韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】家計債務の増加ペース、1位中国・2位韓国

最新記事

【韓国経済】家計債務の増加ペース、1位中国・2位韓国

国際金融協会(IIF)がこのほど発表した「新興市場負債モニター」と題する報告書によると、韓国の家計債務の増加ペースは昨年、新興国19カ国で中国に次いで2位だったことが分かった。

韓国では昨年、家計債務がGDPに占める割合が87.75%となり、前年を3.45ポイント上回った。上昇率では中国(3.59ポイント)に次ぐ高さだった。中国は家計債務がGDPに占める割合が39.69%で、韓国に比べるとはるかに低い。韓国の1人当たり家計債務は2万9000ドル(約325万円)で、新興国で3番目に多かった。最多はシンガポール(4万2000ドル)で、中国は4000ドルだった。昨年の新興国の家計債務は1年間で3350億ドル増え、8兆ドルを超えた。これはGDPの35%に相当し、世界的な金融危機以前の15-20%に比べ2倍に上昇した。

IIFは新興国の家計債務が急増した理由について、世界的な低金利現象で家計が借り入れを増やしたためと分析した。新興19カ国で前年に比べ家計債務の対GDP比が低下したのは、ハンガリー、トルコ、ロシア、チェコ、インドネシアの5カ国だけだった。


スポンサードリンク

IIFは「新興国の家計債務増加が実体経済の成長を上回っている」と指摘した。家計負債の伸びが実体経済の成長率をどれだけ上回っているかを示す家計債務信用ギャップは、マレーシア(9.30ポイント)、タイ(8.69ポイント)、中国(6.03ポイント)などとなっている。韓国も0.57ポイントで、家計債務の増加ペースが経済成長を上回った。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 クァク・レゴン記者
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/22/2016032200881.html

【管理人 補足記事&コメント】
2014年末1089兆ウォン(約118兆円)を記録した韓国の総家計負債は、3月12日の基準金利引き下げ後に増加傾向がさらに著しくなっており、近いうちに1100兆ウォン(約119兆円)を超え、韓国経済の「時限爆弾」になる可能性がある。 オックスフォード・エコノミクスは24日、報告書「アジアでの負債と金融業の負担」で、「韓国の家計負債がアジア主要国の中で最も高いレベルにあり、無担保ローンの割合が高く、危機に脆弱(ぜいじゃく)である」と指摘した。さらに報告書では、「インドとインドネシアは、家計負債が低レベルであるのに対し、韓国は国内総生産(GDP)比80%台を超えており、可処分所得比では150%台を超えた」とされている。

2015-03-14-wa.jpg

住宅担保ローンの増加が著しい。景気過熱による借金の増加なら喜ばしいことだが、それは規制緩和が生んだ“官制市場”の側面がある。韓国では昨年8月、住宅の担保価値に対する借り入れ可能率(LTV)などの規制が緩和されて以降、ローンが急増した。低金利も後押しし、資金を借りる条件が緩くなったわけだから、融資額が増えるのは当然といえる。新規の住宅担保融資のうち、7、8割が利息だけを返済する借り入れ形態をとっているとのデータがある。

銀行の融資担当者の声として、借入金は「住宅費だけでなく、子供の教育、生活費などさまざまな用途使われている」と指摘。住宅ローンだけではなく、高金利の無担保ローンを借りている世帯もあるという。 さらに利息払いの期間を終え、元本返済に移るときには、ほかの金融機関の住宅担保ローンに乗り換え、返済を先延ばしするケースも多く、大学の有識者は「住宅価格の暴落、失業などの危機への対処策がまったくできていない」と警告した。

住宅ローンは優良な債権に位置付けられているが、身の丈を超えた借金をする人が増えれば、貸し倒れの危険性が高まる。最悪の場合、世界的な経済危機さえ引き起こす発火点になることがリーマン・ショックで得た教訓だった。 借金の増加に所得が追いつけなければ、さらに負債を背負い込みかねない。すでに返済できないとしている危険率が20%を超えているわけで…。はてさてどうするのだろうか…。夜逃げの国と化しそうだが…。


関連記事


あなたへのお勧め記事

ブログパーツ
[ 2016年03月22日 10:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
人気記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
月別アーカイブ
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@mon-news.sakura.ne.jp