韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】船舶手持ち工事量 韓国2社に続き日本企業が3位に

最新記事

【韓国経済】船舶手持ち工事量 韓国2社に続き日本企業が3位に

韓国の造船産業が中国に加え日本にも激しく追い上げられている。韓国勢は手持ち工事量で世界トップ3を守ってきたが、最新の集計で日本企業が3位に入った。

造船・海運市況を分析する英クラークソンが20日までに、2月末時点の世界の船舶手持ち工事量を集計した。現代重工業グループが882万5000CGT(標準貨物船換算トン数、204隻)、大宇造船海洋グループが844万CGT(139隻)と韓国企業が1~2位を守った。3位は日本の今治造船グループで696万4000CGT(244隻)。韓国大手3社の一角であるサムスン重工業(508万1000CGT、101隻)は4位に落ちた。 また、韓国から現代浦尾造船が6位、STX造船が8位、日本からはジャパンマリンユナイテッドが10位に入った。中国勢は5位、7位、9位と安定している。

韓国大手3社は5~6年前まで世界の船舶受注の7割を掌握していた。しかし最近は中国企業が政府の全面的な支援を追い風に4割を占め、韓国と日本はそれぞれ3割となっている。日本の造船産業は2000年代以降、高賃金と非効率的な生産体制のために後退傾向だったが、構造改革などで体力をつけ、今や韓国を追い抜く勢いだ。 


スポンサードリンク

業界関係者は「昨年韓国企業が海洋プラントの悪材料に足元をすくわれた間に、日本企業が相次ぎ受注し再起に成功した」と話した。クラークソンは今回の報告書で特に、韓国大手が昨年大規模な赤字を計上したことに懸念を示した。
聯合ニュース
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/20/2016032001103.html

【管理人 補足記事&コメント】
昨年10月には世界の造船手持ち工事量で韓国勢が1~5位を独占していると聯合ニュースが報じている。造船・海運市況を分析する英クラークソンが23日までにまとめた統計によると、9月末時点で大宇造船海洋の手持ち工事量は850万CGT(標準貨物船換算トン数)、131隻だった。昨年11月から世界首位をキープしている。 2位は現代重工業で513万CGT(105隻)、3位はサムスン重工業で501万CGT(88隻)。さらに現代三湖重工業が399万CGT(90隻)、現代尾浦造船が289万CGT(129隻)と韓国勢が続いた。

2016-03-20-k006.jpg

大宇造船と現代重工業、サムスン重工業の大手3社は海洋プラント事業の損失が膨らみ、経営悪化に苦しんでいる。しかし、手持ち工事量が大きいだけに今後の収益改善に期待もかかる。これまで通り、液化天然ガス(LNG)運搬船など高付加価値船の受注に注力すると同時に、先端、環境配慮型船舶の開発を進め、競合他社を退けたい考えだ。 一方、中国の追い上げも目を引く。手持ち工事量の6~9位は中国勢だった。韓国の業界関係者は「すでに造船受注総量は中国が韓国を抜いているが、単一造船所では韓国がリードしている。これまで中国に奪われる場合、韓国の造船業は未来がない」と警戒した。

しかし日本が受注し、日本で製造王出来ないのを韓国へ発注しているのも有るわけで、何とも韓国造船業は受注詳細は明確にしたくはないのだろう…。工事量は多いからと言っても赤字の仕事では困りごとだが…。


関連記事


あなたへのお勧め記事

ブログパーツ
[ 2016年03月20日 19:07 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
グッバイチョソ(^-^)/彼方へ行ってくれ´д` ;
[ 2016/03/21 09:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
人気記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@mon-news.sakura.ne.jp