韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「慰安婦被害者の判断が最も重要」 国連人権高等弁務官が韓日合意に一石

最新記事

「慰安婦被害者の判断が最も重要」 国連人権高等弁務官が韓日合意に一石

「戦時性暴力」の問題で中心的な役割を果たしているゼイド・ラアド・フセイン国連人権高等弁務官が10日(現地時間)、韓日政府の日本軍「慰安婦」被害者の問題に関連した12・28合意に対し、一石を投じた。国連女子差別撤廃委員会(CEDAW)が7日に韓日政府の「最終的かつ不可逆的解決」の宣言を厳しく批判する「最終見解」を出してから、3日後のことだ。

ゼイド高等弁務官は同日、スイスのジュネーブで開かれた国連人権理事会の年次演説で、慰安婦被害者を「第2次世界大戦当時、日本軍の性奴隷生存女性」と規定し、慰安婦問題が日本政府の戦争犯罪であり、国の犯罪であることを喚起させた。また「(韓日政府の12・28)の合意と関連し、様々な国連の人権組織と、何よりも生存当事者が問題を提起している」と指摘した。ゼイド代表は「関連当局者がこの勇敢で尊厳のある女性たちに寄り添っていくのが極めて重要である」とし「最終的には彼女たちだけが、真の補償を受けたかどうかを判断できる」と強調した。韓日政府間の合意があったとしても、直接の苦しい経験をした慰安婦被害者が認めない限り、この問題は解決できないことを指摘したのだ。

ゼイド代表のこのような指摘は、ユン・ビョンセ外交部長官が2日、国連人権理事会の演説の際、3600字に及ぶスピーチで一度も慰安婦問題を取り上げなかっただけではなく、演説直後にゼイド高等弁務官に会う際にも、北朝鮮の人権問題だけを強調し、慰安婦問題は口にしなかった態度と正反対のものだ。


スポンサードリンク

先日、国連女子差別撤廃委員会が「被害者の視点からの合意が迅速に実行されることを求める」と勧告したのと、大筋一致する内容だ。女子差別撤廃委員会は「不可逆的に問題を解決したというアプローチは、犠牲者中心のアプローチを反映しないもの」だと指摘した。
韓国ハンギョレ新聞社 キム・ジウン記者
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/23574.html

2014-01-20-pak-1.jpg

【管理人コメント】
条約や協定或は合意と言う部分では政治外交としては絶対時であることを認識するべきである。
当事者である慰安婦たちは、自国政府或は自治体がケアを実施するべきことで、国家間では条約等で決着している。

韓国はそれを無視したわけで、日本の賠償金も話も情報が漏れたから次第に韓国民に知れ渡ったが、つい最近まで隠していたことであるから、当事者が騒ぐのも無理はない。今頃日韓請求権や日韓基本条約の中身を見直したところで、不満しか残らないのは当たり前である。

すべて韓国政府に責任がある。この問題に他国の知識人などが語り報じること自体…、
大間違いだろう。


関連記事


あなたへのお勧め記事

ブログパーツ
[ 2016年03月12日 09:47 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
人気記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@mon-news.sakura.ne.jp