800§code=860

【管理人コメント】
現代自はシェア確保で新車販売金額を落とさざる負えないだろう。
アメリカなどでは昨年を僅かに上回ったが、他の企業はさらなる上にいるわけで、競争激化の中で価格を下げないと売れbないのが韓国車であるから、厳しい状態となる。当然利益は減少するだろう。単に為替の問題だけではない。現代自自体の競争力は低下しているわけで、今年はさらに悪化するのではないか…。、



ブログパーツ
[ 2016年03月02日 13:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
売れないモデルを値引き
ヒュンダイは売れる品揃えがないところに、
インセンティブ(販売奨励金)の負担増加だから
利益を落とすのはあたりまえでしょう。

この話は、どこまでさかのぼるか。
まず原価低減・・・賃金・購入資材を含めたコストダウン
次に品揃え・・・・市場で売れるモデル。(これがないのでは?)
次に販売奨励金・・どこまで値引くか。

この種の業界話で、ヒュンダイの車種の競争力に
切り込む話はお目にかかりませんね。
[ 2016/03/02 17:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@mon-news.sakura.ne.jp