韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】韓国カジノ業界の危機、中国依存から脱却を

【韓国経済】韓国カジノ業界の危機、中国依存から脱却を

「金の卵」を産む産業とされてきたカジノ業界が揺らいでいる。中国人VIP客が減少する状況で、仁川市永宗島で「インスパイアIR」が複合リゾート開発事業者に選ばれるなど、カジノ複合リゾートが雨後のタケノコのようにできているからだ。中国需要に依存してきたカジノ業界は、中国人客減少で存亡の危機に直面したと言われている。

■マカオも韓国も減収
世界最大のカジノ都市、マカオは昨年のカジノ収入が前年比で34%減少した。その結果、マカオの昨年の域内総生産(GDP)はマイナス20.3%減少した。 韓国とて事情は同じだ。昨年1-9月の韓国の外国人専用カジノによる売上高は9205億5600万ウォン(約852億円)で、前年同期を約10%下回った。入場客は8.6%減少した。韓国のカジノ業界最大手パラダイスの株価は8日現在で年初来14%下落した。 深刻なのは韓国の外国人専用カジノの最大顧客が全体の57%(2014年現在)を占める中国人だということだ。特に中国人VIP客の減少が業界を直撃している。慶熙大複合リゾート・ゲーミング研究センターのソ・ウォンソクセンター長は「中国のVIP観光客の訪問が増えない限り、韓国のカジノ業界が復活する可能性は当面見えない」と述べた。

■東アジアで複合リゾート建設ラッシュ
さらに脅威なのは、シンガポール、フィリピン、マレーシアなどにカジノが増設または新設され、東アジアでカジノ競争が激化している点だ。昨年2月にフィリピンの首都マニラにカジノリゾート「シティー・オブ・ドリームズ・マニラ」が開業したほか、ロシアのウラジオストクにも昨年、初のカジノが開業した。来年にはマカオに大型カジノ4カ所が相次いで登場する。


スポンサードリンク


韓国でも今後4-5年でカジノ複合リゾート3カ所が永宗島に進出する予定だ。パラダイスと日本のセガサミーが開発する「パラダイス・シティー」が来年上半期に開業予定のほか、「リッポー・アンド・シーザーズ」が2018年、「インスパイア」が2020年上半期にそれぞれ開業を見込む。木浦大のシム・ウォンソプ教授(観光経営学)は「にほんはカジノ合法化のための法案処理に力を注いでおり、フィリピンは島一つをカジノ専用に開発することを推進。ロシアではウラジオストクに3年以内にカジノ8カ所が開業する。アジア各国はどこもカジノ産業に参入しつつある」と指摘した。 こうした状況で、韓国ではカジノ増設を問題視する声がある。ハナ大投証券のアナリスト、イ・ギフン氏は「韓国のカジノ市場が1兆3000億ウォン(約1200億円)規模にすぎないにもかかわらず、新規進出するインスパイアIRコンソーシアムの永宗島への投資規模が1兆5000億ウォンに達するのは過剰投資ではないか」と懸念した。

■中国に依存しない韓国型リゾートを
しかし、複合リゾート事業をめぐっては、長期的にプラス効果をもたらすとの指摘もある。ソウル大経済学部の表鶴吉(ピョ・ハッキル)名誉教授は「さらに複合リゾートが続かなければ、現在開発が進む複合リゾートは十分に経済的な妥当性がある」と述べた。前年比で急減したカジノ業界の売上高も上向く可能性が見え始めた。売上高とチップ交換額は5カ月連続で横ばいで推移し、業績は底を打ったとの指摘も聞かれる。 専門家は「中国の需要にだけ依存するカジノ産業は風前の灯だ。ファミリー客や大衆をターゲットととし、文化と結びついた複合リゾートに焦点を合わせなければ生き残れない」と指摘する。実際に米ラスベガスは昨年、売上高の65%を非カジノ収入が占めた。

2016-03-13-k003.jpg

パラダイス関係者は「VIP客の割合を下げ、大衆の割合を高めるため、韓国文化(Kカルチャー)体験空間、俳優キム・スヒョンが撮影に使った映画セット、スパなどを複合リゾートと共に造成している」とした上で、「永宗島に進出する3社が永宗島自体のマーケティングを共同で進めることも検討している」と説明した。高麗大産業経営工学部のイ・チョルウン教授は「中国から脱し、さまざまな市場を開拓するとともに、韓流などのコンテンツを融合させ、観光客が文化を楽しみながら、カジノも訪れる構造へと変えていかなければならない」と指摘した。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 金城敏(キム・ソンミン)記者
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/11/2016031102202.html

【管理人 補足記事&コメント】
2015年5月6日、韓国・ソウルの外国人向けカジノが、富裕層以外の中国人観光客を呼び込むため、炊飯器やiPadなどを無料配布している。中国・環球時報(電子版)がロイター通信の報道として伝えている。 韓国カジノ最大手・パラダイスグループによると、同社が運営するカジノ店で昨年第4四半期、バカラをプレーした中国人観光客は51%増えた一方で、売り上げ自体は3.1%増にとどまった。富裕層ではない一般観光客が多く訪れたためとみられる。

韓国のカジノ経営者は、中国人観光客を呼び込むため、カジノビルへ続く通路で炊飯器やiPadなどを無料配布していたが、今はどうなっているのか情報は無い。多額の予算を持って訪れる「ホエール(くじら)」客獲得で他のアジア諸国と競い合う一方で、増え続ける中国人観光客にも狙いを定めていたが、韓国人の一般客が増えて利益が低減したわけで、自国一般層のギャンブル依存度も高くなったのではないか…。家計負債で崩壊している韓国である。これ以上深みにはまるのは地獄だろうと思うが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年03月13日 10:26 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
習近平
習近平汚職追放で
[ 2016/03/13 17:53 ] [ 編集 ]
いいから仲良くしんどけよチョンども(^-^)/日本から早く出て行けよ^ ^
[ 2016/03/14 07:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp