韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】韓国サムスンに市場ガッカリ、ささやかれる「スマホ撤退」

最新記事

【韓国経済】韓国サムスンに市場ガッカリ、ささやかれる「スマホ撤退」

韓国サムスン電子の2015年10~12月期(第4四半期)決算(暫定値)は、営業利益で前年同期比15%増の6兆1000億ウォン(約6030億円)を確保したが、実態は市場予想を下回る結果だったことが明らかになった。中国の景気減速に伴ってスマートフォン需要そのものが弱まっていることが響いた。鳴り物入りで発売した新型ギャラクシーの売れ行きは伸びず、中東市場などでも中国勢との激しい競合を強いられている。スマホ市場が飽和状態に陥る中、パナソニックなど早々と個人向け機種から手を引いた日本メーカーに続き、サムスンのスマホ撤退の可能性もささやかれている。

アナリスト予想下回る業績、構造変化の波
サムスンが1月8日に発表した2015年10~12月決算(暫定値)は、営業利益が前年同期比15%増の6兆1000億ウォンの増益だった。 しかし、その結果は市場を満足させる内容ではなかった。 ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均に比べ、5400億ウォン低く、トムソン・ロイター・エスティメーツのアナリスト予想でも5千億ウォン少なかった。四半期ベースでみれば、15年7~9月期比17%減で、5四半期ぶりの営業減益だった。

ロイター通信は、業績を支えてきたメモリーチップやディスプレーの販売が減少、利益全体を押し下げている可能性を指摘。半導体などの部品関連も低迷していることから、「スマホ業界は低成長局面に入った」(アナリスト)との意見を伝えた。


スポンサードリンク

かつては、スマホ普及の恩恵を受けて、2013年に228兆6900億ウォンの過去最大の売上高を記録したが、14年通期は206兆ウォン台に減少。15年は200兆3400億ウォンとさらに減ったもようだ。 世界のスマホ市場を切り開いたサムスンはいま、大きな構造変化の波にさらされている。

中国シェア19・7%→7・2%、わずか2年で
とりわけ、サムスンの苦戦が目立つのは中国市場だ。 韓国左派系のハンギョレ紙(日本語電子版)は今年1月初旬、10年以上にわたるサムスン製スマホの愛好家だった北京のユーザーが、ギャラクシーより価格が半分で、機能的にも大差のないとの理由から、中国製スマホに乗り換えたケースを紹介。サムスンは中国でシェアトップに上り、世界を席巻していたが「すでに事情が変わった」と論じた。

実際、市場調査機関に調べでは、サムスン製の携帯電話の中国シェア(数量ベース)は13年に19・7%あったが、2年後の15年には7・2%にまで低下した。 中央日報(日本語電子版)によると、昨年10~12月期のサムスンの携帯電話端末の販売単価は、前期より40ドル下落して、平均180ドルとなった。安値競争が経営体力をむしばんでいる。
http://www.sankei.com/west/news/160125/wst1601250001-n1.html

2016-03-07-sa.jpg

【管理人 補足記事&コメント】
企業と言うのは不思議なもので、損益計算書で黒字だから安心していると、突然の倒産に見まわれる。一般的に倒産とは「返済(支払)しなければならない債務の返済(支払)を自己資金でまかなえず、借入もできずに会社の経営が行き詰まった状態」を言う。 黒字決算なのに倒産になり、赤字なのに倒産しない理由は、会計上の収入と支出が、現金の入金と出金と一致していないことが原因で起こる。

つまり、たくさん仕入して、売上をたくさんあげても、仕入代金の支払いより、売上の入金が後であれば、自己資金で手当てできず、銀行などからの借入ができないと仕入代金が払えない状態が発生する。これは倒産状態なわけで、実際は、その後、銀行取引停止処分を受けたり、裁判所に破産手続きなどを申請したりすることで対外的には倒産となる。

一方、会計上は、同一会計期間に仕入、売上が発生していると、赤字販売していない限り黒字決算となる。また、売れると思って大量に商品を仕入れて、在庫をたくさん持つと、仕入費用は販売するまで、会計上は支出として計上されない。従って赤字にならない。だが仕入代金の支払は発生し、現金がないと黒字倒産状態になる。韓国の財閥企業は、グループ企業を山のように作り、たえず企業の合併やら分離やらを繰り返し、黒字経営としているが、経済低迷で手に負えなくなると赤字経営が発覚する。


関連記事


あなたへのお勧め記事

ブログパーツ
[ 2016年03月07日 10:19 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
人気記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@mon-news.sakura.ne.jp