韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本の家電業界は、もう本当にダメなのか?

日本の家電業界は、もう本当にダメなのか?

スポンサードリンク

中国メディア・網易は18日、日本の家電メーカーに対する中華系企業の買収騒ぎが相次いで起きていることについて、「日本の家電メーカーはもうダメだという人がいるが、実際の状況は想像しているほど簡単なものとは全然違う」とする評論記事を掲載した。

記事は、日本の家電メーカーの「没落」について、「技術や製品がダメになったのではなく、経営思考があまりに硬直化しすぎで市場への適応能力が低下したことによる部分が大きい。言い換えれば、日本企業の失敗は経営や理念上のものなのだ」と分析。そのうえで、日本の家電製品はとくに精密な製造技術においてなおも強い競争力を持っていると指摘した。 また、日本企業が中国や韓国企業のように高いコスト管理能力を持っていないことを悟り、価格面での競争から撤退し、自ら進んで中韓が強みを持っていない分野へのモデルチェンジを進めていることが、日本企業が「没落」しているように見える別の要因であるとも解説した。その例として、パナソニックによる自動車電池分野、東芝に医療設備分野の開拓を挙げている。

記事はさらに、この「モデルチェンジ」が40年前に米国企業がすすんで家電分野から身を引いた状況に似ていると説明。当時は日本が米国人からバトンを受け継ぎ、今は中韓が日本人からバトンを受け取ったのだとした。そして、デジタル技術は今もなお米国が技術を掌握し、日本人もかなりの家電技術を依然として保持しているとし、「われわれは、日本の家電が退いたのは製造と販売においてであり、技術や研究まで身を引いたわけではないことをはっきり認識しなければならない」と説いた。


スポンサードリンク

関連記事


スポンサードリンク

そして最後に、中華系企業による買収話が出ることは「喜ばしい」話とする一方、「ある日、中国の著名な家電メーカーが他国に買収される日が来れば、それは中国が完全に先進国の仲間入りをしたことを意味するのだ」と論じている。

「日本の家電メーカーの没落は、技術の問題ではなく経営の問題」という指摘には、頭が痛い。技術的にもう先がないという企業であれば、おそらく誰も「買い手」として名乗りを挙げることすらないはずだ。本当に「経営の問題」そうであるなら、高い市場適応能力を持つ集団に経営を委ね、「モノづくり」という日本が持つ長所を十二分に生かしていくというのは、決して愚かな選択ではないはずだ。
サーチナ (編集担当:今関忠馬)
http://news.searchina.net/id/1605451?page=1

2014-01-08-wa-2.jpg

【管理人コメント】
日本は内需国であることをまず理解する事である。
と同時に電機メーカーは、自国で潤う部分と世界で戦う部分で事業を切り分けて、技術の蓄積で踏ん張っているのではないか…。唯一ソニーは単独でスマホで世界挑戦したが、3000万台も売って赤字を計上しているわけで、製造原価が高く墓穴を掘ってしまった。すでにスマホは低価格帯に移行し、すべての企業が横並び状態となり、どの企業にもチャンスがある。利益率でアップルはいまだ優勢は変わりがないが、今後は次第に利益率は低下し、他の企業にシェアを奪われるだろう。

一方、次世代へ移行するにしても、自動車産業での日本企業は電装重要部品でシェアを握っているだろうし、PCやスマホで負けたとはいえ、自国内の電化製品は日本製品で潤っている…。



ブログパーツ
[ 2016年03月22日 18:47 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(5)
ほかにやることが
「家電」が属する産業団体は JEMA(日本電機工業会)であって。
JEMAがカバーする産業カテゴリは、
・電力・産業システム
・新エネルギーシステム
・原子力プラントシステム
・家電機器
この4分野であって、家電と重電を束ねている。
電子通信産業(IT系)は別にJEITAとかCIAJ(通信)があって、
後ほど軍事に近くなるから、一般人には敷居を高く
感じさせる。(そのように仕組まれている)

「家電」が弱くなったと見えるのは、業界が家電に対して
収益と(国における)責務の重みを軽くしたのだと思われます。
適当に技術を出して、海外で作って、小売はヤマダやコジマに
まかせればいい。ほかにやることがあるんじゃないですか。
[ 2016/03/22 19:53 ] [ 編集 ]
どうでもよい
家電やスマホの製品が中国韓国に負けてもいいじゃないですか?加工品と販売方法で負けているだけです。キラー部品は日本製です。他社の製品に小細工してまで売るほど、頻繁に値下げセールスするほど日本は終わっていません。キラー部品は関西の企業多いので、中小企業庁と特許庁は関西に持って行って守ったほうがいいです。大阪には韓国技術者がツアーくんで来ています。三洋SHARPの技術者はバイトで韓国行ってたので自業自得です。まあ技術の向上は中小企業にかかっています。中小企業あっての大企業です。
[ 2016/03/22 20:21 ] [ 編集 ]
中国製の安物買いでいつも大失敗してるが
日本製は高いから変えないよ。
[ 2016/03/23 00:10 ] [ 編集 ]
物にはそれなりの値段がある
日本企業は、正当な人件費、正当な研究費、正当な特許料を払い製造している。

中韓はこれらを全て省略している
その結果のダンピング価格
同じ製品を作れば日本企業が価格で敵わないのは当然の話。
日本企業の経営の問題とは、中韓への警戒心が薄すぎた。これに尽きる。
進んで中韓企業に技術を流したシャープ三洋等は本当に愚かだが、他の多くの日本企業も同様。

そしてサムスンを育てた「みずほ銀行」
(みずほは有名な在日系バンク)
今回も革新機構の支援を望むシャープ経営陣を抑えてホンハイの買収を支援した。

矮小な”技術ウンヌン”に拘る日本人は多いが
。問題は、在日とサヨクが支配した戦後の日本の教育とメディア言論
そしてそれに洗脳された(中韓に迎合・警戒心ゼロ)戦後日本人の思想そのものだろう。
[ 2016/03/23 06:06 ] [ 編集 ]
そうなんですよ
そうですよ。韓国が生き残ったのはみずほ銀行のおかげです。日本企業に金貸さず、日本企業潰すこの銀行は存在意義がない。サムスンなどに貸し付けている何十兆円?は帰してもらったんか?
どうせ、破綻しそうになったら、泣き寝入りして日本政府になきつくんだろうな。
[ 2016/03/23 10:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
最新コメント
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@mon-news.sakura.ne.jp