韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】今さら後悔しても遅い、中国に依存しすぎた韓国が苦境に直面

【韓国経済】今さら後悔しても遅い、中国に依存しすぎた韓国が苦境に直面

スポンサードリンク

韓国は輸出に依存する経済構造であり、特に中国への輸出が占める割合が大きいが、中国経済の減速の影響が韓国にも波及し始めている。複数の指標から韓国経済が苦境に直面している事実が浮き彫りとなっている。

中国メディアの今日頭条はこのほど、韓国メディアの報道を引用し、韓国では輸出や消費、大企業の売上高など複数の指標から「韓国経済が衰退していることが見て取れる」と伝えた。 記事は、韓国の輸出が14カ月連続で前年の実績を下回っていることを指摘し、2016年1月は輸出単価も減少したと指摘。さらに、製造業の稼働率も低迷し、個人消費も落ち込んでいることを伝えたほか、人口減少も韓国経済の将来に暗い影を落としていると紹介。韓国は生産年齢人口が16年にピークを迎え、今後は減少し続ける見通しだと伝えた。

続けて、韓国では経済低迷について「中国のせい」であると責任を転嫁する主張もあると紹介。こうした主張の主な内容は、中国企業の飛躍的な成長が韓国経済を毀損しており、中国企業が韓国企業の競合となったことで韓国の経済成長を阻害しているというものだと紹介。


スポンサードリンク

関連記事


スポンサードリンク

こうした韓国の主張について、韓国政府はかつて「中国の経済成長は韓国にとってのチャンスである」と主張していたと反論し、輸出市場や資源外交において競合に変化するつれ、韓国の中国に対する見方も変化してきていることを指摘したうえで「今さら後悔しても遅い」と論じた。
サーチナ (編集担当:村山健二)
http://news.searchina.net/id/1604790?page=1

2016-03-14-k011.jpg

【管理人コメント】
中国に依存しすぎたというのだが、依存しないと無理だろう。単純な答えである。大企業は何年も前から中国へ進出している。主力の貿易の相手国が中国なのだから、それを変えるということ自体が無理である。他国で韓国企業の居場所は無い。他の新興国へ売る事は出来るが利益を得ることが出来ないのが、韓国の海外企業であるから、なお困りごとである。

自力で何とかできることでもないのだが、しいて言えば成長戦略の実施のみだろうか…。
北朝鮮を見習えば内需活性化の基本である自給自足の精神に戻る事である…。



ブログパーツ
[ 2016年03月14日 18:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
サーチナなんかどうでもいい
中国が、中国がと騒ぐのは朴槿恵さんに乗せられて中国ビジネスに
精を出した人達でしょう。
世界交易が縮小する世の中だから輸出収益の減少は韓国だけじゃない。
底を打って縮小均衡したとき、世界はどうで、韓国はどうだという
イメージを描くのが経済人とメディアの仕事です。

日本メディアのサーチナが中国メディアを引用した記事など
どうでもいいだろうに。
[ 2016/03/14 19:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@mon-news.sakura.ne.jp