韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本のステルス戦闘機開発「中国にもうすぐ追い付く」不安がる中国

日本のステルス戦闘機開発「中国にもうすぐ追い付く」不安がる中国

スポンサードリンク

現時点で国産のステルス戦闘機を保有する中国に対して、日本は国産ステルス戦闘機を持たないばかりか、先進技術実証機「X-2」の防衛省への納入もずれ込む見通しだ。しかし中国メディアの今日頭条は、日本の防衛面における航空産業は中国にもうすぐ追い付くという見方を示している。

どのようなレースについても言えることだが、ライバルが自分の後方を走っているからというだけで勝利が確定するわけではない。ライバルの持っている実力と経験さらに現在の速度を考慮したとき、やがて追い付かれることがわかるという場合も多い。 この例えと同じように、記事はライバルである日本がいまだに国産ステルス戦闘機を保有できていないにもかかわらず、第2次世界大戦後の日本の航空工業の実力や経験さらに発展のスピードを見ると、やがては中国に追いつくことがわかるという見方を示している。 ではこうした見方の根拠は何だろうか。根拠の一つは世界ナンバーワンの軍事力を持つ米国と日本の友好関係だ。この関係が日本の航空工業に及ぼす影響は強大で、日本のF-2も米国と共同開発されたものだ。

重要な点としてF-2は「当時世界最新鋭の戦闘機の1つ」だったと記事は指摘する。世界ナンバーワンの軍事力を持つ米国との友好関係が当時の日本に世界最新鋭の戦闘機を持つことを可能にしたのであれば、ステルス戦闘機についても同様のことが言える。さらに米国による日本へのこうした技術支援は「途絶えたことがない」とも記事は指摘している。


スポンサードリンク

関連記事


スポンサードリンク

さらに別の根拠として記事は、三菱重工やIHIまた三菱電機などの企業がF-35の生産に関わっている点に言及。日本の企業はこうした取り組みを通じてステルス戦闘機の設計技術や生産の経験を蓄えていると指摘。また日本が持つアジア随一の科学技術力を持ってすれば、手間取っているように見える「X-2」の開発ももうじき技術的に突破するだろうと論じた。

そして近年の国際情勢の変化に伴い米国が日本の防衛力増強を黙認しているという追い風がある点にも記事は言及。これらすべての点を考慮し、日本の航空工業力はもうすぐ中国に追い付くと結論付けている。記事は「心神不寧」という「不安になる」という意味の成語を用いているが、X-2の中国での通称である心神とかけたしゃれであり、X-2の開発が日本の航空工業をさらに増強させ、中国を不安にさせるだろうと論じている。
サーチナ (編集担当:村山健二)
http://news.searchina.net/id/1605276?page=1

2016-03-20-k003.jpg

【管理人 補足記事&コメント】
ステルス性能は「第5世代戦闘機」と呼ばれる最新鋭戦闘機の最大の売り物だ。現在、世界で開発済みの第5世代戦闘機は航空自衛隊にも2017年度以降、42機が配備されるF35と、「世界最強の戦闘機」とされる米国製「F22」の2機種だけだが、ロシアは試作機を開発済みで、量産機の開発を急いでいる。中国も試作機を公開しており、量産機を20年までに50機、25年までに200機程度配備するとの分析もある。はたして日本のステルス技術は世界的にどれほどの水準にあるのか。同技術を研究している同省技術研究本部(技本)の幹部は「ステルス技術は秘匿性が高く、外国と比較するのは困難」と前置きした上で、「海外に比べ、日本の技術が一歩進んでいる可能性はある」と説明する。 

日本のステルス技術を支えているのが、世界に誇る素材技術だ。ステルスには一定の強度や耐熱性を確保しながら高い電波吸収能力を持つ戦闘機の機体表面向け素材を作る技術と、相手が発射した方向に電波を反射させないよう形状を工夫する「形状ステルス技術」がある。 中でも日本の素材技術は、カーボンナノチューブやシリコンカーバイドなどの原材料選定や加工、出来上がったパネルの配置方法などの組み合わせで無限の広がりを持つ。「ステルス機用材料を輸入している」(関係者)とされる中国にはまねのできない強みだと考えれば、中国に追い付くとかと言う次元ではないが…



