韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本車が米国で売れる理由、「なぜだ?中国人には理解しがたい?」

最新記事

日本車が米国で売れる理由、「なぜだ?中国人には理解しがたい?」

米国は自動車大国であり、GMをはじめグロ―バルな自動車メーカーも複数存在するが、日本は米国で大きな存在感を放っている。

マークラインズの統計によれば、米国市場の2015年における国別シェアでは米国系メーカーが45.8%で最大となっているが、日系メーカーは米国系に次ぐ38.6%のシェアを獲得しており、韓国系が7.2%、欧州系が8.4%であることを考えると、日系メーカーは非常に大きなシェアを獲得していることが分かる。 なぜ日本車は米国という世界有数の自動車市場で大きなシェアを獲得できているのだろうか。中国メディアの汽車人之家はこのほど、ハリウッド映画や米国のホームドラマを見ていると日本車が登場するケースが多く、実際に米国の街中でも日本車を見かける機会は非常に多いと伝え、なぜ日本車は米国で売れているのかと疑問を投げかけた。

記事は、「日本車が米国人に広く支持されている」という事実は、多くの中国人にとっては「なかなか納得のいかないことかもしれない」と伝えつつ、中国人は「日本車よりむしろ、ドイツ車のほうが米国で売れるべき」と考えるはずだと主張。しかし、事実はそうではないとし、日本車のほうが米国で大きなシェアを獲得しているのだと論じた。


スポンサードリンク

続けて、米国人消費者が日本車を選ぶ理由について、米国人は中国人よりも理性的に自動車を選んでいると指摘し、実用性が高く、信頼性の高い日本車は多くの米国人にとって魅力的であると論じた。さらに米国人は「中国人と異なり、日本人に対して民族的なわだかまりがない」と指摘し、どの国の製品であろうと自分のニーズに合致したものを選ぶことを最優先としているため、日本車が最優先として選ばれているのだと指摘している。
サーチナ (編集担当:村山健二)
http://biz.searchina.net/id/1604691?page=1

2016-03-06-k001.jpg

【管理人コメント】
アメリカのコロラド州あたり、デンバーからボルダーに行くと、広い片側4車線の舗装道路でやたら日本の古い乗用車を見かける。同時に古い日本車が置き去りにされているのも多く見かける。1995年頃の話ではあるが…。聞くと動かなくなると乗り捨ててゆくそうだ…。何とも考えられない答えが返ってきた…。

一方では懐かしいカローラなどが走っている。当時で2000万円あれば高級住宅地に豪邸が立てられるわけで、ここに住まないかと傘下企業の社長に招待されて進められましたね~。日本車は手ごろなのだそうです~。それは今でも変わっていないのではないですかね。地域で年収格差は大きいとはいえ、車は高い買い物です。彼らにとっては高級車ですから、新車のみならず中古車も人気だろうと思いますが…。


関連記事

ブログパーツ
[ 2016年03月13日 13:23 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(2)
欧州は殆どの国が車を製造している、そして内心では日本車を脅威と考えており無制限で輸入をすれば自国が荒らされると思っているため、なかなか日本車のシェアーは上がらない。(FTAで韓国には関税削減させたが、同条件では日本とはFTAを結ばない。 年間輸入できる台数を決めている国もあった)
中国は反日の一部勢力がネットで日本車を悪く言うスレをひろめる。(板金が薄いので安全性にかける。いまだに4ATしか作れない、現在主流のターボも技術がないため作れない、デモにあって破壊されても愛国無罪で補償が無く泣き寝入りするしかない等)。 その点アメリカは信頼性、安全性、燃費、コストパフォーマンスを重視し、韓国、中国のように国民が持つ不満を日本が悪いというはけ口にしていないため公正である。(アメリカから見てドイツ車はよく故障する、補修部品も高い、車本体の値段も高い、よって敬遠される)
結論として車の総合商品性が高い日本車がアメリカで売れているのである。 
[ 2016/03/13 20:17 ] [ 編集 ]
北米戦略
>2015年12月の米国販売台数。高級車では、レクサスが3.8%増の4万1,380台で首位、
>BMWブランドが16.6%減の3万4,625台で2位、
>メルセデスベンツは0.6%増の3万4,203台で3位だった

レクサスが北米市場に登場したのは1989年、今では
高級車市場でドイツの2強に匹敵するから、四半世紀で
追いついたわけです。(上の数字では完全に追い越した)

日本車は下から上までフルラインナップだから、
客層・経済情勢に応じて常に押し出せるタマが
あるのが強みでしょう。
ハイブリッド車はトヨタカムリ、ホンダアコードが
人気のようです。いずれも北米向け設計で日本市場は
眼中に無い。
[ 2016/03/13 23:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
人気記事
月別アーカイブ
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@mon-news.sakura.ne.jp