ブログパーツ
[ 2016年03月20日 11:11 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(3)
中韓はほんとにアホですね
F2は、日本の単独開発を恐れた米国の横槍で
なされたもの
機体製造技術はすべて揃っていたが
高出力のエンジンだけは国産不可能。
そして米国はエンジンの供与を拒否して
共同開発を日本に飲ませた。

結局日本は、炭素複合素材や一体成型の技術などを米国に一方的に供与する事になり
この技術を使い、米国はその後F22ラプターを作ることができた。

[ 2016/03/20 13:05 ] [ 編集 ]
日本が米国を,米国が日本を信頼する確立はどれくらいだろう
近年の国際状況の変化に伴い米国が日本の防衛力の増強を黙認している、と、これは合っている
しかしこれまで日本の戦闘機開発に協力などしたことは一度もありません、妨害だけだ、今度のATDーXの開発にしてもステルスのレーダー波試験を相談したが米国には断られている、実験に協力したのはフランス、
今のオバマ政権は何もしない、無関心、おかげで、10式戦車も、ミニ空母も作れた、さらに戦闘機開発も順調である、米国は同盟国がどんどん減っていく、イスラエル、サウジアラビア、英国、フランス、ドイツ、韓国が中国になびく、日本の安部政権だけだ、米国を支持しているのは、これでアジアも南沙問題に、北朝鮮問題に力を見せ付けなければ、アジアの同盟国も引く、トランプが大統領になればもっと複雑になる、内政は勿論、外交もガタガタになる、米国始まって以来の国難になる、安い喝采を浴びる為に出来もしないことをベラベラと、大統領になりたいだけだ,有言不実行だった時の米国民の落胆はそれはすごいことになる
何せ2億丁もの銃が氾濫している国だ、ただでは済まない、

米国は日本だけは恐れている、だから何もさせない、核兵器製造などとんでもない、多分憲法改正も許さないだろう
オバマ政権の後がどうなるか、トランプなら日米安保も破棄するかもしれない
今年の防衛大の任官拒否は50人、日本の若者も国を守る、家族を守るという意識は薄いようだ

今の日本の自衛隊の装備力などたいしたことはない、敵地攻撃する為の兵器を作ることは米国が許さないのですから、兵器製造に米国の協力そのような事実は存在しない、ただ米国は日本を利用したい、それだけ
[ 2016/03/20 17:37 ] [ 編集 ]
実は
実は日本の自衛隊には外国人はかなりいます。民主党時代にはロシアと共同で軍事演習する予定があった。
核爆弾作るには臨界計算ソフトが必要で、IAEAともう一つの組織に加入していないと使用できない。もちろん中国にはない、はずが、中国にはある。なぜか?それは日本に留学に来て原子力学んだ学生持ち帰ったから。ただし私は経験者であり旧ロシアで原爆水爆の写真みたが、核保有と言っている国々で使い物になるのを持っているのは少ないでしょう。ロブノール近くにも行きましたが。日本は臨界計算はアメリカと同等。耐熱材も同等、貴重なプルトニウムもあるし核融合研究も米国と同等。後は作るだけの状態です。戦闘機のボディとエンジンの耐熱材とブレード。これも米国レベル。防衛省研究所とJAXA相模原は相当なレベル。SiCとボロンですね。保守も羽田と成田はアジア一でしょう。まあ部品は日本にはなんでもありますよ。後は作るだけですね。トランプが大統領になれば良い。日本はある意味で自立してなんでも作れ、売れるようになる。まあ米国市場は縮小させねばりませんが。
[ 2016/03/20 21:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
最新コメント
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@mon-news.sakura.ne.jp